-PR-
解決
済み

精神的な病に、整体による治療は効かないのでしょうか?

  • 困ってます
  • 質問No.234915
  • 閲覧数74
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

私が最近通っている整体治療がよいので、長年精神的な病で薬を飲みつづけている母に、治療を勧めようと思ったところ、主治医が、整体治療に反対しているので駄目だと言われてしまいました。
理由は、「通説で医学的に証明されたものでない」「薬との併用の安全性もわからない」といったものだったようです。そういう精神的な病には効かないという確証があるように断言されたそうです。

反対に私の通っている整体の先生は、このような病気の治療に前向きでした。段々と、薬を減らすこともできるとおっしゃられたので、できれば、このような治療を受け、薬に依存しない生活を送らせてあげたいのですが・・・。

専門家の方は、このようなご意見についてどう思われますか?整体治療に行かせることは、良くないのでしょうか?
また逆に、同じような病の方で、整体治療でよくなった方はおられませんか?もし、おられたら、このような主治医との意見の食い違いも含め、どのように治療を進めたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

《詳細》
お恥ずかしいのですが、母の詳しい病名等は分かっていません。十数年前に、突然発症し、段々と病状は収まり、今は薬で症状を押さえながら、普通の生活を送っています。症状としては躁鬱を繰り返すような感じです。
整体治療のほうは、首の骨の位置を直すことで、背骨のゆがみを取り、それにより体のバランスを整えるという治療方法です。(これも名前を知らないのですが)西洋系の器具を用いて、耳の横を刺激して、首の骨の位置を治してくれます。プラス、ソフトなマッサージ・ストレッチ等を行います。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 45% (157/345)

民間医療(医業類似行為)を認めている医師と、否定している医師がいるようです。それはその医師の考え方次第ですが、たまたま、あなたのお母様の主治医は、否定派なのでしょう。(否定する医師は効果があっても否定するものです。)
民間医療に肯定的な医師もいますので、そういう方にあたった場合は別の意見も出たと思います。

私は民間医療に近い立場(ボディワーク関係)ですが、躁鬱に対して効果が出た例を体験しています。
整体などの効果については、医師の処方する薬が100%効果があるわけではないのと同様に100%効果があるとはいえません。
単に体のバランスを整えるだけなら、健康状態を向上させる効果はあると思います。その結果2次的に精神状態も安定するということはよくあります。薬を減らしていくことも可能でしょう。

薬との併用の安全性については、わからないというのが正直なところです。そういった実験がなされていないからです。が、それを言い出したらきりがありません。
なにしろ、複数の薬をとったときの組み合わせ実験や、食品添加物や化粧品・シャンプー等の指定成分、環境ホルモンとの併用の実験ですら完全にはなされていないのですから(部分的にはあるようですが)。そういったものよりは、整体との併用のほうが危険性が少ないと思うのは、私の贔屓目でしょうか。

個人的には、長年薬を飲み続けても薬がないと再発するのなら、どんな病気でも治ったとはいえないと考えてます。
基本的には、(症状がどうなろうとも)お母様のしたいようにさせてあげるのが1番と思います。
どうしても整体を受けさせたいのであれば、それに好意的な医師を探してください。医師がOKをだせばお母様も整体に行く気になると思います。
補足コメント
noname#199640

皆さん、短い間にさまざまな回答を出していただき、大変有難うございました。
今回の問いにははっきりとした回答は出ませんでしたが、わかったことは、治療を受ける際には、医者に頼るだけではなく、自分でいろいろと勉強する必要があるということでした。それは現代医学でも東洋医学でも一緒のように思います。
今までは医者の言うことは結構鵜呑みにしていました。これからは自分で調べ納得のいく治療法を見つけ、実践していく必要があるなと思っています。
勉強になりました。有難うございます。
投稿日時 - 2002-03-19 10:37:29
お礼コメント
noname#199640

大変参考になるご意見有難うございました。
結論としては、やはり民間療法について否定派と肯定派がいるということなのですね。私がここで質問させていただいたのは、もしかしたら詳しい方が、はっきり「それは危ない」と言われるかな?と思ってのことでした。主治医の意見は、人伝えに聞いたので詳しくはわかってないのですが、自分では余り納得がいかなかったので、複数の医師の意見を聞けば、納得がいくかと思ったからです。(残念ながら、実際に西洋医学で治療している方からの回答は無かったですが。。。)
でも、薬との併用の安全性について、somatechさんのようなご意見もいただけたので(私もそう思います)少し安心しました。ただ、実際取り組むまでには、もう少し勉強が必要なように感じています。

他の医師にかかるというのはなかなか難しいと思います。なにしろ、10年はかかっている主治医です。できれば、長年分かってくださっている医師のもとで行いたいと思うのですが、やはり難しいのでしょうか。どこまで否定的かも、まだ良く分かっていないので、まだ望みはあると思うのですが・・・。

>個人的には、長年薬を飲み続けても薬がないと再発するのなら、どんな病気でも治ったとはいえないと考えてます。

私もそのとおりだと思います。でも現代の医学で、そういう治療方針ってあるのでしょうか?私はアトピーで長期に通院したことがあるのですが、ほとんど直りかけであっても薬を出し続けられ、結局かなり改善したところで自主的に通うのを止めてしまいました。また薬を減らしていくような指導もありませんでした。現代医学によるそのような治療方針には、それ以来疑問を感じてしまっています。

>基本的には、(症状がどうなろうとも)お母様のしたいようにさせてあげるのが1番と思います。

そのとおりですよね。このような考えが抜けていたことに反省しきりです。。。
大変参考になりました。有難うございます。
投稿日時 - 2002-03-15 18:27:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

これが普通の方の考え方なのかもしれませんね。 医師が行う医療というものは『責任』を伴います。 それは医学に基づく、科学に基づくというものです。 ですから医療ミス・誤診などという言葉もできるわけで、医師は科学的な事実や検証され確立された事実から物事を考えるわけです。あてづっぽうや無責任な説明はしませんしその責任からできないんです。 整体というのは医療ではありません(骨がずれている…このひと言で『 ...続きを読む
これが普通の方の考え方なのかもしれませんね。
医師が行う医療というものは『責任』を伴います。
それは医学に基づく、科学に基づくというものです。
ですから医療ミス・誤診などという言葉もできるわけで、医師は科学的な事実や検証され確立された事実から物事を考えるわけです。あてづっぽうや無責任な説明はしませんしその責任からできないんです。

整体というのは医療ではありません(骨がずれている…このひと言で『非科学的』であることを立証しています。本当に背骨がずれていれば脊椎損傷で下半身不随ですよ。写真には写らないがずれている、私の指先がずれていると感じる…これは科学ではないし医学でもないのです。)
医療でなくともサービスを受ける側が納得済みで飛び込むのは止めません。しかし医師に「保証」まで求めるのはおやめなさい。無茶というものです。

マッサージやリラクゼーションが精神的な病にも有効ということは聞いたことがあります。しかしながらそれを『医師に』求めることが間違いなんです。いかれるなら患者さんや家族の責任のもとで行くことです。その結果起こることも全て家族と患者の責任です。また医師はその危険性を感じた場合は診療を中止することもあります。(責任が取れないから)
補足コメント
noname#199640

このような東洋医学的な治療を取り入れておられる専門家の方はおられないのでしょうか?また、東洋医学系の専門家の方も、もしおられたら、ご意見を伺いたいです。
これは、単なる私の思い込みですが、このような長期に渡る治療を受けている母の場合、もう薬から離れるということは、現状の治療を続けていても難しいのでは無いでしょうか?
薬は弱くなっても、半永久的に精神が安定する薬は飲みつづけることになるような気がしています。ですので、違う方向の治療を受けることで、薬の依存から抜けさせたいと考えているのですが、それは、間違っているのでしょうか?
投稿日時 - 2002-03-14 15:48:59
お礼コメント
noname#199640

回答有難うございます。
私としては、主治医に何か保証を求めている訳ではないです。ただ、相互協力が取れないのかと思ったのですが、整体が治療と認められていない現在、それは難しいということでしょうか。
自分の責任で、ということでしたら、主治医に告げずに通う方法があります。
しかし、長年お世話になっている医師を裏切ることになり、そのことによって、最悪治療を中止されてしまった場合、私たちにはなす術がありません。
もしかしたらという可能性を試す為には、そこまでのリスクを負わなければ、ならないということでしょうか。。。

ちなみに・・・背骨はズレてはいません(^^;。正しくは背骨がまっすぐでない、要は姿勢が悪い程度のものです。それを本来のまっすぐに治そうと現在矯正中ということです。
投稿日時 - 2002-03-14 15:48:16


  • 回答No.2

ariyumi99さんが通っている整体治療とは、「カイロプラクティック」の事ではないでしょうか? 私はアメリカ在住ですが、交通事故の後遺症(むち打ちなど)の治療でカイロに通った事が何度もありますが、カイロが鬱病に効くとは考えられません。 もし、お母さまが肩が凝っているとか、頭がい骨の周りの筋肉(変な言い方ですが)が凝っていて頭痛がするというなら、(私の体験から言って)カイロに行くと症状が軽くなると思 ...続きを読む
ariyumi99さんが通っている整体治療とは、「カイロプラクティック」の事ではないでしょうか? 私はアメリカ在住ですが、交通事故の後遺症(むち打ちなど)の治療でカイロに通った事が何度もありますが、カイロが鬱病に効くとは考えられません。

もし、お母さまが肩が凝っているとか、頭がい骨の周りの筋肉(変な言い方ですが)が凝っていて頭痛がするというなら、(私の体験から言って)カイロに行くと症状が軽くなると思います。

私は、ストレスが多い生活をしているので、”deep breathing"という呼吸法をして気持ちを落ち着かせる訓練をしています。この位の運動ならお勧めしてもいいような気がしますが、本当の所はわかりません。鬱病の治療を受けている方が、一般的な常識で良いとされる事をすると、悪い結果に繋がるとある方に教えて頂いたからです。

前置きが長くなりましたが、先ずはお母さまの病名を確認し、心療内科で’受けられている治療の内容を理解し、どうしてもカイロをお母さまの治療に取り入れたいとお考えでしたら、セカンド オピニオンを他の医師に求められてみたら如何でしょうか? 

私は自分の体験から、カイロ(整体だけでなく、栄養の事などもいろいろと指導される)が鬱病に効くとはどうしても考えられません。
お礼コメント
noname#199640

回答有難うございます。
私の受けている整体治療も、多分カイロプラティックに属する治療だと思います。患者さんも、むち打ち症や肩こりの方が主です。私自身も肩こりや生理痛を治すために通っています。
私が、母にもと思ったきっかけは、私も母に似て精神的に不安定になる時があるのですが、治療を受けて楽になることがあったので、もしかしたらと思ったのです。で、先生に尋ねたところ出来ますということだったのに、えらい反対にあってしまい、どうしたものかと困っている次第です。

>鬱病の治療を受けている方が、一般的な常識で良いとされ
>る事をすると、悪い結果に繋がるとある方に教えて頂いた
とのことですが、そういう例ももちろんありますが、普通の人が体に良いことをするのに悪いことは無いように思うのですが・・・。

セカンドオピニオンというのは考えてませんでした。少し調べてみようと思います。

しかし、余りに断言されてしまうと、私の信頼していた先生が嘘つきだと言われたようで、少々悲しくなってしまいました・・・が、そういうことになるのでしょうか。。。
投稿日時 - 2002-03-14 16:27:39
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 26% (519/1946)

わたしは、専門家ではありませんが、長年にわたり慢性皮膚炎や不眠症に悩まされています。現在は、漢方などを主とした代替医療を受けており、西洋薬は、一種類しか飲んでいません。 整体のみならず、様々な民間療法も、相性の合う、しかも、しっかりと研究されている先生なら、たとえば、鍼灸なども有効だと感じています。 このような治療や養生を指導されておられる先生の著書をお知らせしておきましょう。 『精神科養生のコツ』 ...続きを読む
わたしは、専門家ではありませんが、長年にわたり慢性皮膚炎や不眠症に悩まされています。現在は、漢方などを主とした代替医療を受けており、西洋薬は、一種類しか飲んでいません。
整体のみならず、様々な民間療法も、相性の合う、しかも、しっかりと研究されている先生なら、たとえば、鍼灸なども有効だと感じています。
このような治療や養生を指導されておられる先生の著書をお知らせしておきましょう。
『精神科養生のコツ』岩崎学術出版社、1999.5、46判222頁・本体価格\3,000
ISBN:4-7533-9902-8
ただし、こういう面にまで関心を寄せておられる医師は、日本でもほんとうに少ないです。
お礼コメント
noname#199640

有難うございます。
紹介していただいた本参考にしてみます。

>ただし、こういう面にまで関心を寄せておられる医師は、日本でもほんとうに少ないです。

そうみたいですね。
今回のことで、改めて実感しました。
書籍等で情報を集め、自分で判断していくしかないようですね。

参考になるご意見有難うございました。
投稿日時 - 2002-03-15 17:47:14
  • 回答No.4

大変失礼な事をしてしまいました。ariyumi99さんのご質問に投稿する前に、鬱病で悩まれている方へ申し上げました回答を参考URLに上げさせて頂きます。なぜ#2のような事を申し上げる事になったかご理解頂けたらと思います。 以前、身体と心の調子が悪い時期が私にはありました。"Deep Breathing"やヨガ(これも呼吸が大切なのですが)をやり、食べ物は農薬の残留濃度が高いとされ ...続きを読む
大変失礼な事をしてしまいました。ariyumi99さんのご質問に投稿する前に、鬱病で悩まれている方へ申し上げました回答を参考URLに上げさせて頂きます。なぜ#2のような事を申し上げる事になったかご理解頂けたらと思います。

以前、身体と心の調子が悪い時期が私にはありました。"Deep Breathing"やヨガ(これも呼吸が大切なのですが)をやり、食べ物は農薬の残留濃度が高いとされている食材を避け、英語でいうところの"holistic"な治療を心掛けるようにしてきました。私は基本的に「西洋医学」の方が、一般的な病の治療には適していると信じていますが、これを病気と呼ぶべきかと迷うような微妙な症状(私の場合は異常な疲労感と無気力でした)には、「西洋医術」よりも体質を変えることによって現状を良い方向に持っていこうとする、東洋的な考えもいいのではないかと考えています。

私は日本を離れてかなりの年月をアメリカで過ごしていますが、鬱病(clinical depression)は5人に一人が一生のうちに経験することがあるとこちらでは言われています。そして、鬱病は治療すれば直る病気だから心配しないで治療を受けるようにとも言われています。

私も今はどんな治療法あるのか調べているので、詳しい事(治療に関してどんな選択があるかなど)は何も知らないのですが、薬を服用するというのは結構大切な事だと、「チラッ」とどこかの英語のサイトに書いてありました。

私は医師ではないのでこれ以上何かと申し上げるとご迷惑かと思いますが、良かったら『ワイル博士(Andrew Weil, M.D.)』が書かれた『癒す心・直る身体』という本をご覧になってみませんか? この方は元々ハーバード大学医学部出身の医師ですが、西洋医学をベースにしながら、心や体の不調を西洋医学を越えたアプローチを生活に取り入れながら直す事を唱えていらっしる方です。アメリカでは何冊かベストセラーの本を出されているので、私も読んでみましたが、いろいろと自分の生活を見直すきっかけになりました。

再度申し上げますが、カイロに関して自分の考えを断言的な言い方をして本当に申し訳ありませんでした。あまりお役に立つことができませんでしたが、お母さまが静かな日々をお送りになられますよう、お祈りさせて頂きます。
お礼コメント
noname#199640

以前の回答を見させていただきました。
正直、私も軽い運動等が鬱病にとって悪いという知識は無かったです。runeeさんがカイロは駄目なのでは?と心配されるのも納得いたしました。
やはり下の回答については、正直戸惑ったところが大きかったです。割と断定的に書かれていたので・・・。でもこのように謝罪して下さるとは思ってもいなくて・・・。有難うございます。

知識ではなく実際の母を見ていての意見ですが、鬱病にも多分かかって早期のものと、長期に慢性化したものがあるように思います。早期のものに対しては、薬はもちろん有効だと思います。ただ、母の場合は慢性化しています。ちょうど、身体的な病気でも同じようなことがあると思うのですが、慢性化した症状については、薬で症状を押さえるだけでは完治させるのが難しいのではないでしょうか?

ちなみに軽い運動については、母は大丈夫なようです。よくテレビ等をみてダイエットの為取り組んでいます。長続きはしないようですが・・・(^^;

紹介されていた書籍もまた、探してみます。今回質問したことで、私のほうも改めて自分の知識不足・勉強不足を認識しました。時間をみつけて補っていく必要がありそうです。いろいろと考えてくださって、本当に有難うございました。
投稿日時 - 2002-03-15 18:03:17
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ