-PR-
50031

イラレで作ったカタログの印刷用のデータなどをそのままPDFに書き出すと、綺麗だが重すぎる、軽いが汚すぎるのどちらかになります。

元データが重いのでしょうがないことではあるのですが、WEBで見れるデジタルカタログなどはそれほど重くはないのに、割と綺麗ですよね?
あれはどのようにして作成するのでしょうか?

ソフトはイラレCS6とAcrobat Proがありますが、Acrobat Proは複数ページの連結程度にしか使用していません。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    回答 (全3件)

    • 2012-10-05 11:29:41
    • 回答No.1
    解像度を120DPI程度にする。 イラレで小さく出来ないなら、書き出しでJPG書き出しにしてそれをPDF化する。 イラレ互換もたせると重くなるのは当たり前。 最終出力なんだから、1枚絵になってしまってもなんらかまわないのだから ...続きを読む
    解像度を120DPI程度にする。
    イラレで小さく出来ないなら、書き出しでJPG書き出しにしてそれをPDF化する。
    イラレ互換もたせると重くなるのは当たり前。
    最終出力なんだから、1枚絵になってしまってもなんらかまわないのだから
    お礼コメント
    ありがとうございます。

    情報が足らずに申し訳ありません。
    画像に変換するというのは既に実験したのですが、
    拡大した際に文字がぼけてしまい、読むのに支障が出ます。
    支障ない解像度の画像を貼ると、そもそも重いPDFと変わらないようなものになってしまいます。

    じゃあそもそも目指す重さ、綺麗さに無理があるんじゃないか?という話になると思うのですが
    イラレのバージョンがCS3だった頃は、同じ書類でも目標とする容量・綺麗さが出せたのです。
    なのでお客様は同じ容量内で、以前と同じ綺麗さをお求めなのですが、CS6ではそれができなくなってしまいまして…

    画像とテキストパーツを分けるという手もあるのですが、100ページ以上もあるようなカタログの場合、それも難しいのです…
    投稿日時 - 2012-10-05 13:06:07
    • ありがとう数0
    • 2012-10-05 13:58:57
    • 回答No.2
    アクロバットあるなら、再保存かける際に、画質のダウンコンバートできるはずですが それは使ったことありませんか? 名前をつけて保存に、オプションってのがあるはずです。 そこで、DPIを自動的に落とすことが出来ます。 複数ページの場合、これで一括です。 見るだけでよいPDFにするなら100dpiまで下げたってボケることはないです。 Web公開なら72DPIまだ下げたってかまいません。
    アクロバットあるなら、再保存かける際に、画質のダウンコンバートできるはずですが
    それは使ったことありませんか?
    名前をつけて保存に、オプションってのがあるはずです。
    そこで、DPIを自動的に落とすことが出来ます。

    複数ページの場合、これで一括です。
    見るだけでよいPDFにするなら100dpiまで下げたってボケることはないです。
    Web公開なら72DPIまだ下げたってかまいません。
    • ありがとう数0
    • 2012-10-09 16:42:43
    • 回答No.3
    一般的には Acrobat Distiller を使用しているんだと思います。(たぶん) http://helpx.adobe.com/jp/legacy/kb/4624.html 折角イラストレーターで作成したものを、画像に変換してしまうと、逆に重いデータになってしまうと思います。 Acrobat Distiller は、作成したデータを一旦PSファイル(PostScriptファイル)に変換して、 ...続きを読む
    一般的には Acrobat Distiller を使用しているんだと思います。(たぶん)

    http://helpx.adobe.com/jp/legacy/kb/4624.html

    折角イラストレーターで作成したものを、画像に変換してしまうと、逆に重いデータになってしまうと思います。

    Acrobat Distiller は、作成したデータを一旦PSファイル(PostScriptファイル)に変換して、作成したいPDFの条件をより細かく指定して用途に合ったPDFを作るソフトです。(たぶん、私はそういう用途で使ってますw)大まかに言うと文字は文字と認識して、画像は画像と認識しますので、PDFの特徴でもある、軽いデータにしても文字は読みやすいデータを簡単に作る事ができます。さらに画像に使う色数を制限したりすることで、写真や画像のグラデーションのような部分はある程度ガタガタにはなるが、パッと見はそれ程遜色ないPDFデータが非常に軽いものになったりします。

    Acrobat Pro をお持ちとの事なので、Acrobat Distillerを一緒にインストールしてませんか?

    最新のイラレでは、別名保存でPSファイル形式を選べるのかもしれませんが、私の環境では、印刷プリンターに Acrobat Distiller というプリンター名があり、ファイルへ出力にチェックを入れると自動的にPSファイル形式が出来ます。

    お使いのPCの環境が分からないので、何とも言えませんが、まずは「Acrobat Distiller」の存在の確認と、「PSファイルを製作可能かどうか」を確認してみてはどうですか、PSファイルが出来て、Acrobat Distillerさえあれば、お考えの軽くて字が読みやすいPDFを作るのはボタン一つで出来ると思います。
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数3
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ