-PR-

解決済みの質問

質問No.4975913
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数3
閲覧数6120
韓国にあるアメリカ基地は撤退する?
韓国にあるアメリカの基地は撤退するんでしょうか?
投稿日時 - 2009-05-20 21:28:10

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
在韓米軍に出て行け!と言い、加えて種々問題で激しい反米運動を展開したのが昔の韓国左派政権とその勢力。
この時期に韓国軍部の対日核ミサイル先制攻撃方針が確立された。(統一後の北核ミサイルを用いる。当時は太陽政策とかで南北は協調体制にあった)
米国行政府・並びに政権中枢・議会筋でも反韓感情が激化したため、米軍自体も撤退の方向だった。(全世界的に米軍は撤退傾向にあったし)

だが去年冒頭から韓国大統領が日本出身の中道派になって(中道と言うより右派かもしれない)、この大統領は米軍引止めに転じた。米国側も北朝鮮脅威を理由に撤退を一時凍結。(が、将来は撤退の方針は変わってないかと)
こういう流れを受けて北朝鮮は猛反発。去年に南北協調担当者の北高官が処刑されてるし。

韓国内では今左派狩りが進行中で、前の韓国馬鹿大統領一味が続々と捜査・逮捕。
韓国国民の民意も、「日本帝国支配時代は良かった!」との論調も出始め、それになにより現体制が右寄りなので、国民の出世は右傾化してないとおぼつかなくなったため(前政権時とは逆)、右寄り姿勢を示す者も増えた。
加えて、韓国の情報自由化の効果もようやく出始め、まともにものを考えてくれる韓国国民も増えつつある。

駐韓米軍が全面撤退すればどうなるか。グアムや日本の基地から米軍が有事・緊急時に韓国に急派されても、ソウルは火の海。(北はソウルを火の海にしてやるぞと言い続けてるし)
米軍撤退は、中国化するつもりだったから行えること。


日本も政権交代とかうるさ過ぎるが、日本の民主党も米軍撤退が公約。少なくとも沖縄米軍の全面撤退は確固とした民主党の政権公約。
これに対し、米国の日本政策担当関係者(例えば駐日大使予定だったナイとか)は、そういう民主党政策は米国に対する敵対行為であり、「民主党政権を米国の敵と見なす」と宣言した。

実際沖縄米軍が全面撤退させられれば、米国の極東戦略ばかりでなく全アジア戦略、遠く中東戦略までもが瓦解してしまう。これは米国だけでなく日本とそして全世界に不安定をもたらす。
最低でも、日本の沖縄諸島の防衛と台湾防衛に齟齬をきたす。
沖縄米軍は中国に対する米軍の強力な牽制手段。(これがなければ米中融和は実現しない)

次期駐日大使予定だったナイが、次期政権党の民主党を敵と宣言したのであるから、当然駐日大使はナイではまずい。なので変な人(全く実績も知見もなさそうな人か?)を駐日大使に据える事をごく最近米国は決定した。
これを見ると米国は次期日本政権を民主党であると予測してるのかもね。

民主党政権になって、「米国の敵」となった日本はどうすんのかw
韓国も日本も米軍「だけ」が頼りなのにね。
投稿日時 - 2009-05-20 22:19:26
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)

ベストアンサー以外の回答 (2)

回答No.2
電波が飛んでますね~。

撤退予定はソウルの基地です。
これはソウルに攻撃を掛けることは米軍に攻撃を掛けることだという意思表示のために、ちょっとだけ米軍をソウルにおいていたものです。

いざ戦争(紛争)が始まることを想定すると、こんなところに基地をおいておくと守れないので、撤退させます。

まあ世界的に米軍の撤退傾向はありますが。
投稿日時 - 2009-05-22 05:38:06
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
回答No.3
在韓米軍の撤退構想は、既に何十年も前からある。
そもそも在韓米軍とは、北一味の南方侵攻に対応して国連軍が介入したのを契機としている。その直接的脅威が薄まった後世においては国連軍(在韓米軍)の撤退は国際的道理。
カーター大統領の時代には韓国の非人道的政体を鑑み、在韓米軍の撤退縮小は大統領構想であったが、米国軍部の猛反対によりついえた過去がある。

しかし撤退に反対であった米軍自体が近年では積極的に撤退を望んでいたフシがある。
前の韓国左派政権下では韓国軍人の敵は、まずは米軍であり、次が日本であり、当時の北との太陽政策による南北協調の下、対日核ミサイル先制攻撃戦略の現実的実施が計画されていた。
それに齟齬をきたせぬよう、韓国左派政権は米軍に対し「日本への核の傘を外せ」と要求。同時に対日戦を見越して通常戦力の増強・配備を日本向けに変更した。
同時に竹島紛争において、韓国はより強硬な態度に出る。
そして在韓米軍が有事に韓国国外に移動する際、韓国側の許可を取るよう、若しくは韓国国外に出ないという誓約を行うよう、要求。(これは日韓戦・中台戦への米軍出動を阻害するためであり、自国防衛に在韓米軍を専念させるため)
相前後して韓国政府は「戦時統帥権」の返還を米国に求めた。戦時の韓国国内軍の作戦指揮権を韓国側に渡せとの要求。つまり韓国軍指揮下に在韓米軍が入れ、ということ。

軍事面以外にも韓国左派政権時代には、激しい反米運動が繰り広げられ、同時に韓国政府の同盟国毀損行為や反米政策が実行された。
米国行政府・政権中枢・議会筋には激しい反韓・嫌韓感情が生まれ、もはや韓国を相手にせず、との合意が形成されつつあった。(この感覚、日本から見た韓国感を知るならば、想像つくと思う)

米国のアジア戦略のカナメである米国の最大同盟国・日本に対する現実的敵対行為を行い、将来の日本大量破壊計画の意志統一を韓国軍内で纏め上げ、韓国軍の配備を北向けではなく日本向けに変更すれば…
米国国旗を踏みにじられ、米国の国家的英雄を毀損され、過去の米国の韓国に対する貢献を意図的に忘却され、激しい反米運動を展開され続けては…

以前の在韓米軍撤退は理念的計画だったが、最近の在韓米軍撤退計画は正に人間の感情から出てきたもの。
米国政府も米軍も最近は一致して撤退意志を示した。
戦時統帥権の返還は、米軍はマジで約束通りに実行するツモリ。

ところが韓国大統領選挙で中道右派勢力が政権を取った。元々韓国右派は、左派大統領一派の馬鹿政策に憤慨し、国防をうれいていたので、一挙に米軍引止めに転ずる。これに対応し、米軍も撤退計画凍結。
しかし以前からの左派勢力が作った勢いを止めるのは中々難しかったので、日米同盟のウラの味方とも言える北朝鮮のかもし出した軍事的危機を理由になんとか踏みとどまる・・・と。
同時に米軍はもっと在韓米軍の増強が必要であると、韓国世論に対して示唆。

だが・・・
戦時統帥権の問題がある。返還の時期が問題であり、やはり在韓米軍は全面撤退に向け推移する可能性が高い。一部には在韓米軍2万人を割れば、米軍将兵の安全が確保できないので全面撤退となるとされている。
韓国を撤退しても日本に駐留できれば招聘も安全。その上快適。その上経費も安上がり。
問題は今度は日本が米軍撤退…とわめき出しそうな点なのだが・・・
投稿日時 - 2009-05-22 13:41:27
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

回答募集中

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
政治
-PR-

特集

誰かに自慢したくなる生物学の問題集!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

発見や気づきのある調査結果をお届け!

OKDreamsにあなたの「夢」を投稿して!
抽選で30組60名様に試写会ご招待!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
政治
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-