総ありがとう数 累計4,265万(2014年10月3日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
reia_2006

茶道を習い始めて2年半になります。まだ始めたばかりで何も解らない状態なのですが、1つ気になることがあります。茶道を始めるにあたって、茶道は精神性を高めたり和の気持ちをもつというとても素晴らしいものと聞きました。もちろん、お点前そのものや身のこなしなど綺麗にしていくことも大切ですが、それ以上に精神性を鍛えたり、和の心をもつということが、最も大切なものなのだと思っています。でも、周囲を見ていて、お茶会のときに草履を隠したり、1人の人にわざと全部洗い物をさせたり、気に入らない人については「やっつけて」と言っている人がいたり、疑問に思うことがあります。また気に入らない人がお点前をしていると、聞こえるように「変なお点前。もううまくならないんじゃないの。」と言って笑っていたり、お茶会の時の他の人の着物について聞こえるように「だっさい」と言ったり驚くようなことが多いのです。でも、有名な先生でお弟子さんも多く、先輩によると他の教室よりはずっと良いみたいよということでした。会社や一般社会よりいじめのようなものが多いとさえ思ってしまうこともあります。お手前など覚えていき、身のこなしなどきれいにしていくことなどやりがいはあるのですが、上記のことが気になります。私は始めてとても期間が短いのでわからないのですが、このあたりのことを長くやっている方、始めたばかりの方問わずどのように思われているのかお聞きしたいと思います。このような質問をすると茶道をやっている方にとても失礼かと思いますが、もちろん良い方もいらっしゃるので、みんながということではぜんぜんありません。どうぞよろしくお願いします。
  • 回答数9
  • 気になる数1

Aみんなの回答(全9件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2007-01-18 16:19:10
  • 回答No.6
こんにちは
すみません、私自身は茶道を3ヶ月しか習わなかった
素人同然ですが、周りに茶道を長く習っていた人が
結構いたのでそのあたりの人の意見を書きます。

私自身は森下典子さんの『日日是好日』という本を
読んで、茶道に憧れたので、茶道の精神修業とはこういう
ものなのか?と思っていましたが(まだ未読でしたら
ぜひお読みください)、周りの人の言うことには
「嫌な人の姿を見ること、つきあうことも修業」という
話です。お茶の世界にはいろんな考え・動機で習って
いる人々がいて、嫌な姿佳い姿(これはもちろんお点前・所作も含めて)を見て、自分はどのような人間になるべきか を考えて
成長していくことができるから 茶道は素晴らしい のだ
そうです。お茶の世界といえども、社会の縮図 ということで
しょうか。
茶道の世界に、ほんとにそのような考えがあるかどうかは
わからず、その人達が経験から得た主観的教訓??なのかも
しれませんが・・

どうしても我慢できない時には、流派ごと教室を替えてみるのも
良いかもしれません(同じ流派内で教室を替わるのは、タブー
だそうですので)。その際、周囲の茶道をやっておられる方の
先生や教室に関する評判はよく聞いておいた方がいいそうです。
この世界、口コミの評判が結構正確だったりするそうなので。

せっかくの愉しいお茶の世界、reiaさんがより愉しく
お勉強できるようにお祈りします。
お礼コメント
丁寧なご回答頂きまして、どうもありがとうございました。私は教室内でのいやがらせなどを見ていて、茶道に疑問や幻滅をかんじていました。でもご回答の通りそのような部分もプラスに考え、修行していくという考え方により道が少し開けたように思います。そのようなこととうまくつきあうことは大きな修行であり、それにより自分はどのような人間になるべきか考えていくことはとても大切なことだと思います。茶道で苦しいことやいやなことがあっても、それを逆にプラスに向けていこうという考えかたには気づいていませんでした。少しづつ色々なことともうまくつきあい、楽しみをいつか広げていければ良いと思います。まだまだ始めたばかり、奥の深さがわかるのは何十年先のことやらという感じですが、今1つ1つ教わっているお点前など出来ることからやっていき、いつか深さも解るようになればいいと思っています。悩みをふくらませず、楽しくやっていけたらと思います。ご紹介して頂いた本を是非読ませていただきたいと思います。本当に有難うございました。
投稿日時 - 2007-01-19 20:53:14
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全8件)

  • 2007-01-16 17:43:49
  • 回答No.3
精神性を磨くという事は、茶道に関わっていくうちに、
自然と身に付いてくるものと思います。
精神性とは、形がありませんね。「これがそうですよ」と言うように教えられるものでは無いと考えます。
有名な先生だから、生徒にとって良い先生だとは限りませんよ。
又良い生徒さんが集まってるとは限りません。
reiaさんは、先生を尊敬してますか?
また、尊敬できる先輩が1人でもいますか?
貴重な時間とお金を使って、いやな思いをしているのなら、もったいないと思います。
お稽古事は、楽しくね! 
私でしたら すぐにやめます。
いくつかの許状を申請しましたか?許状を申請してしまうと先生をかえるのがちょっと面倒かもしれませんが。
我慢はしないで! 美人さんが 台無しですよ!
お礼コメント
早速のご回答有難うございました。私は今の教室が初めてのお教室なので、茶道といえば今の教室であり、他のお教室の方々の考え方にふれるのは初めてでした。でも皆様のご回答を読んでいて、私の教室が基準ではなく、精神性を茶道にかかわりながら段々と自然に身に着けていくことを大切に思ってる方が沢山いらっしゃることがわかり本当に安心しました。許状は1つだけ頂いています。次の許状がいただけるまで、様子をみようと思っていました。でも結果的にお教室を変えたいと思った時に、許状を申請してしまうと少し面倒かもしれないということが気になります。。。流派は変えたくはないと思っています。私はもちろんまだまだ入っていませんが先輩達は支部に入っているので、同じ支部になるような地域でなければ問題ないのでしょうか。またもしお教室を変わったとしたら、特に今の先生の名前は言わないで、会社の茶道部でちょっとやっていました程度に言おうと思うのですが、どの先生が申請したかはわかってしまうものなのでしょうか。いずれにしても、もう少し様子はみてみようとは思っています。茶道そのものに疑問を感じていた私に安心感を与えてくださったことを感謝いたします。本当に有難うございました。
投稿日時 - 2007-01-17 17:50:58
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-01-16 14:01:16
  • 回答No.2
初心者ですが、私の場合はとてもよい先生に巡り合えました。
お稽古の間だけでなく、普段の言葉遣いや所作も、まさにお茶の世界で生きておられるかのような振る舞いをなさり、いつ見ても「すごいな、見習いたい」と思わせてくれます。
そういった先生ですから、お弟子さんたちも必然的に良い人たちが集まり、お稽古事だけではなく、禅や工芸、芸術などに話が及び、とても幸せな気持ちでお稽古をさせてもらうことができています。
私は、それが普通のことだと思っていました。

しかし、周囲のお茶を習っておられる方に聞いてみると、意外とひどい先生が多いらしく、reia_2006さんと同じような状況を嘆いておられました。ひどい人になると、先生でも、畳の上の歩き方はぞんざいで、しかも茶器を足で動かしたりする始末だそうです。
このような先生に習うことになってしまうと、お稽古どころではなくなるのだろうと想像しています。

もし叶うことなら先生を変えてみてはいかがでしょうか。
同じ地域で変わることは難しいかもしれませんが、例えば、表さんなら裏さんに転向することで、先生を変えさせてもらうことは、あながち無理では内容に思います。

reia_2006さんの疑問は、お茶そのものよりも、先生やそのお教室に発端があるように思います。
お礼コメント
早速のご回答ありがとうございました。私は、今のお教室にはじめてはいったので、他のお教室の方のご意見をお聞きできて本当によかったです。私は私の教室をいつも基準にしていましたが、ご回答のように、とても幸せな気持ちでお稽古をされているような教室のことをお聞きしただけで安心しました。幸せな気持ちにさせてくれるような先生やお弟子さん達がいらっしゃるということは、精神的な和やかさややさしさが自然と身についていくことだと思い、茶道そのものへの疑問を持っていた私を安心させて頂きました。しばらくは今のお教室で様子をみようとは思っています。ただもしお教室を変えることになっても流派はできれば今まで通りと思っているので、地域を少し変えなくてはいけないのではないかとそのあたりのことは気になります。でもしばらくは今のところで頑張り、もしどうしてもという時でも可能な限り茶道は続けていこうと思います。そのような気持ちにさせていただいたことを本当に感謝しています。
投稿日時 - 2007-01-17 18:07:31
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-01-16 23:26:41
  • 回答No.4
あなたの「周囲」のお話は、読むだけで恐ろしくなるような内容で、
とてもびっくりしています。
みなさん何のための「お茶」をなさっておられるのか、私は疑問です。

わたしも「茶道」をやれば、精神性が磨けると単純に信じている訳でもありませんが、精神を磨くために「茶道」をすることは可能かと信じます。

あなたの目的と、あなたの周囲の目的がおそらく違うのでしょう。
そんな別の目的のために茶道をなさる方々もおられるということでしょう。
お礼コメント
早速のご回答有難うございました。他のお教室の方々のご意見をお聞きすることができて本当に良かったです。今の教室は私にとって初めての教室なので、私にとって茶道の全ての基準になっていました。でも、皆様のご回答を読んでいるとそうではないという気持ちにさせてもらうことができ、安心しました。精神を磨くために茶道をすることを可能だと信じる方がいらっしゃるということを励みに思います。もう少し様子を見てみます。でも今まで見てきたいやなことから視野を広げさせていただくことができました。様子をみた結果どのような方向性をとるかはまだ決めてはいませんが、よく考えてから決めようと思っています。本当にどうも有難うございました。
投稿日時 - 2007-01-17 20:26:43
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-03-21 17:41:16
  • 回答No.9
こんにちわ。
せっかく志を高く習い始めたというのに「周囲」の方の心無い行いで
貴女の気持ちが削がれてしまわないかと心配です。
その「周囲」の方の志の低さにはあきれてしまいます。決して他の教室よりもずっと良いとは思えません。
私はひとつの教室で習い始めて10年を迎えようとしていますが、長く続いている理由は教室の雰囲気がとても和やかな部分と習い事としての厳しさがちゃんと存在しているからだと思います。
精神性の面ですが、私の先生は常に「相手との呼吸や思いやりを大事にしなさい」と説いています。亭主と客お互いが相手を思いやり呼吸(挨拶や行動等)を合わせる事により茶事が成り立つと。
実際、呼吸がピタリと合っている時のお茶事はその空間の空気が変わります。
精神性を高めるということは自己鍛錬が重要になってくると思います。
結局、自分がどこに照準を合わせるかということにもなるのでは?
その「周囲」の方に合わせてしまえば志が高まることにはなりません。
「周囲は周囲、自分は自分」と線を引くこともりっぱな鍛錬だと思います。「周囲」のやっていることがおかしいと思えるのであればそれだけでも1歩2歩前進していると思いますよ。
これからも自分が正しいと思うことやお点前稽古を大事になさってください。貴女ならいいお茶人になれますよ(^^)
お礼コメント
ご回答頂きまして有難うございました。習っていらっしゃるお教室の茶道の中に、厳しさと和やかさがきちんと両方存在しているとのお話をお聞きできて安心させて頂きました。短い期間しかまだ茶道をしていない私の視野を広げて頂きました。今見ていることまた見えていることが全てではないのだと思わせて頂きました。また亭主とお客が相手を思いやり呼吸をあわせる事というものはとても素晴らしいことだと思います。私は、お茶会に少しだけ参加したのみでお茶事をまだ経験したことがありません。でもお稽古の時でも呼吸をあわせることや、互いに思いやることを考えることを心がけながらやってみます。まだ初心者で何もわからない私にこのような考え方を教えてくださったことを感謝します。また自分は自分という考え方は乗り越えていくための助けになりました。丁寧に回答して頂き本当に有難うございました。様子をみながら頑張ってみます。
投稿日時 - 2007-03-24 20:51:36
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-01-21 21:02:54
  • 回答No.8
こんばんは。
私もreiaさんと同じような教室に通ったことがありました。
姉弟子が、わざと水屋仕事を1人の後輩に任せたり、草履を隠したり、
挙句の果ては毎月納めるお水屋料の二重取り…。
それも師匠とグルになっての行為でした。

今は違う先生の所に通っており、実に穏やかな雰囲気の中で、
「茶の心」を先生をはじめ先輩方に教えて頂いたり、
自らのお稽古の中で学び取ることを致しております。

つまり、教室(社中)の雰囲気を「見学時」のみで知ることよりも、
お茶会でその社中の雰囲気を知ることが良いとわかりました。
大忙しの時は、誰しも本性が出ますから…。

どうしても求めていることと教室(社中)の雰囲気が合わないなと
思ったら、教室を変えてみることも良いと思います。
お礼コメント
ご回答有難うございました。私と同じような経験をお持ちであり、それでも乗り越え茶道を続けている方がいらっしゃるということが励みになりました。また必ずしもそのような教室やそのような人ばかりでないということが、今現在穏やかな雰囲気の中でお稽古をされているとのことからわかり安心させて頂く事ができました。茶道を自分の教室だけで見たり、今現在私が見えているものだけで判断せずに、視野を広げさせてくださる助けを色々な方のご意見からして頂きました。教室のことは様子をみてみます。もしどうしてもという時になったとき教室変更が茶道では少し難しいかもしれないことは気になりますが、できるだけ良い方向にむけられればいいなと思っています。
投稿日時 - 2007-01-22 21:02:21
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
8件中 1~5件目を表示
  • 回答数9
  • 気になる数1
  • ありがとう数28
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

親同士が気軽に情報交換できるコミュニティです。

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ