-PR-
  • すぐに回答を!
  • 質問No.8004426
解決
済み

ガソリンの硫黄分

  • 閲覧数220
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 73% (2801/3825)

ガソリンの硫黄分は日本だと10ppm以下が基準ですがアメリカも同じですか?

ヨーロッパだとどうなってますか?
いち早く10ppmに出来る技術を達成した国はどこですか?
  • 回答数1
  • 気になる数0

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 45% (2270/4950)

アメリカの基準が80ppm、ヨーロッパが50ppmです。
http://www.paj.gr.jp/eco/sulphur_free/

国土が狭く、人口が密集している日本の基準が一番厳しいようです。
また、ガソリンの価格が最も高いので付加価値を乗せやすいというのもあります。
アメリカのようにリッター5~10kmの車が主体だと、精製度が高い高価な
ガソリンよりも精製度が低い安価なガソリンの方が売れるのではないでしょうか。

日本が輸入している石油の大半はアラビアンライトという、世界でも最も
高品質な石油で、最初から硫黄分が少ないのが特徴です。これに対して、
アメリカ、ロシア、北海の石油は炭素含有率、硫黄含有率が高いのです。

また、日本の車は排気管に三元触媒を付加して、排ガスを浄化していることが
多く、この能力が二酸化硫黄などによって妨げられてしまいます。
これを防ぐために低硫黄分ガソリンが好まれるのでしょう。
お礼コメント
cherry77_

お礼率 73% (2801/3825)

ありがとうございます
投稿日時 - 2013-03-21 17:11:59
  • ありがとう数0
-PR-
-PR-
  • 回答数1
  • 気になる数0
このQ&Aで解決しましたか?

関連するQ&A

-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ