OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

telnetではいれない!

  • 暇なときにでも
  • 質問No.243610
  • 閲覧数93
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 5% (5/90)

初めてturbolinux7serverを入れたのですが、他のマシンから自ホストまで
pingは通るのですがtelnetでは入れません。ちゃんと/etc/xinetd.conf等設定してのですが。まだ他に設定しなければならないファイル等あれば教えてください。
お願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 43% (280/638)

/etc/xinetd.d/telnet
のファイルがあると思います。

# default: off
# description: Telnet server
# securlevel: 30
service telnet
{
disable = no   < "yes"から"no"にする
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/in.telnetd
server_args = -h
}

自信はありません、枯れ木も山の賑わい程度です。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 42% (80/189)

Turbolinuxはここにないので,Redhat7.1Jにあるコマンドで答えます. 1. ntsysvでTelnetに*がついているか確認してください. -> *がついていない場合は*をつけてxinetdをリスタートしてください. 2. lokkitでファイヤウォールの設定を変更してください. -> たぶん,Serverなのでこれが問題かなぁと思っています.Telne ...続きを読む
Turbolinuxはここにないので,Redhat7.1Jにあるコマンドで答えます.

1. ntsysvでTelnetに*がついているか確認してください.
-> *がついていない場合は*をつけてxinetdをリスタートしてください.
2. lokkitでファイヤウォールの設定を変更してください.
-> たぶん,Serverなのでこれが問題かなぁと思っています.Telnetに
*をつけてください.一応xinetdをリスタートしてください.


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 48% (24/49)

情報が限られているので、推量ですが・・・。 "スーパサーバ"は動いていますか? psコマンド等を使って、どんなプロセスが動作しているかを調べましょう。 ps -ax | grep inetdとかやると、 221 ?? Is 0:00.01 /usr/sbin/inetd -wW などと出てきます。これとまったく同じでなくても、inetdまたは、xinetd が動 ...続きを読む
情報が限られているので、推量ですが・・・。
"スーパサーバ"は動いていますか?
psコマンド等を使って、どんなプロセスが動作しているかを調べましょう。
ps -ax | grep inetdとかやると、
221 ?? Is 0:00.01 /usr/sbin/inetd -wW
などと出てきます。これとまったく同じでなくても、inetdまたは、xinetd
が動いていれば、該当するプロセスについて表示される筈ですが。
 これで、何も出ないようでしたらまず、"スーパサーバ"を動かしてください。
xinetdなどと入力すれば、起動するはずです。
 また、設定を/etc/xinetd.confを設定したあとで、xinetdを再起動しましたか?再起動しないと、最新の設定が有効になりません。コマンドで言うと、
killall -HUP xinetdかな?
 これでもつながらないようでしたら、差し支えない範囲で、/etc/inetd.confを公開してください。
  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 16% (1/6)

xinetdの(再)起動に関してはTurbolinuxのほうで起動スクリプトが用意されている場合はそちらを使用した方が無難でしょう kill,killall等が使いたければ killall -HUP xinetd ではなく killall -USR2 xinetd だと思います 少なくともFreeBSDのmanによるとSIGHUPは internal state dumpをするためのもの ...続きを読む
xinetdの(再)起動に関してはTurbolinuxのほうで起動スクリプトが用意されている場合はそちらを使用した方が無難でしょう

kill,killall等が使いたければ
killall -HUP xinetd
ではなく
killall -USR2 xinetd
だと思います
少なくともFreeBSDのmanによるとSIGHUPは
internal state dumpをするためのものだと思います
詳しくはxinetd(8)を御覧ください
(inetdの場合はSIGHUPで変更が有効になります)
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ