OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

血液検査

  • すぐに回答を!
  • 質問No.154808
  • 閲覧数223
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 9% (2/22)

 よくドーピング検査で陽性反応が出て、、とかの記事が
ありますが(高原選手のこととか)、通常僕たちが受ける
健康診断の時とかの血液検査、尿検査と薬物使用の検査と
はどう違うのでしょうか?先日の新聞をみて疑問に思い
ました。教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

ドーピングの対象となる薬物は多数あります。
ホルモン剤、興奮剤、これらの痕跡を消すための利尿剤‥
そして国家レベルでドーピング検査にひっかからない薬物を開発するところも少なくはないというのが現状ですネ。
通常の血液検査や尿検査では特にドーピング対象薬剤の検出は行ないませんが、逆にスポーツ選手のドーピング検査の場合は、対象薬物一覧についての検査を行なうのです。
採尿の場合も検査官が横にいる状態で採尿を行なうという方法で入れ替えを防止しています。
対象となる物質は年々増え続けていますので、検査は大変でしょうネ。
また、検査の陽性というのは何等かの対象物質の確認試験が陽性であったということであり、その場合にはきちんとした定量試験が行われることになりますネ。
そしてホルモン剤のように通常のヒトからも検出される成分では故意に使用したことが証明できるレベルかどうかについての判定が行なわれるわけですネ。
コーヒーやお茶に含まれるカフェインも興奮剤としての対象となりますし、風邪薬によく配合されるエフェドリンなども興奮剤として検査対象となっています。
ですから、チームドクターの知識が乏しい場合、過去に日本のバレーボール選手がエフェドリンで引っかかったようなことが起こるのですネ(葛根湯を飲んだためにエフェドリンが検出され、もめたことがありましたネ)。
血液中や尿中の薬物濃度を測定する技術はどんどんと進んでいます。これらの分析方法は一般の血液検査や尿検査のものと項目も手法も全く異なるものです。
以上kawakawaでした
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

「ドーピング検査」では使用禁止の薬剤に注目して分析をしています。 一般の「血液検査」・「尿検査」ではそのような薬剤の濃度測定までは行いません。 あるいは分析方法が異なります。 補足お願いします。
「ドーピング検査」では使用禁止の薬剤に注目して分析をしています。
一般の「血液検査」・「尿検査」ではそのような薬剤の濃度測定までは行いません。
あるいは分析方法が異なります。

補足お願いします。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

日本でドーピング検査を行っている企業は三菱ビーシーエルでそこの案内に詳しく記載されています。「MBCの事業」の「ドーピング検査」の項を参照下さい。 ...続きを読む
日本でドーピング検査を行っている企業は三菱ビーシーエルでそこの案内に詳しく記載されています。「MBCの事業」の「ドーピング検査」の項を参照下さい。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ