-PR-
解決
済み

誘導器のしくみについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.36211
  • 閲覧数1888
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

ブルックス形の可変誘導器のレポート作成に困ってます。可変抵抗器の構造、原理はよく目にするのですが、可変誘導器のほうは探しても詳しいものが見当たりません。可動コイルを回転させることでどのような現象が起こっているのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 37% (260/696)

棒磁石を2本準備しそれぞれをA,Bとします。

AとBを平行に置くと吸引もしくは反発します。
AとBが互いに90度の位置にあると影響が一番
少なくなります。

巻いたコイルと棒磁石は同様な働きをしますよね。

これがヒントです。
お礼コメント
levine

お礼率 100% (1/1)

大変貴重なヒントありがとうございます。

文献をあさってみると
“固定誘導器のインダクタンスLⅰ、Lⅱ、相互インダクタンスをMとすれば、端 子のインダクタンスLは
     L=Lⅰ+Lⅱ±2M [H]
 となる。”
とありました。

やはり回転角90度を境に、-2Mまたは+2Mされるインダクタンスが得られるということが、回答とつながるものがあります。

とすると、回転によって磁場の変化が起こり起電力が生じるという、いわゆるファラデー電磁誘導?! 
・・・nnnでは磁束の影響も考えなくては・・・?!

すいません。お礼のはずが・・・
大きな前進になりました。
投稿日時 - 2001-02-04 23:31:20
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ