-PR-
解決
済み

サイディング壁の再塗装

  • 困ってます
  • 質問No.26834
  • 閲覧数364
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

サイディング壁の再塗装は本当に必要なのでしょうか。うちの壁は、築12年で多少こけが生えてきました。業者さんは再塗装をするように勧めますが、本当にそれは必要なのでしょうか。洗浄だけではいけなのでしょうか。塗装すれば見た目は良くなるのですが、今後は塗料の耐久性に左右されるわけで、数年後にはまた塗装が必要となるでしょう。サイディング壁についての本当のところを知りたいのです。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 21% (48/221)

iwasakinatさんがお答えの通りです。ALC系のサイディングと言うことでしたら、確実に表面仕上げが施されています。これが経年劣化していると思って間違いありません。
表面仕上げは外観だけでなく、保護を兼ねていますから、当然性能は新築当時より劣っていると考えて良いです。
ただ、再塗装するべきか否か。これははっきり言えません。実際の状態を見ていないことに加え、shirowanさんの価値観にも関係します。
ただ、もし今後も長く住むつもりなら、定期的に塗装は必要と言うことを頭に入れて置いてください。
お礼コメント
shirowan

お礼率 100% (3/3)

 turkeyさん、ありがとうございます。ALC系サイディングの表面処理という意味あいがあるわけですね。他のみなさんのご意見を総合すると、やはりメンテナンスは必要と言うことになりますね。やはり再塗装となると、それなりの出費を覚悟しなければ成りません。私の周囲には確実なところをアドバイスしてくれる人がいなかったもので参考になります。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-12 17:50:50
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

サイディング壁にも材質により何種類かあります。 下記にマイホームを長持ちさせるための手入の方法が書いてあります。http://www.ozone.co.jp/sumai/leaflet/text/011.html http://www.onosho.co.jp/Kentiku/info.htm ...続きを読む
サイディング壁にも材質により何種類かあります。
下記にマイホームを長持ちさせるための手入の方法が書いてあります。http://www.ozone.co.jp/sumai/leaflet/text/011.html

http://www.onosho.co.jp/Kentiku/info.htm
お礼コメント
shirowan

お礼率 100% (3/3)

 早速の解答ありがとうございました。HPを参考にさせていただきました。サイディング材と言っても種類がたくさんあるのですね。うちはALC系のサイディングです。もう少し勉強してみます。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-11 17:53:22


  • 回答No.2

元大工の彼氏に聞きましたところ、 あっさりと”こけが生えるのは塗装がはげている証拠、塗装がはげていなければこけは生えない!” あったりまえやんか~! っていってるんですが、そう考えるとやっぱり再塗装コースでしょうねえ。 お粗末でした。 ...続きを読む
元大工の彼氏に聞きましたところ、
あっさりと”こけが生えるのは塗装がはげている証拠、塗装がはげていなければこけは生えない!”
あったりまえやんか~!
っていってるんですが、そう考えるとやっぱり再塗装コースでしょうねえ。

お粗末でした。
お礼コメント
shirowan

お礼率 100% (3/3)

 iwasakinatさん、回答ありがとうございました。やはり、そういうものなんですね。元大工さんありがとうございました。やっぱり、再塗装コースでしょうね。
投稿日時 - 2001-01-12 17:46:11
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ