OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

社団法と財団法人の違い

  • 暇なときにでも
  • 質問No.207372
  • 閲覧数323
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 54% (46/84)

社団法人山形県観光協会とありますが、社団法人とはどんななのを言いますか
教えて下さい。また財団法人とはどのように違うのかお知らせ下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 法人とは、「自然人以外のもので法律によって権利能力を認められたもの」であリます。法人を構成するのが「人」であるのか、「財産」であるのか、による区別として、社団法人と財団法人とがあります。
 社団法人とは、人の結合体に権利能力が与えられたものです。株式会社などの会社、弁護士会、日本医師会などです。
 財団法人とは、一定の目的に捧げられた財産に権利能力が与えられたものです。特定の目的のために財産が集められ、その財産を運用してその目的を達成するための活動をします。病院などに利用されています。
 下記のHPに詳しく書かれていますので参考にしてください。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 23% (5/21)

こんにちは isokaze さん  参考URLに詳しくかかれています。 ...続きを読む
こんにちは isokaze さん

 参考URLに詳しくかかれています。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 33% (44/131)

社団法人、財団法人とも公益法人と呼ばれる団体です。 両者とも公益目的のため、監督官庁の許可を得て設立されます。 財団法人は設立の際に、その利息等でその財団法人の目的とする事業(財産管理経費等も含む。)が行えるだけの財産(基本財産といいます。)が必要になります。
社団法人、財団法人とも公益法人と呼ばれる団体です。
両者とも公益目的のため、監督官庁の許可を得て設立されます。
財団法人は設立の際に、その利息等でその財団法人の目的とする事業(財産管理経費等も含む。)が行えるだけの財産(基本財産といいます。)が必要になります。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ