解決
済み

IDE-RAIDモデルって?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.63221
  • 閲覧数156
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 7% (8/105)

某メーカーのデスクトップタイプパソコンを購入しようと考えてますが、IDE-RAIDモデルってなんでしょう?よくわからのいのですが...助けてください
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 45% (207/457)

RAIDは簡単に言うと複数のHDDを一つのHDDに見せかけると考えれば良いでしょう。
IDEとはHDDを繋ぐ為のインターフェースの一種です。
個人用パソコンなら殆どがIDEです。URTRA100や66などが主流です。

通常RAID0~5まであります。
主流の3つは
RAID0はストライピングといい複数のHDDを一つにします。
RAID1はミラーリングといい同じデータを2箇所に書き込む
RAID5は分散型パリティ型のストライピングですね。

0,1はHDDが最低2台要ります。
5は最低3台要ります。
0の場合はHDDの総容量分になります。
1の場合はHDDの総容量分の半分になります。
5の場合はHDDのそう台数-1×1台のHDDサイズになります。
なおHDDの容量は同じ事
0は1台のHDDが壊れれば全体が壊れた事になる。
1は1台壊れても問題なく稼動しつづける。
5は一台壊れても問題なく稼動しつづける。

止まると困るサーバ等は5や1または5+1の形態を取るのですよ。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 34% (9/26)

ハードディスクには、おもにIDEタイプとSCSI(スカジー)タイプの2種類があります。 詳細は省きますが、通常内蔵しているディスクはIDEがほとんどです。 RAIDは複数のハードディスクを使って論理的な1ドライブを作るシステムの総称です。 大きく分けると以下の3種類があり、スピードアップ、故障時の保全性などの利点があります。 RAID0:複数台のディスクに同一のデータを書いていき、クラッシュしたと ...続きを読む
ハードディスクには、おもにIDEタイプとSCSI(スカジー)タイプの2種類があります。
詳細は省きますが、通常内蔵しているディスクはIDEがほとんどです。
RAIDは複数のハードディスクを使って論理的な1ドライブを作るシステムの総称です。
大きく分けると以下の3種類があり、スピードアップ、故障時の保全性などの利点があります。
RAID0:複数台のディスクに同一のデータを書いていき、クラッシュしたときの復旧など、安全性に重点が置かれています。
RAID1:複数台のディスクにデータを分けて書いていき(例えば「ABCD」という4文字のデータなら、ディスク1に「AC」ディスク2に「BD」とか)、スピードアップを計ります。
RAID5:3台以上のディスクを使い、データのパリティを計算し、RAID1と同じようにデータ+パリティを分散してディスクに書いていき、安全性を高めます。
(これらの複合したRAIDもあります)

大まかにはこんなことで、要約するとRAIDとして構築できるIDE仕様のハードディスクが内蔵されているということでしょうか(^^;

WindowsNTや2000にはソフトウェアで、RAID機能を実現できるようになっていますが、OSにある程度負担がかかるため、最近ではこのようなハードウェアでRAID機能を持たせたマシンが増えているようですね。


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 19% (16/84)

Juanjoさんの回答ですが、RAID0とRAID1が逆だと思います。 ...続きを読む
Juanjoさんの回答ですが、RAID0とRAID1が逆だと思います。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 41% (96/229)

レベル0(5も)は高速化に寄与しますけれど、レベル1と5では安全性の代わりにディスクの総容量が減りますから、一概にいい方法とは思えませんけれど。 単純には、以下の容量程度で使用することになります。 レベル1では、ディスク2台で構成した場合には、利用できる容量は1台分。4台で構成すると、2台分。 レベル5では、ディスク3台で構成した場合には、2台分。ディスク4台で構成すると3台分。 故障した ...続きを読む
レベル0(5も)は高速化に寄与しますけれど、レベル1と5では安全性の代わりにディスクの総容量が減りますから、一概にいい方法とは思えませんけれど。

単純には、以下の容量程度で使用することになります。
レベル1では、ディスク2台で構成した場合には、利用できる容量は1台分。4台で構成すると、2台分。
レベル5では、ディスク3台で構成した場合には、2台分。ディスク4台で構成すると3台分。

故障した場合には、壊れたディスクの交換、RAID構成の復元など専門的な作業が必要になりますから、難しいことを考えたくなければ、手を出す必要はないと思います。
# 作業自体は簡単なものですけれどね。
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 34% (9/26)

すいません、間違えました(^^; ご指摘のとおり私の回答分はRAID0、RAID1を反対に読み替えてください。 ごめんなさい。m(_"_)m
すいません、間違えました(^^;
ご指摘のとおり私の回答分はRAID0、RAID1を反対に読み替えてください。
ごめんなさい。m(_"_)m
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ