• ベストアンサー
  • 困ってます

登記費用の質問です

不動産の所有権移転についてです A所有の不動産をBに移転する予定です(AとBとの本人申請です)。 この場合、 1)所有権移転登記 2)所有権移転仮登記 1と2とでは、(法務局に登記申請書を提出する際に貼りつける)登記費用(印紙代)は同じですか?異なりますか? 仮登記の方が安くすむのでしょうか? ※所有権移転は急ぎではありません。第三者に対抗できるようにするための当座の対策のためで、仮登記費用の方が安ければ、当座の間、仮登記で済まして、数年後、本登記をと考えています。 詳しい方、ご教示を

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数138
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

土地であれば、今減税になっている。 すぐに本登記をしたほうがよい。数年たったら、廃止になっている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 物件は、マンションです

関連するQ&A

  • 不動産登記法109条 仮登記

    不動産登記法109条 仮登記 1項に、所有権に関する仮登記に基づく本登記は第三者の承諾があるときに限り申請できる旨かかれていますが、 2位 抵当権設定冬季 3位 所有権移転登記 みたいになっているとき、1位の所有権移転仮登記を本登記するには、2位と3位の承諾が必要ということでしょうか? もしそうだとして、承諾がなかった後はどのようになるんでしょうか? ご教授のほどよろしくお願いします。

  • 仮登記の本登記

    下記のように登記簿がある場合の所有権移転仮登記の本登記について (1)A名義 (2)Bを仮登記名義人とする所有権移転仮登記 (3)C名義とする所有権移転登記 ※Aは、Cへ所有権移転登記後に住所移転した この場合の(2)の仮登記の本登記は、登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違しているので、当該仮登記に基づく本登記の申請には、その住所に関する変更証明情報を添付して申請することになるのでしょうか??

  • 不動産登記の仮登記について

     司法書士を受験しようと思っていますが、ちょっとした事例です。  2例ありますのでよろしくお願いします。  (1)仮登記  甲区1番でAさんが所有権を取得し、その後、甲区2番で「条件付 所有権移転仮登記」で(条件 農地法第5条の許可)Bさん名義で仮 登記のある不動産があります。この度、Bさん名義で所有権移転の登 記申請をしたいと思いますが、仮登記と同じ原因日付で本登記ではなく、3番で所有権移転登記ができるのでしょうか?  なお、地目は仮登記後にすでに農地から他の地目に変更しています。    (2)利益相反行為(不動産登記)  所有権移転登記をする際、A株式会社の取締役の名義からA株式会 社への所有権移転登記は利益相反行為に該当し、議事録等が必要にな るのでしょうか?  

  • 仮登記について

    所有権移転仮登記について教えて下さい。 例えば、Aが住宅ローンが残ってるある建物をBから購入したとします。 しかし、抵当権を持っている銀行が移転登記の承諾が得られなかったので、 所有権移転仮登記したとします。 後日、Cがその建物を相続で取得し、所有権移転登記(本登記)したとします。 この場合、AはCに対抗できないのでしょうか? 仮登記について、いま1つ理解できていないので、アドバイスの程よろしくお願いします。

  • 宅建の民法 過去問について質問です!

    いつもお世話になっています。 お時間いただき、解答くださって ありがとうございます! 宅建の勉強をしています。 過去問でわからないところがあったので質問です! ヨロシクお願いします。 過去問です。 Aは自己所有の建物をBに売却したが、Bはまだ所有権移転登記を行っていない。 この場合、民法の規定および判例によれば、誤っているものはどれか。 選択肢のうちの1つです。 Aはこの建物をFから買い受け、FからAに対する所有権移転登記がまだ行われていない場合、BはFに対し、この建物の所有権を対抗できる。 こう考えました。 が、途中から???わからなくなったので質問です。 F→A→B 所有権はFのまま そして、 不動産の物権変動は、 登記がなければ第三者に対抗できない。(という考え方があったなと おもいました) 第三者はF? としたら 登記はFにあるから、Bは対抗できない。 と考えましたが、 あってますでしょうか? 確認したいので、ご回答ヨロシクお願いします!

  • 始期付所有権移転仮登記と競売

    ある競売物件(土地)について、贈与を原因とする始期付所有権移転仮登記が登記されています。 同じ人物がその仮登記後、相続により所有権移転登記をし、その後第三者に所有権を移転し、その第三者が銀行より競売をかけられました。 裁判所の資料によれば、始期付所有権移転仮登記が本登記になれば、競売買受による所有権移転は喪失するとあります。 贈与ではなく、実際に相続したのですから、いまさら仮登記を本登記できるというのは理屈としておかしくないでしょうか? これについて、どこかに解説があれば、ぜひ教えてください。

  • 不動産登記法についての質問です。

    不動産登記法についての質問です。 条件付所有権移転仮登記は1号と2号のどちらの仮登記なのでしょうか? 所有権は移転していないので1号ではないようです。 でも2号仮登記であれば条件付所有権移転「請求権」仮登記になると思うのですが。 詳しい方よろしくお願いします。

  • 仮登記について教えください。

    売買予約を原因とする所有権移転請求権仮登記の登記がされている土地に、その後、根抵当権が設定されました。 所有権移転請求権仮登記を本登記として所有権移転登記を行ったときには、仮登記後に登記された根抵当権はどのようになるのでしょうか、教えて下さい。 そして、仮登記を本登記にしたいのですが、所有権者が応じないときには、どのような方法で対処するのでしょう、ご教示をお願いします。

  • 錯誤無効と登記を備えた第三者について

    こんにちは~、ちょっと疑問におもったので質問させてください。 AからBへ不動産の売買を行われ所有権移転登記され、 さらにBからCへ不動産の売買が行われ、これも所有権移転登記が なされた場合。 その後、要素の錯誤による無効になった場合、 錯誤は善意・無過失で登記を備えた第三者C に対抗できるか? というものです。 どこかの問題集にあったのですが、おもいだせません。^^; できれば理由込みで回答を頂けたら幸いです。 ご教授おねがいします。m(_ _)m

  • 所有権移転登記についてお教えください。

    過去問をしているのですが、以下の「答え」の理解ができません。 問題: 被相続人から相続人の一人に対して始期付贈与(始期は被相続人の死亡)を原因とする始期付所有権移転登記の仮登記がなされた後に、その本登記を申請する場合は、受遺者が登記権利者、その他の相続人が登記義務者となって申請する。 答え: 被相続人が推定相続人の1人へ不動産を生前贈与した後、贈与による所有権移転登記がされる前に相続が開始した場合は、当該所有権移転の登記は、受贈者を登記権利者とし、共同相続人全員を登記義務者として申請する。 これは、推定相続人の1人のために死因贈与契約がされたことにより、目的不動産について、始期付所有権移転の仮登記がされた場合において、当該仮登記の本登記を申請する場合も同様と解される。したがって、受贈者を含む相続人全員を登記義務者として申請する 始期付死因贈与契約に基づき、所有権移転登記の仮登記を申請する場合、贈与者を登記義務者、受贈者を登記権利者として、贈与者の生前に所有権移転の仮登記をすることになると思います。 そして、贈与者が死亡したことで、仮登記を本登記にすることになるので、この本登記の登記権利者は受贈者、登記義務者は贈与者の相続人(贈与を受けた者を除く)が請することができると思うのですが・・・。 なぜ、受贈者も登記義務者になるのですか、受贈与も登記義務者になるということは、受贈与は登記権利者であり、登記義務者でもあるということなのでしょうか?