-PR-
解決
済み

医療過誤では?と思ったら・・・

  • 困ってます
  • 質問No.37507
  • 閲覧数78
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 80% (8/10)

知り合いが、解熱剤を直接血管に注射してもらったところ薬物中毒の反応がでて危篤の状態です。
いまだ詳しいことを聞いておらず、うかつなことは言えませんが、医療過誤もおそれがあります。
このような場合、素人としてはどうすればよいのでしょうか?弁護士になんか会ったこともないし、医療過誤訴訟は特殊だと聞いています。
どこに相談しに行けば良いのでしょうか?
アドバイスお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

参考URLは「医療ミスへの対処」というページです。
次の情報があります。直ちに相談なさってください。

【相談にのってくれるところ】
●医療事故市民オンブズマン「Medio(メディオ)」
医療事故被害者の支援と市民(患者)のための医療制度の確立を目指して、医療事故の監視により医療の質の向上を図る、医療事故被害者の支援、医療情報の開示・公開の推進などの活動を行っています。医療事故被害の相談も行っています(会員になることが必要)。

●医療改善ネットワーク(MIネット)
「患者の権利」を基本として、法律関係・医療関係の人を含む幅広い市民が協力し合って、自分ができることをしていくという形で医療の改善に取り組む団体(市民運動)です。医療法律相談も行っています(会員になることが必要)。

●医療事故情報センター
弁護士と医療スタッフと医療被害者を結ぶヒューマンネットワーク。弁護士が医療事故被害者に対する相談にのってくれす。愛知県内在住の方は、同センターで面談が受けられます (ケースによっては書面での回答のみ)。 また、愛知県外の方のために、各地の医療相談窓口も紹介しています。
お礼コメント
yasuyoshi

お礼率 80% (8/10)

質問してから10分と立たないうちに回答を頂いて
とても感謝しています。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-07 11:06:23
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 48% (85/176)

解熱剤を静脈注射するということは、早急に熱を下げる必要があったかもしれません。 元々どうして解熱剤をうったのか? 正当なものであれば医師から納得のいく説明があると思います。 それを待ってみてはいかがでしょう。 あまり今騒がない方が良いでしょう。 いまのうちに、できる限り情報収集しましょう。 何気なく雑談の中で看護婦さんに聞くこともできます。 医療裁判になると、医師の過失をこちらが ...続きを読む
解熱剤を静脈注射するということは、早急に熱を下げる必要があったかもしれません。
元々どうして解熱剤をうったのか?
正当なものであれば医師から納得のいく説明があると思います。
それを待ってみてはいかがでしょう。

あまり今騒がない方が良いでしょう。

いまのうちに、できる限り情報収集しましょう。
何気なく雑談の中で看護婦さんに聞くこともできます。

医療裁判になると、医師の過失をこちらが証明しなければなりません。そのときになって資料を集めようと思っても、医師側も保身に回りますから難しくなります。

危篤のかたが良くなられると良いですね。
お礼コメント
yasuyoshi

お礼率 80% (8/10)

アドバイスありがとうございました。
風邪をひいて市販の薬を飲んでいたのですが、よくならず、近くの町医者に行ったら解熱剤を打たれたのです。
アレルギー反応に関しての問診・確認はなかったようです。しかし、本人がとにかく打ってくれと言ったのかも
しれません。
薬物反応がでた後、手におえなくなり、今は大きな病院に
入院しています。
当該病院に入院しているわけではないので、アドバイスどおり、少し様子を見ようと思います。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-08 11:50:14


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ