-PR-
解決
済み

1台のマシンで2つの環境をスムーズに使いたい

  • すぐに回答を!
  • 質問No.31894
  • 閲覧数42
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 74% (60/81)

よろしくお願いします。かなり困ってます。
きっとやり方が分かると簡単なのかもと思うのですが。

一台のマシンで、2つの環境を同時にあつかえるように設定したいのです。
今はKemanetを使って、別の環境に移りたいときには毎回切り替えています。
これではかなり作業効率がわるいので、なにかいい手はないでしょうか。

例えばフリーソフトなどにこの手の設定を行えるものがある・・・など、
教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 36% (86/235)

別にLinuxでなくても、Window NTであれば、同じNICに複数のIPアドレスを振ることができます。
もし、物理的に別のネットワークなら、NICをもう1枚追加して、2本足にしてしまえば、問題なく使えるのではないでしょうか。
TCP/IPの設定のところで、詳細とか言うボタンがあって、そのボタンを押すと、IPアドレスを追加することができると思いますよ。
ゲートウエイアドレスは、1つしか有効にならないので、注意が必要だと思います。
あとは、その複数のアドレスで、ルーティングをするかどうかを決めるだけです。
お礼コメント
snowair

お礼率 74% (60/81)

ありがとうございました。
Win NTがぜったいに必要な環境下ではken2さんの方法が最適だと思います。
何とかやってみます。
投稿日時 - 2001-01-29 13:35:35
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル4

ベストアンサー率 33% (1/3)

多分windows系のOSそれも98/ME等だとおもわれますが、 ネットワークの設定は再起動するしかないと思います。 linuxだと1枚のNICに複数のアドレスを振れるのですが・・・ あとはNICの2枚ざしで対応するしかないような気がします。 ...続きを読む
多分windows系のOSそれも98/ME等だとおもわれますが、
ネットワークの設定は再起動するしかないと思います。
linuxだと1枚のNICに複数のアドレスを振れるのですが・・・
あとはNICの2枚ざしで対応するしかないような気がします。
補足コメント
snowair

お礼率 74% (60/81)

ありがとうございます。

もしよろしければもう少し詳しく教えてもらってもよろしいでしょうか?
状況を説明いたしますと、

A:ASP開発プロジェクト
B:某有名衣料品店開発プロジェクト

二つのプロジェクトがあります。
AはWEB系業務なのでインターネットに接続できる環境が必要です。
さらにASP開発なのでWINDOWS NT Server
インストールマシンが必要です。

Bは衣料品店のイントラ(?)とつなぐ必要があるのですが、これは
インターネットの世界とは切り離された環境です。

このAとBが同じ一つのマシンを「サーバ」と称して使用しているのです。
AとBがろくに話し合わずお互いの都合でマシンを使おうとするので
かなりこまった状況になっています。
Aが「サーバ」を使おうとする時はA環境で再起動、Bのときは・・・
えらく効率がわるい状況です。

(ちなみに私がB開発を行うチームが所属する課の一員なのですが、
 いまA開発にヘルプに行っているので、AとBの板ばさみになっていて
 つらいという裏事情も・・・(_・。))

そこでいちいち切り替えしなくても二つが同時につかえるようにできないかな?
と考えたわけです。

linuxを入れれば上手くいくのでしょうか?
でもA開発がどうしてもWin NT Server を必要としているので
そこが上手くいくかな・・・?
という疑問があります。

なんとか解決することはできるでしょうか。
投稿日時 - 2001-01-26 10:28:10


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ