-PR-
締切り
済み

増資と減資

  • 暇なときにでも
  • 質問No.80123
  • 閲覧数1424
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 47% (18/38)

資本金1000万円の株式会社です。
今般役員退職金支払いのため2000万円ほど資金が必要ですが増資で賄いたいです。ただ、欠損もあるためこの際減資も検討しています。(資本金が1000万円超えると県市民税が高くなることも一因)

 1 増資と減資は同時に出来ますか?

 2 資本金1000万円のままのほうが税制面で有利ですが、租税回避行為
   とみなされるような事はありますか?

 3 実務的に問題があるでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 39% (75/192)

1.同時は無理ですが同じ期に行うのは可能です。増資にしても減資にしても、定款に定めた方法で公告をしなければなりません。公告から払い込みまで2週間、それから増資の登記を2週間以内にする。増資の決議から約1ケ月を要します。減資もまた同じ時間を要します。 2.資本金の額は会社の決議事項です。増資資金を借入金などに偽装していれば問題でしょうが。資本金1000万円で公開会社なみの実績を上げている会社もあります ...続きを読む
1.同時は無理ですが同じ期に行うのは可能です。増資にしても減資にしても、定款に定めた方法で公告をしなければなりません。公告から払い込みまで2週間、それから増資の登記を2週間以内にする。増資の決議から約1ケ月を要します。減資もまた同じ時間を要します。

2.資本金の額は会社の決議事項です。増資資金を借入金などに偽装していれば問題でしょうが。資本金1000万円で公開会社なみの実績を上げている会社もあります。

3.実務的には欠損金の填補として、たまに実行されています。同族株主ばかりで、話がまとまっているなら問題はあまりないようです。株価が変化しますから他人や従業員が株主だと文句が出るかも・・・。


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ