-PR-
締切り
済み

クレジットカードの番号による購入

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7038
  • 閲覧数105
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 20% (6/29)

インターネットでクレジットカードの番号による購入ができますが、クレジットカードの番号は通常の店で使用したとき紙として記録が残り店員等には容易に入手できる情報です。これがインターネットで悪用される危険は非常に高いはずですが対策はされているのでしょうか?ソフトウエア等の購入では購入者は本当の住所を明らかにしなくても購入できてしまいます。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 17% (17/98)

げんざいのところ おっしゃるような状況を作らないためには 信用できる業者を利用することと、 明細をきちんと確認して覚えのないものについては、カード会社に問い合わせてはらわないこと。 これらを徹底するしかありません
げんざいのところ
おっしゃるような状況を作らないためには
信用できる業者を利用することと、
明細をきちんと確認して覚えのないものについては、カード会社に問い合わせてはらわないこと。
これらを徹底するしかありません


  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 43% (235/542)

 今のところ、カード被害にあわないための決定的な対策はカードを持たないことしかないのでは?  偽造クレジットカード早期検出支援システムを日本信販と共同開発-日本初!「CPP-CHASE(仮称)」を5月稼動、他社へも販売-  http://www.csk.co.jp/news/2000017.html  なんて記事もありましたが、あくまで被害を最小限に食い止めるものだし・・・。
 今のところ、カード被害にあわないための決定的な対策はカードを持たないことしかないのでは?

 偽造クレジットカード早期検出支援システムを日本信販と共同開発-日本初!「CPP-CHASE(仮称)」を5月稼動、他社へも販売-

 http://www.csk.co.jp/news/2000017.html

 なんて記事もありましたが、あくまで被害を最小限に食い止めるものだし・・・。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (107/466)

一昨年だったと思いますが、他人のクレジット・カードの番号を入手して、少額(20ドル弱)の請求を出し、世界中の人々から金を巻き上げていた犯人が逮捕されました。 僕はテレビのドキュメントをたまたま見ていたのですが、 この犯人がどうやって他人のクレジット番号を入手したかと言いますと、盗んだのではなく「作った」のです。 つまりそう言うソフトが存在して、「VISAのカード番号を1000個」と入力すれば、VIS ...続きを読む
一昨年だったと思いますが、他人のクレジット・カードの番号を入手して、少額(20ドル弱)の請求を出し、世界中の人々から金を巻き上げていた犯人が逮捕されました。
僕はテレビのドキュメントをたまたま見ていたのですが、
この犯人がどうやって他人のクレジット番号を入手したかと言いますと、盗んだのではなく「作った」のです。
つまりそう言うソフトが存在して、「VISAのカード番号を1000個」と入力すれば、VISAのカード番号の法則に従った番号を1000人分作るのです。
で、買い物自体はカードの番号の入力だけで成立してしまう物だから、ダミー会社を数社作って、買い物をする。
請求は世界のどこかの知らない誰かに行くけれど、少額な物だから訴える人も少なく、訴えた人もどうにも解約できず、どんどん金が集まっちゃったんですね。

僕はこの番組を見た後、どうしても必要な1枚を残して、全てのクレジットカードを解約してしまいました。
インターネットでの購入は振り込み、銀行引き落とし、そしてコンビニ決済で済ませています。
現実にはクレジットカードを全然使わない生活をしていることになります。
全く不自由はありません。

不安に思うならばこうすることをお勧めします。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 27% (140/516)

対策など全くされていないのが実情でしょう。クレジットカードの番号さえあれば、現実にはいろんな買い物をされてしまいますね。 ただし、インターネットの通販なんかだと配達先なんかのデータが残ってしまうので、足がつきやすいためにそんな事をする人は少ないですね。まあ抜け道はいくらでもありますが。 カード会社の方でも、その辺の事情はわかっています。ただカード犯罪って被害者がいないんですよ。保険でまかなわれるもので ...続きを読む
対策など全くされていないのが実情でしょう。クレジットカードの番号さえあれば、現実にはいろんな買い物をされてしまいますね。
ただし、インターネットの通販なんかだと配達先なんかのデータが残ってしまうので、足がつきやすいためにそんな事をする人は少ないですね。まあ抜け道はいくらでもありますが。
カード会社の方でも、その辺の事情はわかっています。ただカード犯罪って被害者がいないんですよ。保険でまかなわれるものですから、カード会社の方もあまり本気で対応しようとしていないんですね。カード会社が自腹を切りそうになってもユーザーのせいにできますしね。実際は悪用されて事件になっているものがけっこうあるようですが、今はまだダンマリが効くようで大きく報道される事はないようですね。
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 11% (3/27)

ネットショップでショッピングする場合、住所は記入しなくても、必ずメールアドレスを記入しますよね。フリーメール以外のアドレスから個人情報が引き出せてしまうので、偽造のアドレスではない限り、誰がカードを使ったのかは分かるはずです。 最近はフリーメールのような個人の特定が難しいアドレスは受け付けないようです。 日頃カードでの買い物をされない場合は、問題が発生した時にカード会社との話し合いで有利とも聞いた事が ...続きを読む
ネットショップでショッピングする場合、住所は記入しなくても、必ずメールアドレスを記入しますよね。フリーメール以外のアドレスから個人情報が引き出せてしまうので、偽造のアドレスではない限り、誰がカードを使ったのかは分かるはずです。
最近はフリーメールのような個人の特定が難しいアドレスは受け付けないようです。
日頃カードでの買い物をされない場合は、問題が発生した時にカード会社との話し合いで有利とも聞いた事が有るので、ネットとはいえ現金払いのシステムをとっているお店がいいかもしれませんね。
  • 回答No.6
レベル7

ベストアンサー率 20% (4/20)

 クレジット犯罪に被害者がいないというのは間違いだと思います。保険でまかなっているということは、本来の健全な相互扶助とは関係の無い出費により、最終的には消費者全体に保険料の形でかえっているのです。  ところで、本題の対策ですが、最近ネットで使うことを考えて、IDとパスワードを入力する仕組みのものが出てます。さらに買い物保障もついているものも出てます。  犯罪に巻きこまれるのが心配な場合は、 1.不要 ...続きを読む
 クレジット犯罪に被害者がいないというのは間違いだと思います。保険でまかなっているということは、本来の健全な相互扶助とは関係の無い出費により、最終的には消費者全体に保険料の形でかえっているのです。
 ところで、本題の対策ですが、最近ネットで使うことを考えて、IDとパスワードを入力する仕組みのものが出てます。さらに買い物保障もついているものも出てます。
 犯罪に巻きこまれるのが心配な場合は、
1.不要なクレジットは持たない。
2.セキュリティ面を考慮しているか確認する
3.保障が自分に必要なところまで効いているか調べる
 これらはカードの入会時にわかることなので、確認して使用すれば問題は最小限に止められると思います。
 それにしても、ネット上で長期の完全犯罪ねらう位のアタマがあるなら、普通の仕事したほうが確実に儲かると思うんですが・・・。小遣い稼ぎのつもりで犯罪暦が残るなんて、馬鹿らしいと思いません?
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ