OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

携帯電話にテレビチューナー内蔵は無理?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.195099
  • 閲覧数64
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 80% (231/287)

最近の最新の携帯はFOMA等、テレビ電話の機能がセールスポイントの様ですが、
なかなか使う必要のある人は限られているような気がします。
僕個人としては、是非テレビチューナーが内蔵されれば、「間違いなく売れる」携帯になると思うのですが、その様な話しは出てきませんね。
今の技術ではおの大きさに内蔵することは不可能なのでしょうか?できるとすれば、何年後くらい?
早く欲しいんですけどねぇ。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 41% (35/85)

デジタル地上波テレビが、来年にも始まるはずですが、その目玉の一つに、IMT-2000携帯でのテレビ受信があります。参考URLは総花的解説ですがとてもためになりますのでお読みください。
携帯各社はデジタル地上波普及にあわせて新製品を出すと予想できます。
ただし、デジタル地上波テレビへの移行には2000億円もかかることが判明し、テレビ局は負担しないといって総務省との話し合いが暗礁に乗り上げており、予断を許しません。
ということで、妥協点として、アナログ地上波チューナー内蔵機は、IMT-2000携帯であるなしに関わらず登場する可能性もないことはないですが、ただ、携帯各社としてはテレビ見てるだけでは通信費が稼げません。携帯は発信してもらわないと利益でないものです。
たとえば、テレビ受信だけで通話料課金したらそんな携帯だれもつかわないでしょう?
ということで、携帯でテレビはあと数年かかるでしょう。
お礼コメント
bunbunst

お礼率 80% (231/287)

かなり現実的な話題ですね。
ぜひ、クリアされて欲しい問題ですね。
投稿日時 - 2002-01-12 17:11:40
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 28% (122/425)

技術的には可能だと思います。 PCMCIA型のチューナーカード等も有りますし、アンテナの収納だけ考えれば良いと思いますので。 ただ、現時点では製造コストや開発コスト,電池寿命等の問題が有りますので、余り実用的では無いと思います。 又、携帯型TV以上の受信感度となると、かなり困難になると思います。 (TV受像機能だけで、最低でもチューナーカード以上の値段が上乗せされる事に成ると思います。) ...続きを読む
技術的には可能だと思います。
PCMCIA型のチューナーカード等も有りますし、アンテナの収納だけ考えれば良いと思いますので。

ただ、現時点では製造コストや開発コスト,電池寿命等の問題が有りますので、余り実用的では無いと思います。
又、携帯型TV以上の受信感度となると、かなり困難になると思います。
(TV受像機能だけで、最低でもチューナーカード以上の値段が上乗せされる事に成ると思います。)

電源も、FOMAの携帯は未だ現行の携帯電話程の待ち受け時間が取れないので、今後の課題でも有ると思いますね。

昔、PHSにFMラジオが内臓された物が有りましたが、飛びぬけて売れては居ませんでしたね。
そう考えると、TV受像が出来ても余り需要が増えるとは考え難いのでは無いでしょうか?
又、受信感度がかなり良くないと、移動しながらを基本としている携帯機ではかなり苦しいかも知れないです。
(実際は止まって居る時に見るのでしょうが、車内等で見る可能性も高いですよね。)
そう考えると、キャリアとしても利益が得られないし実用的で無いTV受像機を載せても、余りメリットが無い様に感じます。

方法としては、配信型のFOMA用の放送等なら現行のH/Wのままでも可能でしょうから、TV映像の有料ネット配信等なら実現するかも知れませんね。
(自分の見たい番組を見たい時に見れるなら、需要は有るかも知れませんね。)
お礼コメント
bunbunst

お礼率 80% (231/287)

FMラジオ内臓のものがあったとは知りませんでした。付加価値はあると思うのですが、結局機種が1種類とかになってしまうと他の要素で負けて買ってはもらえないのかもしれませんね。
電池寿命は大きい壁の様ですね。
投稿日時 - 2002-01-12 16:42:40


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 21% (832/3844)

1999年に韓国・サムスンにより開発されています。 2000年に発売予定だったそうですが、その後どうなったのかな。 TV Phone「SCH-M220」1.8型TFT液晶で地上波TVを受信可能。 TV視聴中に電話がかかってくると、自動的に電話に切り替わるとか。 韓国用携帯ですから、日本じゃ使えないですが。 技術的には可能でしょうけど、電池やアナログ部分との干渉などが問題なのでしょう。 ...続きを読む
1999年に韓国・サムスンにより開発されています。
2000年に発売予定だったそうですが、その後どうなったのかな。

TV Phone「SCH-M220」1.8型TFT液晶で地上波TVを受信可能。
TV視聴中に電話がかかってくると、自動的に電話に切り替わるとか。
韓国用携帯ですから、日本じゃ使えないですが。

技術的には可能でしょうけど、電池やアナログ部分との干渉などが問題なのでしょう。
もしかしたら地上波が完全デジタルとなり、内蔵のコンピュータで処理可能となったとき
TV付電話が出てくるかもしれません。
そうなると2002年から2010年くらいかな。
お礼コメント
bunbunst

お礼率 80% (231/287)

サムスンの携帯ちょっと興味がありますね。
調べてみたいと思います。
日本では使えないのが残念ですが・・・。
投稿日時 - 2002-01-12 16:49:41
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 22% (541/2399)

テレビが見たいのであれば別にポータブルテレビを持っていた方が バッテリの問題もありますしいいと思いますが。 合体していることに意味があるのでしょうか? 回路自体はかなり小さくなるので問題ないと思いますけど一番ネックに なるのはやっぱりバッテリでしょうね。 ニーズ的にもチューナーがついていれば売れるとはちょっと思えません。 ヘッドフォンステレオ持ち歩いている人が多いのにオーディオ機能 ...続きを読む
テレビが見たいのであれば別にポータブルテレビを持っていた方が
バッテリの問題もありますしいいと思いますが。
合体していることに意味があるのでしょうか?

回路自体はかなり小さくなるので問題ないと思いますけど一番ネックに
なるのはやっぱりバッテリでしょうね。

ニーズ的にもチューナーがついていれば売れるとはちょっと思えません。

ヘッドフォンステレオ持ち歩いている人が多いのにオーディオ機能付き
携帯がさほど売れてないことを考えれば(コスト的なところもありますが)
ポータブルテレビを持ち歩いていない人が多いのにテレビ付き携帯が
売れるとはちょっと考えられないのが理由です。
お礼コメント
bunbunst

お礼率 80% (231/287)

有難うございます。

携帯でテレビを見るのは緊急のケースだと思います。
スポーツの試合中継を仕事中に見たいとか等(笑)
ポータブルテレビは大袈裟だと思います。
そんなにテレビに執着してるわけでもないし、

音楽を持ち歩く人は元々少ないですし、
データの取扱など敷居が高いです。
しかし、テレビはチャンネルを合わせるだけで、
いつもの番組が見れるわけですから、
誰でも簡単に利用できるし、同じ大きさの携帯なら、
ついているに越したことは無い機能だと思います。

でも、やはりバッテリーの問題かな?
投稿日時 - 2002-01-12 17:02:35
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 18% (55/299)

ドコモなど、キャリアがチューナーを抱えて、それをテレビ電話の経路で送ってくれれば実用になります。 通信料金はかかるでしょうが、その程度が気軽に使える料金でなければ、誰もテレビ電話など使わないでしょうね。 ...続きを読む
ドコモなど、キャリアがチューナーを抱えて、それをテレビ電話の経路で送ってくれれば実用になります。
通信料金はかかるでしょうが、その程度が気軽に使える料金でなければ、誰もテレビ電話など使わないでしょうね。
お礼コメント
bunbunst

お礼率 80% (231/287)

かなり現実的そうな内容ですね。
ただ、テレビを見るのに通信料を払うのはちょっと抵抗ありますが・・・
ある意味、テレビ電話より需要があるかも?
投稿日時 - 2002-01-12 17:05:45
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この機能便利!私も使い方分からなかった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ