-PR-
  • すぐに回答を!
  • 質問No.7231804
解決
済み

南天の種

  • 閲覧数1483
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お世話になります。

南天の種植えから育ててみたいと考えています。
サイトでいろいろ検索してみたのですが、
南天の種の形状について書かれたものを
見つけることが出来ませんでした。

植える前に果肉を取ってと良く書いてありますが、
果肉を取ると2つに割れてしまいます。
南天の種というのは、一つの実に2つ種があるのでしょうか?
二つに割れた状態でそれぞれ植えればよいのでしょうか。

ご教授よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数3

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 38% (577/1492)

実を割っちゃだめですよ。二つに割れるのは発芽した時に二葉(ふたば)になる
予定の部分ですから~。果肉が付いたそのままで撒いたら良いんです。

水にふやかした豆を見ればよく分かりますが南天も双子葉植物と言われる
仲間の種なので真ん中に根っこがあって両側の実は芽が出た時に二葉になるんです。
補足コメント
noname#202422

回答ありがとうございます。

そうなんですか、やはりあれは割ったらいけないんですね。
果肉を取って、割らずに植えるのはほぼ不可能といえるぐらい
簡単に二つになってしまっていたので、自分も直に植えていました。

12連ポットみたいな(小さいもの)のに、一つずつ植えていましたが、
何回も全滅を経験しています。発芽が遅いらしいので
もっと待っていたらもしかしたら芽が出たかもしれませんが、
時間がかかるもので管理もいい加減になってしまっていたと思います。

南天の発芽率ってどれぐらいなんでしょう?
ポットに一つずつっていうより、赤玉土を広く敷き詰めて
その中に隙間無く実を並べるぐらいな勢いが必要なんでしょうか?

(なぜかもう小さい芽を見つけることもありますが、
 時期的にも今が収穫時で植え時なんでしょうか…)
投稿日時 - 2012-01-10 00:30:23
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

>二つに割れた状態でそれぞれ植えればよいのでしょうか。   無理に植えるより、栽培土をホームセンターで購入して種と混ぜて 湿り気を与えておけば自然発芽します。  数センチに伸びてから、ポットに植え替えます。 すぐに大きく育ちます。 ...続きを読む
>二つに割れた状態でそれぞれ植えればよいのでしょうか。

  無理に植えるより、栽培土をホームセンターで購入して種と混ぜて
湿り気を与えておけば自然発芽します。
 数センチに伸びてから、ポットに植え替えます。
すぐに大きく育ちます。
  • 回答No.2

画像を添付しました。 種を、倍土と混ぜて、ポットの上部に播いて置けば、ランダムに小さな苗が芽生えます。 其れを大きめのポットに植え替えると、簡単に生育します。 ひこばえは切り取っています。 ...続きを読む
画像を添付しました。

種を、倍土と混ぜて、ポットの上部に播いて置けば、ランダムに小さな苗が芽生えます。
其れを大きめのポットに植え替えると、簡単に生育します。
ひこばえは切り取っています。
補足コメント
noname#202422

早速の回答、ありがとうございます。

南天は実家の小さな裏山にたくさん自生しておりまして、
冬は綺麗な実がたくさん見られます。
また、小さな苗もあちこち見つけることができるのですが
やっぱり自生ということで、あまりよい場所には生えてくれません。

どうせならもっと増やそうかなと、前は掘り返して埋めなおしたりしていましたが、
ちょっと大きくなってしまったものは植え替えも一苦労です。
そこで種から育てようと何年か挑戦してみたのですが、
イマイチ成功しません。
あちこち新芽を発見できるので発芽率はそれなり良さそうな気もしますが、
発芽はかなり遅いらしく、管理が悪かったのかもしれません。

しかしそもそも南天の種とは、いったいどういう形状なのか知りたくて
質問させて頂きました。回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-01-08 15:46:21
  • 回答数3
このQ&Aで解決しましたか?

関連するQ&A

-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ