OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-

アコースティックギターのネック調整

昔 知り合いから5000円で譲ってもらった モーリスW-25というギターなんですが 弦高が高い(ネックと弦と...

82w82 さんからの 回答

  • 2007-05-01 00:10:58
  • 回答No.3
82w82 レベル12

ベストアンサー率 28% (148/519)

すでに詳しく回答されてますがさらに書きますと、弦高が高いのはアコースティクギターの場合ブリッジやその周辺部分が弦の張力で浮き上がってきているケースが多々あります。これはネックを調整しても直りません。楽器屋でリペアになります。
が、ブリッジ浮きを直してもらうとかなり高額になると思うので、5000円のギターというならあきらめてそのまま弾くか、代わりの良いギターを買うほうがいいと思います。


余談ですが、これは僕が自己責任でやった例でたまたま成功しただけなので、あくまで反則技か、「そんなバカなことするヤツもいる」ぐらいに思っていただきたいのですが、昔持っていたフォークギターがネック反りとブリッジ周辺の浮きでどうにも弾きにくいので、安もんのボロだったし壊すつもりで太い角材をネックとブリッジに当てて荷造りの紐でぐるぐる巻きにして、そのまま1年くらい放置しました。
正直それをやったことすら忘れていて(笑)思い出したのが1年後だったのです。で、久しぶりに紐をほどいてみると見事にネック反りとブリッジ浮きが矯正され、弦を張りロッドを調整すると見違えるように弾きやすくなりました。
これに気を良くして他のエレキギターにネックだけに角材を当てぐるぐる巻き矯正やりましたがこれも見事に反りが直りました。

しかし安易に真似しないでくださいね。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-
-PR-
ページ先頭へ