OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

電子クーポンと飲食店の売上

  • すぐに回答を!
  • 質問No.136795
  • 閲覧数177
  • ありがとう数5
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 25% (3/12)

最近みかける携帯電話での飲食店のクーポンやアンケートの配信による、売上への効果はどのような現状でしょうか?
具体的に成功例が欲しいのですが、、
通報する
  • 回答数1
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 48% (106/217)

Plaparaさん、こんにちは。 う~ん。成功例…見ないですねぇ~。 まだ、発展途上の分野ではないでしょうか? TSUTAYA Onlineが評価を得ている様ですが、ご質問とは少し毛色が違いますしね。 いわゆるクリック&モルタルでの、「実店舗への顧客誘因」ってヤツですよね。 参考URLのアンケートを見て「う~ん、なるほどね。」と思ったんですが、新規客や得意客未満のお客さまを店舗に誘因する ...続きを読む
Plaparaさん、こんにちは。

う~ん。成功例…見ないですねぇ~。
まだ、発展途上の分野ではないでしょうか?
TSUTAYA Onlineが評価を得ている様ですが、ご質問とは少し毛色が違いますしね。

いわゆるクリック&モルタルでの、「実店舗への顧客誘因」ってヤツですよね。
参考URLのアンケートを見て「う~ん、なるほどね。」と思ったんですが、新規客や得意客未満のお客さまを店舗に誘因するには「電子クーポン」は相性が悪いと思います。(個人的な考えですよ)
理由は、
(1)到達範囲が限定されている
(2)ユーザにとって手間がかかる       です。
携帯ユーザでかつ、そのサイトにアクセスした人に限定されてしまうので、店舗まで誘引できるお客さまの総数を、ある程度確保するにはチト辛いと思うんですね。よほどアクセスの多い人気サイトである必要があると思います。
このハードルを越えたとして、次にクーポンの画面をダウンロードするなどの「手間」というハードルを越えないといけません。でもこれはプリントアウトよりは簡単ですね。

私としては「携帯クーポン」は新規客や得意客未満の客を誘因するのではなく、「既存客の固定化」や「顧客シェアの拡大」の方が有効であると考えています。
アンケートによると「割引率が低い」や「せこい割引きなら使う気がしない」とあります。
これの対処方法として割引率を上げるとすると、それに耐える粗利が必要となり、新規や一見の客には馴染みません。やはり、ある程度の粗利を稼げる「お得意さま」でないと無理でしょう。
また、「インターネットを利用しているものだけが利用できるものなので、すごく得した気分になります。」を逆手にとって、「お得意さまだけに」という得意客意識をくすぐる事もでき、ダウンロードの手間を忘れさせます。
店舗の会計をマクロで見ても、全ての客を5%割引くより、得意客を10%割引く方がトータルで損金が安くつきます。(一般的な例ですが)

以上の事から、「携帯クーポン」は得意客向きのSPと言えると思います。

しかし、この分野の成功例が今後も出てこないとは限らないので、見守って行きましょう。(^^)/~


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ