OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

鉄てすりに寄りかかったら革ジャケが…

  • 困ってます
  • 質問No.224878
  • 閲覧数225
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

初めて買った、ベージュ色の羊革ジャケットを、昨日初めて着用しました。
鉄に白いペンキを塗った椅子に数分寄りかかった後、椅子から離れようとしたら、革ジャケットと椅子の鉄の部分がくっついていました。

あとになって革ジャケットを見てみたら、グレーっぽい点が一つ出来ていました。
とてもショックです。

革と鉄は、相性が悪いのでしょうか?
革が鉄に負けて色が取れてしまうことはあるのでしょうか?
この場合、色を目立たせなくする方法はありますか?

全部じゃなくてよいので、教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 37% (77/203)

 こんばんは^^

うーん、どういうことでしょうね。
ペンキ塗りたてでは無いんですよね。
ペンキを塗る前に下地に塗るさび止めという塗料があります。
鉄骨などに塗るさび止めは普通はだいだい色のものが多いんですけど、上等のさび止めの中にグレーのものもあります。
成分として亜鉛がたくさん入っているのでグレーになるんですが、ペンキが剥がれたときに裏側にグレーのさび止めが見えることもあります。
また鉄の鋼材には『黒皮』と呼ばれるグレーの酸化膜(これは黒錆です)が付いたものがたくさんあり、「黒皮」ははがれやすいのでその上からペンキを塗ると簡単にペンキが剥がれてしまうこともあります。
この場合でもペンキの裏側がグレーに見えます。
ただ椅子のペンキが塗りたてとは考えづらいので、おそらく違う原因でしょうね。

鉄と革とは何の関係も無いと思いますよ。(確信はありませんが)
火や刃物を扱う仕事では革の手袋を使うこともあります。
豚のなめし革の白くてやわらかい手袋もありますが、鉄を持つと化学反応で色がつくなんて事はないですよ。
もちろん鉄の酸化物(赤錆や黒錆)はつきますがそれは単に『付着』です。
この場合でも錆のついた鉄そのものをもった時であって、ペンキを塗った鉄ではありません。

普通の赤錆や黒錆が革につくことで革そのものが黒く(グレーに)変色することはあるかもしれませんが良く分かりません。

どちらにしても自分で手当てできるものではないと思いますよ。
皮革の補修の専門家に相談してみてはいかがでしょうか?
お礼コメント
noname#10306

いろいろとありがとうございます。
かなりショックだったので、取り乱した質問で失礼しました。

安く買ったので、下手すると修復代のほうが高くなりそうです。
服としては充分使えるので、点がわからないくらいにいっぱい着ようと思います。
投稿日時 - 2002-03-02 21:33:19
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
ファッションへのこだわりや参考にしていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ