OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

住宅の騒音問題について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1310
  • 閲覧数967
  • ありがとう数46
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

私は、大阪市に在住し、現在、市営住宅に入居しております。1年ほど前階上の方が引っ越してこられ、それから毎日のように騒音に悩まされています。上の方には、中二と小四のお子さんがおられ、昼間は友達と、夜は兄弟で「ドタバタ・・」と言う風になるようです。たまりかねて抗議に行ったこともありますが、親御さんもあまり細かい事は気にしない性格らしく一週間もすれば元の状態に戻っています。幾度にもなると抗議に行く方が気を使ってしまいます。都市整備公団にも電話しましたが公務員的な質問・回答で解決できそうもありません。何か合法的な処置はないものでしょうか、みなさまのよきアドバイスをお待ちしております。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 26% (5/19)

騒音の問題はモラルという人間同士の理解が無ければ 解決しないものだと思います。 人間の聴覚は個人によってさまざまです。 一般的な話であったとしても老人になったときに難聴に あり傾向がありますが、聴覚は変化するものであり 個人レベルで不快感はさまざまである。 ということをまず知るべきでしょう。 さて、相手方の問題として子供がいるということで ドタバタ騒ぐ。このあたりは注意してもなかな ...続きを読む
騒音の問題はモラルという人間同士の理解が無ければ
解決しないものだと思います。

人間の聴覚は個人によってさまざまです。
一般的な話であったとしても老人になったときに難聴に
あり傾向がありますが、聴覚は変化するものであり
個人レベルで不快感はさまざまである。
ということをまず知るべきでしょう。

さて、相手方の問題として子供がいるということで
ドタバタ騒ぐ。このあたりは注意してもなかなか
いき届かないのも現実ですね。

しかし、近隣がいるということを周知しなければなかなか
迷惑が伝わりません。

市営住宅の中で話し合うことが重要ですね。
仮に迷惑をしているのが1人だけの場合、その要望は
伝えずらいですが、どのくらいの騒音であるか、その家族の
方に理解して貰うことも重要です。

マンションであれば組合などの管理団体があると思います。
精神的に騒音で悩むことがあります。
その結果、最悪犯罪になることもあるので、個人で悩まず
廻りの方と相談して、マンション全体として取り組むことが
解決案の一つでしょう。

金額的に対応できるのであれば、引っ越すというのが
即効的です。
資金面で負担がありますが、精神的な問題まで抱える
よりはよいかもしれません。

参考になれば幸いです。
評価頂ければ嬉しくおもいます。
  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 23% (6/26)

それにしても、上階の騒音に悩んでいる方、多いですね。 (他の方の騒音の質問にも、私のほかに回答がそれぞれあります。ご参考までに) 市営の住宅だと、「だったら出ていけば」みたいなことを言われる所もあるそうで・・ 市営に入りたい人が多いでしょうから、個人や民間の住宅とちょっと異なりますよね。 やはり、契約書約款等片手に、公団に直談判するしかないかもしれません。 電話では、はぐらかされてしまいます ...続きを読む
それにしても、上階の騒音に悩んでいる方、多いですね。
(他の方の騒音の質問にも、私のほかに回答がそれぞれあります。ご参考までに)

市営の住宅だと、「だったら出ていけば」みたいなことを言われる所もあるそうで・・
市営に入りたい人が多いでしょうから、個人や民間の住宅とちょっと異なりますよね。
やはり、契約書約款等片手に、公団に直談判するしかないかもしれません。
電話では、はぐらかされてしまいますから。
どの程度ひどいかを、わかってもらうことが先決ではないかと思います。
頼りにならない意見で、申し訳ないのですが。。。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ