OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

メラニン色素の化学式

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1337
  • 閲覧数2552
  • ありがとう数35
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/20)

化粧メーカーで研究をしている連れから、現在メラニンの化学式は解明されて
いないと聞きました。人の遺伝子の内容が解明されつつある現在、素人
にはちょっと信じられない話なのですが、化学式を調べるのってそんなに
難しいことなのでしょうか?
そもそも物質の化学式ってどのようにして解析されるのですか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 33% (2/6)

メラニン色素の化学式が解明されていないというのがどこまでのことを表現しているのかわかりませんので、まず化学式について説明しましょう。 化学式とは原子記号を用いて物質を表示する式の総称です。総称には実験式・分子式・示性式・構造式などが含まれます。化学式が解明されていないという表現には 1.どのような組成で出来ているのか判らない 2.組成はわかっているのだが、壊れやすくて構造まではわかっていない など ...続きを読む
メラニン色素の化学式が解明されていないというのがどこまでのことを表現しているのかわかりませんので、まず化学式について説明しましょう。
化学式とは原子記号を用いて物質を表示する式の総称です。総称には実験式・分子式・示性式・構造式などが含まれます。化学式が解明されていないという表現には
1.どのような組成で出来ているのか判らない
2.組成はわかっているのだが、壊れやすくて構造まではわかっていない
などのいろいろな状態があります。
化学式を調べる方法は沢山ありますが、一番標準的な方法は
1.目的の物質を純粋なものに分離する
2.分離したものを解析する
という手順を踏みます。
純粋に分離するというのは結構(相当?)難しいことで、分離の最中に組成が変わってしまっては意味が無いために、目標物資の性質(アルカリ可溶?親水性?など)や反応経路をしっかり考察しながら、解析するに足る量を得ることが必要です。
次に解析ですが、IR分析、NMR分析、MSスペクトル、各種クロマトグラフィなど目的に応じて実に多用です。これらに共通して言えることは、目的の物質の個々のパーツを特定しながら、全体像をパズルの様に構成することです。
文字数の都合からあまり詳しいことがかけませんでしたが、上記の流れが化学式解析の基本的な流れです。
参考までにメラニン色素(髪の毛の中では顆粒で存在)の出来方について記述したPageを
見つけましたので下記に示しておきます。
補足コメント
j0ta

お礼率 0% (0/20)

とても参考になりました。ありがとうございます!
質問の内容が少しあいまいでしたね。私は化学式=構造式と単純に考えて
いましたが、連れがどれをイメージしていたかは不明です。
話は変わりますが参考資料のURL,とても面白いですね。実は www.ne.jp
ドメインなのですね。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ