OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

本物??

  • すぐに回答を!
  • 質問No.168258
  • 閲覧数443
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 100% (4/4)

偽ブランドって今すっごく出回っていて、ほとんどレベルの低いものですが、
なかには、韓国、香港で造られた完成度の高いものがあるそうです。それって素材も、縫い目も、ロゴマークも完璧だそうですが、そういったものの場合、本物と
偽物の区切るものってなんなのでしょうか??保証書の有無だけで決まってしまうものなら、本物の価値って何なのでしょうか?
何か思うところや情報がある方教えて下さい。
偽物でもかまわないという考えをどう思いますか?賛同できますか?
反対ですか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 34% (63/185)

>本物と偽物の区切るものってなんなのでしょうか?? 本当のブランドの工場で作られたかどうかでしょうね。それ以上でもそれ以下でもないと思います。ブランドが品質を保証しているわけですから、そのブランドの工場で作られたことを証明するものが大切になってくるでしょう。 >保証書の有無だけで決まってしまうものなら、本物の価値って何なのでしょうか? そんなものなのではないでしょうか? 品質の良いものを作り ...続きを読む
>本物と偽物の区切るものってなんなのでしょうか??
本当のブランドの工場で作られたかどうかでしょうね。それ以上でもそれ以下でもないと思います。ブランドが品質を保証しているわけですから、そのブランドの工場で作られたことを証明するものが大切になってくるでしょう。

>保証書の有無だけで決まってしまうものなら、本物の価値って何なのでしょうか?
そんなものなのではないでしょうか?
品質の良いものを作りつづけてきたブランドが、良い評価を受けて皆が欲しがって値段が高くなっているのですから先に書いたことが重要になってくると思います。同じ材料と同じ技術で同じデザインのものを作ってもブランドじゃないというだけで何分の1の値段になってしまうわけですよね。結局ネームバリューだけで高い値段で売られているのですから、極論ですがそのネームバリューを保証されたものが価値を持つ、といったところでしょうか。

私はブランドに全然興味が無く、もちろん知識もありませんので、安くて良い物がたくさんあるのに、高くて同じようなブランド品が売れるのが不思議です。有名ブランドでも「なんじゃこりゃ?」ってデザインのものがたまにありますよね。○○鞄店とかが同じ物を作っても全く売れないでしょうが、有名ブランドが作っただけで売れてしまう。不思議じゃありませんか?
偽者を作って売る人たちは、そのネームバリューの力を借りようとしているわけですが、私はその技術を使って自分のブランドを作った方が良いのではないかと思っています。長い目で見ればその方が儲かると思うんですけど・・・。

最後に、偽者でもかまわないというのはどうしようもないですね。
ブランド品ってステイタスを買うようなイメージもあるじゃないですか?ステイタスを買うわけでもないのに似たものを持っているだけで喜ぶなんて、100円ショップの品物を1000円で買ってしまうようなものです。
しかもそのような考えの人たちが沢山いると、本物の価値があやふやになってしまい、そもそものブランド信仰が崩れてしまうと思います。偽ブランドをもって喜んでいる人たちは自分で自分の首を絞めているようなものですね。
だいたい「偽物でも品質は同じ」ならば偽物を買う必要は無いわけですよね。同じ品質の普通のメーカーの品物を買えば良いのではないでしょうか?
お礼コメント
hund

お礼率 100% (4/4)

とても参考になりました。
どうもありがとうございます。
手短ですみません。
投稿日時 - 2001-11-15 23:36:25
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (78/264)

 初めまして。 私は、基本的に反対ですが、ユーザが満足していれば構わないんじゃないかな? と思います、要は・・・本人のそのブランドに対する意識だと思います。  本物に限りなく近くそっくりで、専門家でさえ判断できかねる物をそう言う国で 作られている物を「スーパーコピー」と言うらしいです。 あるニュースで特集を組んでいて、ある鑑定家が言っていたのですが・・・ 「この微妙な色の違いを見逃したら私 ...続きを読む
 初めまして。
私は、基本的に反対ですが、ユーザが満足していれば構わないんじゃないかな?
と思います、要は・・・本人のそのブランドに対する意識だと思います。

 本物に限りなく近くそっくりで、専門家でさえ判断できかねる物をそう言う国で
作られている物を「スーパーコピー」と言うらしいです。
あるニュースで特集を組んでいて、ある鑑定家が言っていたのですが・・・
「この微妙な色の違いを見逃したら私でも見破れない、よく出来ていますね」
とコメントしているのを見て「究極の贋作」だと思いました。

 私のこだわりは、機械式時計ですが、以前こんなサイトを見つけてから、この
選択も人によっては、ありなのかな?と思いました。
正直言って驚きました、一度御覧になってみては、如何ですか?

 私は、上記の様に感じましたが、参考になりましたか?
では、失礼します。
お礼コメント
hund

お礼率 100% (4/4)

その特集、私も見ました。
そんな出来のいい偽物なんて、怖いですよね。
コメントとURLどうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-15 23:43:08
  • 回答No.3

後半のみ回答させていただきます。 私は基本的に杓子定規な人間なので... 「偽物でも構わない」 私は反対です。なぜなら偽物とがあるということは本来ブランドを作っている企業の権利侵害であることは間違いないからです。偽物を持っていてもいいと考える人はこのことに関して意識が低すぎるのではと思います。場合によっては手が後ろに回ります。 またブランド品を持っていることは、自分が金持ちであるとかレアな物を入手 ...続きを読む
後半のみ回答させていただきます。
私は基本的に杓子定規な人間なので...
「偽物でも構わない」
私は反対です。なぜなら偽物とがあるということは本来ブランドを作っている企業の権利侵害であることは間違いないからです。偽物を持っていてもいいと考える人はこのことに関して意識が低すぎるのではと思います。場合によっては手が後ろに回ります。
またブランド品を持っていることは、自分が金持ちであるとかレアな物を入手できる立場でいるといった優越感に浸れるということでしょうから偽物を持っていてもその実現は無理なのではありませんか?
まあ私もema_0222さん同様ほとんどブランド物に興味がないので...。

では。
お礼コメント
hund

お礼率 100% (4/4)

そうですよね。ほんとに偽物を持つ側の気持ちはどうなんでしょうね。
ご回答どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-15 23:55:04
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 31% (46/144)

こんな実例もあります。ブランドメーカーが、韓国や香港の工場に発注しますよね。工場では、生地があまったりB品が出たり、意図的に過剰に生産して別ルートで販売する場合もあります。同じ商品でも正規ルートで販売してない物は偽物である場合が多いです。そもそも工場管理もできないブランドは三流です。 本物と偽物を見て違いは全く無く、偽物は本物の半額で売っているなら、本物だって企業努力すればもっと安く売れます。衣料品 ...続きを読む
こんな実例もあります。ブランドメーカーが、韓国や香港の工場に発注しますよね。工場では、生地があまったりB品が出たり、意図的に過剰に生産して別ルートで販売する場合もあります。同じ商品でも正規ルートで販売してない物は偽物である場合が多いです。そもそも工場管理もできないブランドは三流です。

本物と偽物を見て違いは全く無く、偽物は本物の半額で売っているなら、本物だって企業努力すればもっと安く売れます。衣料品のD.Cブランドは、セールの半額で販売しても採算がとれます。

本当の本物は、だれも真似が出来ない完成されたものです。例えば1日100個のバッグが出来る工場で1日200個の需要があっても1日10個を丁寧に作り、10個全てが全く同じ品質であることが消費者の信頼につながり認められるのです。

僕もそうですが、本物を見極める目が欲しいです。買ってみて『一生大切にしたい物』って本当に少ないですね。
お礼コメント
hund

お礼率 100% (4/4)

私も本物を見極める目が欲しいです。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-16 00:00:50
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
ファッションへのこだわりや参考にしていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ