OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

お願いします。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.218180
  • 閲覧数40
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

大学の卒業研究でテルミンを自作しました。
来週発表会なんですけどどしても周波数が変わる原理が分かりません。
アンテナの周りに電磁波が発生しそこに電荷をもったものをちかずけるときに起きる起電力が関係あるみたいなんですけどもう少し詳しく知っている方はいませんか?
できれば式などもいれて回答が欲しいです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 24% (47/191)

参考URL↓をみてみてください。 回路図と周波数の式が出ています。 ...続きを読む
参考URL↓をみてみてください。
回路図と周波数の式が出ています。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 30% (2593/8599)

> アンテナの周りに電磁波が発生しそこに電荷をもったものをちかずけるときに起きる起電力が関係あるみたいなんですけどもう少し詳しく知っている方はいませんか? 原理は全く違います。自励発振回路に対するボディエフェクトによる発振周波数の変動を利用しています。 つまり、LC発振回路において人体の効果によってCの値が変わるようにすれば発振周波数はf=1/(2π√LC)で発振周波数が変わります。 ...続きを読む
> アンテナの周りに電磁波が発生しそこに電荷をもったものをちかずけるときに起きる起電力が関係あるみたいなんですけどもう少し詳しく知っている方はいませんか?

原理は全く違います。自励発振回路に対するボディエフェクトによる発振周波数の変動を利用しています。

つまり、LC発振回路において人体の効果によってCの値が変わるようにすれば発振周波数はf=1/(2π√LC)で発振周波数が変わります。

いわば、人体とアンテナの間の浮遊容量を利用した周波数変調なのです。
アンテナが2本ありますね。1本は音程調整用です。標準発振器との周波数差を取る事によって音程の変化範囲を広くしています。

もう一本のアンテナは音量調整用です。周波数によって発振の強さが変わるようにしておき、音量調整に使っています。

つまり、2本のアンテナで、音程と、音量を コントロールしています。
テルミンの「ヒューン」と言う連続的な音の変化がなんともいえませんね。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ