-PR-
解決
済み

2重払いの必要ってありますか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.40199
  • 閲覧数125
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 56% (27/48)

どのように対応していくのが一番良いのかが分からずに
困っております。
昨年の10月に新築の家を建て12月に外構工事を済ませました。外構の業者から下請け会社に発注され完成後代金を支払ったのですが、親会社から下請けへ入金されていないと下請けから連絡があり、うちからも親会社に連絡したのですが、連絡がつきません。下請けのほうから明日、駐車場から庭のほうにバリケードを張って入れなくしてやるといわれました。どうしたらいいでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 49% (58/117)

 基本的にterachanさんの言われる通りです。工事の途中であれば対応が難しい部分もあるかと思いますが、全部済んでいれば問題はないですね。
 その親会社との「工事請負契約書」か支払いを証明出来る「領収証」はありませんかね。あれば一番良いと思うのですが・・・。
 まず、相手(下請会社)にあてて以下の内容で内容証明郵便を送付しましょう。内容証明郵便は24時間受け付けています(取扱い郵便局で)。用紙は書式に規定がありますが、大きな文具店等でも販売しています。
 (1)今回工事は元請会社(株)○○との工事契約により施工されたもので、受注・ 請負・支払い等に関しては、あなたと御社○○とは一切関係がない旨。
 (2)元請会社○○と御社○○との本外溝工事の工事請負契約に関して、あなたには 一切の責任、関係がないこと。
 (3)工事代金については、既に○月○日(株)○○に対し支払済みであり、あなた には一切の債務が残存していない事。
 (4)今後、御社○○より当外溝工事に関係し、わたしに対し不利益が発生した場  合、法的対応を取らざるを得ないこと。

 たとえ親会社にあなたがお金を払っていなかろうと、基本的にあなたと下請会社には契約関係がありません。従って、下請には直接お金を払う必要がないのです。*民事裁判の決定により下請に対し、直接弁済するよう命令があったときは別です。また、上記のような状況(未払い)があったとしても、親会社は下請にその工事請負契約の支払サイトにより工事費用を支払わざるを得ません。客から貰ってないから、下請にも払わんなんてのは、通らないのです。
 
 民事で相手方と揉めるのは、弁護士費用・裁判諸経費・その期間を考えると得策ではありません。そこで、相手のあらを探しましょう。警察介入の可能な事をわざとさせ、警察を呼び告発しましょう。これには費用もかからず済みます。刑法・軽犯罪法等に掛かる行為があれば、即110番です。
 参考URLは内容証明の書き方が載ってます。
お礼コメント
kyaba

お礼率 56% (27/48)

amkさん、大変参考になるアドバイス有難うございました。

結局、業者には出入り禁止の措置をされてしまいましたが
本日及び明日まで猶予をもって弁護士さんの相談をお願い
することにしました。近所の目に触れてしまったので家内
にはショックだったようです。

本日の顛末はtelette18さんへのお礼で記載させて頂きま
したのでお読みいただければと存じます。
お忙しいところありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-14 22:47:16
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

あなたは親会社との契約に基づいて代金をお支払いになったのでしょう。その下請けとあなたは関係ないのでしょう。そうであれば、その下請けがあなたに請求する筋合いではないですよね。だから支払う必要はないでしょう。もし本当にバリケードを張るようなことをするのであれば、警察に言うべき問題ではないでしょうか。 ...続きを読む
あなたは親会社との契約に基づいて代金をお支払いになったのでしょう。その下請けとあなたは関係ないのでしょう。そうであれば、その下請けがあなたに請求する筋合いではないですよね。だから支払う必要はないでしょう。もし本当にバリケードを張るようなことをするのであれば、警察に言うべき問題ではないでしょうか。
お礼コメント
kyaba

お礼率 56% (27/48)

terachanさん、大変参考になるアドバイス有難うございました。強気でしっかりといこうと妻と意思疎通しました。

結局、業者には出入り禁止の措置をされてしまいましたが
本日及び明日まで猶予をもって弁護士さんの相談をお願い
することにしました。近所の目に触れてしまったので家内
にはショックだったようです。

本日の顛末はtelette18さんへのお礼で記載させて頂きま
したのでお読みいただければと存じます。
お忙しいところありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-14 22:50:16


  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 21% (30/139)

全くケースは違うのですが、 似たようなことを経験したことがあります。 私が以前勤めていた会社で取引先の広告会社が、ある日突然倒産しました。 依頼していたパンフレットは完成していたのでこちらに被害はありませんでしたが、 実際に仕事をしていた下請け会社は報酬を全く受け取っておらず、 発注先である私の会社に払ってくれと頼みに来ました。 しかし、弁護士の方から倒産した会社の債権者から支払いの請求が来る ...続きを読む
全くケースは違うのですが、
似たようなことを経験したことがあります。
私が以前勤めていた会社で取引先の広告会社が、ある日突然倒産しました。
依頼していたパンフレットは完成していたのでこちらに被害はありませんでしたが、
実際に仕事をしていた下請け会社は報酬を全く受け取っておらず、
発注先である私の会社に払ってくれと頼みに来ました。
しかし、弁護士の方から倒産した会社の債権者から支払いの請求が来るため
下請け会社には絶対に払わないようにとのお達しが来ました。
下請け会社の方には事情を話し引き取ってもらいました。

さて、ご質問のケースですが
親会社は倒産(夜逃げ?)したものと考えて良いと思われます。
この場合下請け会社は親会社の債権者であると考えられます。
本来下請け会社は債権の請求を親会社にすべきですので
貴方が支払う義務は全くありません。
例え親会社に代金を払っていなくても下請け会社には払ってはいけません。
支払って良いのは親会社、もしくは法的に任命された債権者の代表だけです。
まずこのことを相手によく話して理解してもらってください。

それでも下請け会社が強硬手段に出た場合
たいがい違法行為となることが予想されます。
貴方の土地に無断で立ち入った場合は、不法侵入ですし
何かものを傷付けたり壊せば器物破損となりますので
その際には警察にご相談ください。
お礼コメント
kyaba

お礼率 56% (27/48)

telette18さん
朝の早い時間に頂いた回答、有難うございました。

本日の先方の出方を報告したくお礼が遅くなりました。
結局、朝一番に業者が来てカラーコーンを2つと棒を
2ヶ渡して駐車場への進入を出来なくして、ポストも
下請で施行したものだから使用するなということで、
ガムテープでベタベタと貼って去っていきました。
その際に先方とは請求(何故か具体的な金額を言われまし
た。)の矛先が間違っていること、バリケードのような手
荒い手段は双方にとって得策ではないため止めようとする
提案をしましたが聞き入れられずやはり警察に通報するし
かないことを告げて、あえて現場を保存するために撤去も
しませんでした。
消費者相談センターや県の相談窓口、業者間の代金未納に
巻き込まれているので労働基準監督署(ゼネコン勤務の父
よりアドバイスです)、そして警察と市の法律相談へ連絡
しました。敷地入り口(道路側溝の上)に障害物を設置
されたために、警察の方が現状記録に来て、生活安全課
より下請業者へ撤去するように連絡してくれるとのこと
です。明日に市の法律相談で弁護士さんの相談を予約して
あります。障害物撤去を一両日中にして、今後一切の請求
行為をしないことを約束すればなにもしないつもりです。
ただ今後同様の行為があれば、告訴するつもりで、明日の
相談を受けることにしました。

今回のことは下請会社の先方には、元請会社よりの入金
がされていないために本当に気の毒に思いますが、たとえ
小さな会社でも、市民を脅かす行為を続けていくことは、
一小民として許すことが出来ません。

このコーナーで大変な状況で弱者となっている方の相談内
容を拝見しておりますが、相談相手の方の好意がこんなに
も心強く思うことがよく分かりました。
            本当に有難うございました。
投稿日時 - 2001-02-14 22:40:56
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ