-PR-
  • 暇なときにでも
  • 質問No.1659853
解決
済み

リールの使い分けについて

  • 閲覧数715
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数13
  • コメント数0

お礼率 6% (192/3032)

バス釣りが趣味ですが、もうかれこれ5年以上していますが未だにスピニングリールのワーム使いです。
下手の横好きですが、そろそろハードルアーを使いこなしたいと思ってますが、その場合はスピニングではなくベイトリールを使いのでしょうか?そもそもこのリールの使い分けはなんですか?
教えて下さい。
通報する
  • 回答数13

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.12
レベル11

ベストアンサー率 46% (6/13)

>よくおかっぱりで2、3本竿を持って歩いている人をみかけますが、何故そんなに持ち歩くのですか?

色んなルアーを使いたければどうしてもベイト、スピニングと2タックル程度必要になります。
けど、普通は車に積んでおいて一本だけ持ち歩く方がおかっぱりの場合、理想だと思いますよ。
ケースバイケースですけど。
私は行くポントによって違いますけどおかっぱりでも2~3本程度もって行くことも多いですね。
けど持ち歩くのは、車から遠く離れて戻るのが大変な場合以外はまず一本です。
二本持ち歩くと効率が悪いです。
邪魔ですし。

1タックルで何でもやりたければ6ft前後くらいのM~MLパワーのカーボンベイトロッド+8LBフロロで8割くらいの釣りには対応できますよ。
まあ、行くポイントで釣り方はだいたい決まってくることが多いので持ち歩くのは1本です。
そこの釣り場を知らない人、素人や下手な人ほど、おかっぱりでたくさんのタックルを持ち歩いているように思いますね・・・
-PR-
-PR-

その他の回答 (全12件)

  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 34% (16/46)

主だった使い分けは皆さんの回答にも出ていますが、スピニングでハードも使いますし、ベイトリールでライトリグもします。今はリール性能が高いのであらゆる釣りに対応できます。 しかし、今までスピニングを使用中、糸ヨレで困ったことはありませんか? ベイトリールではルアーが回転しない限り、リトリーブによる糸ヨレがありません。その為キャストを何度も繰り返すルアーフィッシングでのベイトリールは、正にその為のリールと ...続きを読む
主だった使い分けは皆さんの回答にも出ていますが、スピニングでハードも使いますし、ベイトリールでライトリグもします。今はリール性能が高いのであらゆる釣りに対応できます。

しかし、今までスピニングを使用中、糸ヨレで困ったことはありませんか? ベイトリールではルアーが回転しない限り、リトリーブによる糸ヨレがありません。その為キャストを何度も繰り返すルアーフィッシングでのベイトリールは、正にその為のリールともいえるのではないかと思います。(これぞルアーフィッシングの醍醐味!)
どちらかと言うと、スピニングを使った、静のワームフィッシングに比べ、ハードルアーは動の釣り・攻めの釣りです。ガンガンキャストを繰り返してなんぼのハードルアーとベイトリールで新しい世界を見い出せると良いですね!

あと、私の勘違いだったら申し訳ないのですが、スピニングのドラグ耐力は一部機種を除いて、バス用ベイトリールよりも強かったと思いますが・・・。ただ、使用する糸が細いので、ギチギチに締めることなくその強さを感じませんからあまり関係ないですけど。

是非ベイトリール+ハードルアーの面白さに触れてください!


  
  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 30% (13/43)

単純にはライトリグはスピニング     ヘビーリグはベイト ベイトリールは構造上スピニングよりもパワーがあります(ドラグの強さを考えていただければ良いかと思います) ベイトは軸が回転しラインを出すので軽いルアーは投げつらいです あとハードルアー=ベイトは△かな最近流行のエリアフィッシングはハードルアーですがスピニングでなげます ...続きを読む
単純にはライトリグはスピニング
    ヘビーリグはベイト
ベイトリールは構造上スピニングよりもパワーがあります(ドラグの強さを考えていただければ良いかと思います)
ベイトは軸が回転しラインを出すので軽いルアーは投げつらいです
あとハードルアー=ベイトは△かな最近流行のエリアフィッシングはハードルアーですがスピニングでなげます
補足コメント
jyadoh

お礼率 6% (192/3032)

ドラグってなんですか?
投稿日時 - 2005-09-20 23:31:30
  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 31% (277/892)

単純に軽いルアーはスピニング 重いルアーはベイトと考えて下さい 私の場合は1/8まではスピニング(竿は3本程で使い分け)で それ以上はベイトですかね ...続きを読む
単純に軽いルアーはスピニング
重いルアーはベイトと考えて下さい
私の場合は1/8まではスピニング(竿は3本程で使い分け)で
それ以上はベイトですかね
補足コメント
jyadoh

お礼率 6% (192/3032)

初心者におすすめのリールはありますか?
投稿日時 - 2005-09-20 23:29:44
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 52% (89/169)

#3です 誤解されている方がいるので補足です。 ドラグ性能とはドラグ力(kg)ではありません。 ラインが切れないようにバスのひき(負荷)に対していかにスムーズにドラグ機能が働くかと言うことです。 最近のハイエンドモデルのベイトはかなりドラグ性能が良くなりライトラインの使用も可能となりましたが、まだまだスピニングのドラグには及びません。 それは構造上仕方がないことです。 ちなみにドラグ力も大 ...続きを読む
#3です
誤解されている方がいるので補足です。
ドラグ性能とはドラグ力(kg)ではありません。
ラインが切れないようにバスのひき(負荷)に対していかにスムーズにドラグ機能が働くかと言うことです。
最近のハイエンドモデルのベイトはかなりドラグ性能が良くなりライトラインの使用も可能となりましたが、まだまだスピニングのドラグには及びません。
それは構造上仕方がないことです。

ちなみにドラグ力も大差ないはずです。
  • 回答No.7
レベル6

ベストアンサー率 33% (4/12)

他の皆さんが具体的に使い分けをおっしゃられているので、私の体験談を言いますと、ベイトはキャストが楽しい!!おぼえたての頃は猿のように投げまくってました(笑)家にいてもピッチングの練習してましたし。 キャストも狙ったところにピンで狙いやすいのもベイトの魅力です。5年以上ということで、数は釣ってらっしゃるでしょうから、ハードで釣る嬉しさ、投げる楽しさを経験なさってはいかがでしょうか?またひとつ奥が深いバスフ ...続きを読む
他の皆さんが具体的に使い分けをおっしゃられているので、私の体験談を言いますと、ベイトはキャストが楽しい!!おぼえたての頃は猿のように投げまくってました(笑)家にいてもピッチングの練習してましたし。
キャストも狙ったところにピンで狙いやすいのもベイトの魅力です。5年以上ということで、数は釣ってらっしゃるでしょうから、ハードで釣る嬉しさ、投げる楽しさを経験なさってはいかがでしょうか?またひとつ奥が深いバスフィッシングを堪能できますよ。
  • 回答No.11
レベル7

ベストアンサー率 12% (1/8)

ハードルアーを使うのであれば、ベイトリールです。 やっぱりパワーがありますし、糸ヨレが少ないからいいと思います。リールを選ぶんでしたら、シマノの スコーピオン1000をおすすめします!!これは、小型ルアーから大きいルアーまで使いやすいので。お値段は1万2千円ぐらいで、この性能です!!あとは 自分しだいですね。
ハードルアーを使うのであれば、ベイトリールです。
やっぱりパワーがありますし、糸ヨレが少ないからいいと思います。リールを選ぶんでしたら、シマノの
スコーピオン1000をおすすめします!!これは、小型ルアーから大きいルアーまで使いやすいので。お値段は1万2千円ぐらいで、この性能です!!あとは
自分しだいですね。
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 52% (89/169)

【ベイトタックル】 ベイトリールはスピニングリール比べて構造上、巻き取りパワーがあります。 しかしスプールが回転してルアーを飛ばす構造ですので一般的には軽量ルアーにはあまり向きません。 ですから中重量ルアーや巻き取りに負荷のかかるハードルアー(ディープクランクなど)やバスを一気に引きずり出さなくてはいけない立ち木などのヘビーカバーのパワーフィッシングに最適と言えます。 ただ最近の高性能ベイトリール ...続きを読む
【ベイトタックル】
ベイトリールはスピニングリール比べて構造上、巻き取りパワーがあります。
しかしスプールが回転してルアーを飛ばす構造ですので一般的には軽量ルアーにはあまり向きません。
ですから中重量ルアーや巻き取りに負荷のかかるハードルアー(ディープクランクなど)やバスを一気に引きずり出さなくてはいけない立ち木などのヘビーカバーのパワーフィッシングに最適と言えます。
ただ最近の高性能ベイトリールはかなりの軽量ルアーもある程度投げれます。
軽量ルアーもライトラインでベイトで扱うのが流行り?かも。
使用ラインの目安は6~30LB(フロロ、ナイロン)くらいが目安です。
(昔は6LBは完全にスピニングの領域でした)

【スピニングタックル】
お使いでしたらご存知かと思いますが、一応。
基本的に軽量ルアー(軽量ワーム)などのライトフィッシングと呼ばれる繊細な釣りに最適です。
リールの構造上、パワーはありませんが、ドラグ性能は一般的にベイトより優れていて細いラインでのやり取りに向いています。
使用ラインの目安は3~10LB(フロロ、ナイロン)くらいが目安です。

【結論】
ベイト:パワーがあるが軽量ルアーにはあまり向かない
スピニング:パワーはないが軽量ルアーに最適

てな感じですね。
ベイトは最初はバックラッシュ(糸がキャスト時にリール内でグチャグチャにからまる)と言う誰もが避けて通れない問題に直面すると思いますが、慣れればバスフィッシングの幅を大きく広げてくれると思います。
蛇足ですが最初に購入するベイトリールは遠心タイプよりマグタイプのブレーキのリールの方がよろしいかと思います。
ブレーキ設定が簡単で初心者には扱いやすいです。

では頑張ってください。
補足コメント
jyadoh

お礼率 6% (192/3032)

<最初に購入するベイトリールは遠心タイプよりマグタイプのブレーキのリールの方がよろしいかと思います。

おすすめのリール教えて下さい
投稿日時 - 2005-09-20 23:32:32
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 33% (2/6)

良い回答が出ているのですが、付随するとスピニングは非常に細かく繊細にルアーを操作出来ます。 スピニングロッドはリールを付けて持った時にガイドが下に向き、リールも下に向きます。 リールが下を向くとリールを支点にして楽に穂先を振ること(シェイク)が出来ます。ガイドが下を向くとブランクス(竿本体)に糸があまり当たらないため、糸ふけがたくさん出てより細かいシェイクが出来ます。 ベイトでも出来ないことは無 ...続きを読む
良い回答が出ているのですが、付随するとスピニングは非常に細かく繊細にルアーを操作出来ます。
スピニングロッドはリールを付けて持った時にガイドが下に向き、リールも下に向きます。
リールが下を向くとリールを支点にして楽に穂先を振ること(シェイク)が出来ます。ガイドが下を向くとブランクス(竿本体)に糸があまり当たらないため、糸ふけがたくさん出てより細かいシェイクが出来ます。

ベイトでも出来ないことは無いけど、やはりスピニングに軍配が上がります。圧倒的に楽です。

ハードプラグ(その竿に合ったルアー)をスピニングで投げ、穂先をやや上に向け、シェイクしながら操作し、ゆっくり巻くとルアーがその場で首を振ったりしてとても具合がよく、ボコボコに釣れます。僕は今年、こればっかりでした。

あと、スピニングは魚とのやりとりが楽しいです。50UPが掛かったら、ドラグを緩めたり、ハンドルを逆回転させたりして大忙しですが、揚げたらもう最高に気持ちいいです。

デメリットは構造上、どうしても糸よれが起きてしまうのと、リール自体が高価なことですね。私がスピニングに感じている事です。

うまく説明出来なかったのですが、参考になれば幸いです。
補足コメント
jyadoh

お礼率 6% (192/3032)

よくおかっぱりで2、3本竿を持って歩いている人をみかけますが、何故そんなに持ち歩くのですか?
投稿日時 - 2005-09-25 00:25:19
  • 回答No.9
レベル11

ベストアンサー率 52% (89/169)

#3です。 現在積極的にマグブレーキを採用しているのはダイワです。 シマノは初心者向け以外は全部が遠心ブレーキです。 ダイワでは遠心ブレーキは今はないはずです。 もちろん予算が許す限り、高いリールの方が良いですが、まあ、永くお使いになられたいのなら、TD-S、TD-X、アルファスあたりが値段もお手頃で性能も悪くなく良いかと思います。 このリールでベイトに慣れればあとは好みでシマノの遠心も試される ...続きを読む
#3です。
現在積極的にマグブレーキを採用しているのはダイワです。
シマノは初心者向け以外は全部が遠心ブレーキです。
ダイワでは遠心ブレーキは今はないはずです。
もちろん予算が許す限り、高いリールの方が良いですが、まあ、永くお使いになられたいのなら、TD-S、TD-X、アルファスあたりが値段もお手頃で性能も悪くなく良いかと思います。
このリールでベイトに慣れればあとは好みでシマノの遠心も試されると良いかと思います。
シマノとダイワは一長一短ですが、この二大メーカーにしておけば間違いないです。
補足コメント
jyadoh

お礼率 6% (192/3032)

よくおかっぱりで2、3本竿を持って歩いている人をみかけますが、何故そんなに持ち歩くのですか?
投稿日時 - 2005-09-25 00:26:49
  • 回答No.10
レベル11

ベストアンサー率 52% (89/169)

#3です ついでに、糸ヨレについて。 糸ヨレは基本的にベイトでは構造的にスピニングと違い発生しません。 (ルアーが回転してる場合などは別) スピニングの糸ヨレは構造上避けて通れませんが、糸ヨレがしにくいのは間違いなくシマノよりダイワです。 糸ヨレ防止対策機能が一歩リードしています。 しかも同レベル機種で比べると軽いです。 ただシマノの方が作り(剛性、精度)はしっかりしています。
#3です
ついでに、糸ヨレについて。
糸ヨレは基本的にベイトでは構造的にスピニングと違い発生しません。
(ルアーが回転してる場合などは別)
スピニングの糸ヨレは構造上避けて通れませんが、糸ヨレがしにくいのは間違いなくシマノよりダイワです。
糸ヨレ防止対策機能が一歩リードしています。
しかも同レベル機種で比べると軽いです。

ただシマノの方が作り(剛性、精度)はしっかりしています。
12件中 1~10件目を表示
  • 回答数13
このQ&Aで解決しましたか?

関連するQ&A

-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ