総ありがとう数 累計4,332万(2014年12月23日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
iza

基本的な質問ですが…

13.7 13.9 13.8という3つの数値の平均は13.8だと思いますが、この誤差○%±○%というのはどの様に算出するのでしたでしょうか?

宜しくお願いします。
  • 回答数5
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全5件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2002-12-09 00:06:41
  • 回答No.3
#2のsen-senさんの指摘のように、
標本(測定値)から真値(true value)を引いた値が誤差(error)ですが、
理論真値は、実際には分からないことが多いので、そこで、真値の代わりに標本の平均値を真値とみなしても良いのではないかと思います。
平均値Xmを真値とみなせば、
誤差は|x-xm| ですからこの場合は13.8±0.1 
%相対誤差は、|(x-xm)/xm|*100%=±7.2%
でよいのではないでしょうか。
参考程度まで
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全4件)

  • 2002-12-09 01:56:56
  • 回答No.4
>この誤差○%±○%
というのは、見たことがありません。

 おっしゃっている意味は、数値のバラツキではないかと思います。バラツキなら、標準偏差、標準誤差が一般的に用いられています。バラツキでは不十分なのでしょうか。

また、数値の誤差については、統計学的には、変動係数があります。
標準偏差を、平均値で割って、%で表します。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2002-12-08 23:05:30
  • 回答No.1
13.8%±0.1%でいいのでは。
(最大値-平均値)、(平均値-最小値)の大きいほうを採ればいいと思います。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2002-12-08 23:16:33
  • 回答No.2
誤差とは真の値と観測値等の差異を示すものです。
このため、どうしても誤差の大きさを知りたいのであれば、まず、真の値はいくつかを知る必要があるでしょう。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2002-12-09 12:58:12
  • 回答No.5
大数の法則で,バラツキが正規分布に従うと仮定して,
よく用いられるのは標準偏差(±66.6・・・%)です.
詳しくは「新しい誤差論」と言う本をオススメします.
(出版社など失念しました...)

誤差バーは,どのようにでもつけようと思えばつけられるものですので,
意味を考えて,説得力もたせなければなりません.
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数5
  • 気になる数0
  • ありがとう数4
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ