OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

公務員試験について。

  • 困ってます
  • 質問No.180162
  • 閲覧数196
  • ありがとう数2
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 38% (8/21)

 公務員試験を目指している方々に質問します。
 教養試験と専門試験どちらに比重を置いていらっしゃる
でしょうか?あまりにも科目数が多すぎて全て完璧にしようと
思うとノイローゼになってしまいそうです。

 あと、何割程度できれば合格だと思っていらっしゃいますか?
6~7割程度と一般にはいわれているみたいですが。これは合格
したかたにお聞きしたいです。ご回答お願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 22% (22/98)

私が受験したのは6年も前ですので、参考程度にお聞きください。 公務員試験のための予備校に通ったのですが、その際に、一般教養は範囲が広すぎるのである程度問題に慣れておく必要はあるが、点数を稼ぐには専門の方に重点をおいて勉強をしたほうが良いと言われました。 何割できれば合格かと言う点についてはその年の出来、不出来により相対的に決まりますので一概には言えないと思いますが、おっしゃる程度でよいと思いま ...続きを読む
私が受験したのは6年も前ですので、参考程度にお聞きください。

公務員試験のための予備校に通ったのですが、その際に、一般教養は範囲が広すぎるのである程度問題に慣れておく必要はあるが、点数を稼ぐには専門の方に重点をおいて勉強をしたほうが良いと言われました。

何割できれば合格かと言う点についてはその年の出来、不出来により相対的に決まりますので一概には言えないと思いますが、おっしゃる程度でよいと思います。(国家公務員か地方公務員かでも違うと思いますし)

私の場合民間も、教員採用もと、途中まで手広くやっていましたので時間がなく、消去法での勉強でした。合格に必要な点数から逆算し、落とす科目、頑張る科目を決めました。

現役を遠ざかっているし、だんだん公務員試験も厳しくなっていると聞きます。どこまで参考にしていただけるのかわかりませんが、もし、ひとりでの勉強に不安をいだいていてお金に余裕があるのでしたら、予備校をおすすめします。

仲間との情報交換、試験対策、決して無駄になるとは思いません。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 公務員試験は、都道府県と市町村でそれぞれ異なりますので、それらを含めた一般論でアドバイスします。  教養試験を重点にすべきでしょう。もちろん両方重点にすべきではありますが、それは時間的にも難しいでしょうから、教養に重点を置いて専門もある程度はがんばるって感じでしよう。  合格ラインは自治体によって幅があるでしょうが、一次試験は一定レベルの人を全員合格とします。そのご、面接などで振り分ける事に ...続きを読む
 公務員試験は、都道府県と市町村でそれぞれ異なりますので、それらを含めた一般論でアドバイスします。

 教養試験を重点にすべきでしょう。もちろん両方重点にすべきではありますが、それは時間的にも難しいでしょうから、教養に重点を置いて専門もある程度はがんばるって感じでしよう。

 合格ラインは自治体によって幅があるでしょうが、一次試験は一定レベルの人を全員合格とします。そのご、面接などで振り分ける事になります。したがって、上位何人ではなく一定以上を合格としますので、その年によって一次試験の合格者数が異なります。7~8割が目安かと思います。実際の点数は、本人に通知がありません。合格か、不合格の通知だけです。点数は、採用になってから総務の人に聞かなければわかりません。
  • 回答No.3

教養優先です。 それも、判断推理と数的処理の2点! これは早いうちにはじめて下さい(来年受験だと、今から早稲田公務員セミナーや実務教育出版の本をこなしておかないともちません)。 日本史・世界史は範囲が広いので、あまり点差はつけられません。 地理・思想・生物・地学で点差をつけましょう。 『公務員試験 思想・地理の頻出問題 改訂第2版』(実務教育出版) 『公務員試験 生物・地学の頻出問題』(実 ...続きを読む
教養優先です。
それも、判断推理と数的処理の2点!
これは早いうちにはじめて下さい(来年受験だと、今から早稲田公務員セミナーや実務教育出版の本をこなしておかないともちません)。

日本史・世界史は範囲が広いので、あまり点差はつけられません。
地理・思想・生物・地学で点差をつけましょう。
『公務員試験 思想・地理の頻出問題 改訂第2版』(実務教育出版)
『公務員試験 生物・地学の頻出問題』(実務教育出版)
あたりで過去問をこなしましょう。
数学は、高校時代に得意だったら、復習しておきましょう。
物理・化学では得点は稼げません。

専門も、まず法律と経済を優先させて下さい。
特に経済原論は、微分がわからないとあまりできません。
憲法・民法・行政法も大雑把な全体像をつかまないと話になりません。
政治学・行政学は一番後にします(もちろん、社会政策、社会学も)。

最近は人物重視なので、1次は軽い選抜と見た方がいいですね。
2次で厳しく選抜されます。私はこれで何度も落とされています(もちろん、面接の手応え、パターンはそれぞれ違いましたけど)。
人物試験と官庁訪問はぬかりなきよう。

『受験ジャーナル』のバックナンバーには、詳しく載っていますよ。
ご参考までに。

1点の差で泣いた経験者より。
『受験ジャーナル』(実務教育出版)は、合格するまで購読しましょう。
参考URLは、実務教育出版のホームページ(知らないとモグリかも)。
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 56% (9/16)

みなさんが的確な回答をしているようなので、違う観点からアドバイスさせてもらいます。「教養と専門のどちらに比重をおいたらよいか?」という質問からは、少しズレて、「重点を置くべき科目は?」ということになりますが… 1.経済原論 2.数的推理、判断推理 3.憲法 4.行政法 経済原論はコツさえつかんでしまえば、ほぼ確実に点をとれる科目です。出題数も多く、財政学もかなりカバーできるので、私は最も ...続きを読む
みなさんが的確な回答をしているようなので、違う観点からアドバイスさせてもらいます。「教養と専門のどちらに比重をおいたらよいか?」という質問からは、少しズレて、「重点を置くべき科目は?」ということになりますが…

1.経済原論
2.数的推理、判断推理
3.憲法
4.行政法

経済原論はコツさえつかんでしまえば、ほぼ確実に点をとれる科目です。出題数も多く、財政学もかなりカバーできるので、私は最も重点を置いてました。
次に数的推理・判断推理ですが、毎日問題を解いてください。少し間をあけると勘が働かなくなってしまいます。また、出題数が多いため絶対にはずせません。
あとは、憲法、行政法ですね。出題パターンがかなり決まっていますので、高確率で正答を導けます。概論をおさえて、判例と過去問をこなせばよいでしょう。

公務員試験はよく「浅く広く」といわれますが、手を広げすぎて脱線してしまうことが多々あります。最重要科目をおろそかにすることがないようにしましょう。

合格ラインは、だいたいが6~7割で、難易度の高い自治体が7~8割くらいだと思います。公務員試験の勉強はなにかと大変かと思いますが、頑張ってください。
 
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ