-PR-
締切り
済み

日経平均株価の動向について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.72321
  • 閲覧数224
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 22% (2/9)

3月中旬以降、日経平均株価が反発していますが、どういった要因によるものでしょうか? ご自分の考えで結構ですので、教えて下さい。 よろしくお願いします
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 47% (115/244)

いろいろな要因(日銀の量的緩和政策や日米首脳の 不良債権処理に関する共同声明など)が上げられますが、 個人的には森前首相が自民党総裁選の繰り上げ実施 「事実上の辞意」を表明し、その総裁選が4月上旬に 決まったことが一番の要因だと思います。 (森が辞めたら日経平均株価は2000円は上がると言われていましたから)
いろいろな要因(日銀の量的緩和政策や日米首脳の
不良債権処理に関する共同声明など)が上げられますが、
個人的には森前首相が自民党総裁選の繰り上げ実施
「事実上の辞意」を表明し、その総裁選が4月上旬に
決まったことが一番の要因だと思います。
(森が辞めたら日経平均株価は2000円は上がると言われていましたから)


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

株価って、経済的、政治的、心理的と色々の要因で動き、それを証明するのは至難のわざですが、ぼくはこう解釈してます。 1)今までの下げは、アメリカ経済が悪化して、アメリカに多く頼る日本経済への影響が懸念され、それに対して森内閣が、有効な施策を出せなかったこと。 2)ところが小泉内閣に変わり、改革の期待が出てきたこと。 3)ですから小泉内閣が、また、有効な政策を実行できないと、ふたたび下げに転 ...続きを読む
株価って、経済的、政治的、心理的と色々の要因で動き、それを証明するのは至難のわざですが、ぼくはこう解釈してます。

1)今までの下げは、アメリカ経済が悪化して、アメリカに多く頼る日本経済への影響が懸念され、それに対して森内閣が、有効な施策を出せなかったこと。

2)ところが小泉内閣に変わり、改革の期待が出てきたこと。

3)ですから小泉内閣が、また、有効な政策を実行できないと、ふたたび下げに転ずる可能性がある。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ