OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

dhcpdで接続出来ない??

  • すぐに回答を!
  • 質問No.127862
  • 閲覧数333
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 59% (55/92)

RedHat7J、dhcpdの設定は上手くいっているようなの
ですがwin側で適切なipを拾ってくれません。

結線:
Linux NICx2 
eth0ストレート->HUB8(pc) HUB1<-ストレート(2k&98)

linux側:
dhcpdの/log/messagesにはエラーらしき記述はなし
route add -host 255.255.255.255 eth0を実行済み

range 192.168.1.17~24
mask 255.255.255.0 のレンジに設定


win側:
「IPを自動取得」にチェック
dhcp=yes
ip 268~~~<身に覚えのないIP
mask 255.255.0.0 <何故か0.0

IPは一定なのですが、linux側に火が入っていなくとも
同じIPになっているので、拾っているというよりはロスト
している、という印象があります。

2kでも98でも同じ結果です。

ネット中を駆け巡り原因を究明しようとしたのですが
解決せず今にいたります。ほとほと困っております。

何卒よろしぅです(泣。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 62% (59/94)

WIN側で、WINIPCFGを起動し、 すべて解法→すべて書き換え を行ってみてはどうでしょうか? 安易すぎ?
WIN側で、WINIPCFGを起動し、
すべて解法→すべて書き換え
を行ってみてはどうでしょうか?

安易すぎ?


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 43% (280/638)

お困りの様子ですね。 お答えする前に、環境を構築した上でお答えします。 ただし、文面は、eth0をWAN側、すなわち、Linuxは、DHCPクライアント、 eth1にDHCPサーバの役割を持たせ、eth0と、eth1の間をブリッジすると理解してよろしいでしょうか? RedHat 7.1JにNICを2枚準備して、導入しました。eth0は、導入時に設定しました。 eth1については、以下の事を行 ...続きを読む
お困りの様子ですね。

お答えする前に、環境を構築した上でお答えします。
ただし、文面は、eth0をWAN側、すなわち、Linuxは、DHCPクライアント、
eth1にDHCPサーバの役割を持たせ、eth0と、eth1の間をブリッジすると理解してよろしいでしょうか?
RedHat 7.1JにNICを2枚準備して、導入しました。eth0は、導入時に設定しました。
eth1については、以下の事を行ってから設定しました。

2つの問題点があります。
1./etc/dhcpd.confファイルを作成します。
2./etc/dhcpd.leasesの空のファイルを作成します。

/etc/rc.d/init.d/dhcpd
は存在する事を前提にして、先に勧めます。もし、無ければ、LinuxのRPMSから、dhcp-2.0p15-i386.rpm(これは、dhcpサーバデーモンを/etc/rc.d/init.d/dhcpd作成します。)

dhcpd.confの内容

# option definitions common to this shared network.
iotuib sybbet-nasj 255,255,255,0:

# option definition common to all supported networks...

shared-network hoge(hoge:ホスト名) {

default-lease-tim 6000:
max-lease-time 72000:

subnet 192.168.1.9 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.1.17 192.168.1.24
option broadcast-address 192.168.1.255
option routers 192.168.1.1
}
}

/etc/dhcpd.leases
のファイルを作成
# touch /etc/dhcpd.leases

これで、準備完了です。
# /etc/rc.d/init.d/dhcpd start

コンソールから、# netcfg
をひらいて、eth1のプロトコールを"dhcp"にして、起動時にアクティブするように、チェックを入れてください。

一応、Linuxを再起動してください。
ブートの際、eth0、eth1のところで、時間がかかるかもしれませんが、じっと、がまんです。
rootでログインをして、/etc/rc.d/init.d/dhcpd start
を入力すれば、リモートのPCは、IPを取得できるはずです。

ちょっと、時間がなくなりましたので、おかしなところを修正版を、今夜中にアップします。

とりあえず。

では、では,

ojin
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 43% (280/638)

特に追加することはない様ですが、再度、各項目に解説を加えました。 DHCP構成は、いろいろ方法があるとはおもいますが、私は、以下のようにして、動作させました。 RedHat Linux(7.1J)にネットワークカード2枚構成にして、WAN側は、DHCPクライアント、IP側は、DHCPサーバとして構成する。Linuxは、同時に、ブリッジ(2のネットワークの橋渡し)として動作する。 1./ ...続きを読む
特に追加することはない様ですが、再度、各項目に解説を加えました。

DHCP構成は、いろいろ方法があるとはおもいますが、私は、以下のようにして、動作させました。

RedHat Linux(7.1J)にネットワークカード2枚構成にして、WAN側は、DHCPクライアント、IP側は、DHCPサーバとして構成する。Linuxは、同時に、ブリッジ(2のネットワークの橋渡し)として動作する。

1./etch/rc./init.d/dhcpd
dhcpdが存在する事を確認する。無い場合は、RedHatのCDROMから、
dhcp-2.0p15-4.i386.rpm (dhpcサーバ・デーモン)をインストール
     する。
# rpm –ivh dhcp-2.0p15-4.i386.rpm(RedHatのバージョンが異なる
     とこのバージョンも変わるので、参考)

     dhcpcdのrpmがあるが、これは、dhcpのクライアント・デーモンであ
     るので間違えないようにする必要がある。

2./etc/dhcpd.confの作成
dhcpd.confは、自動的に作成されないので、新規に作成する。
詳細は、manページで、dhcpd.confを参照

# dhcpd.conf
#
# Configuration file for ISC dhcpd
# server-identifier work.hoge.co.jp

# option definitions common to all supported networks…
# option domain-name “hoge.co.jp”:
# option domain-name-servers work.hoge.co.jp

shared-network hoge(導入の時につけた名前) {

# option definitions common to this shared network.
option subnet-mask 255.255.255.0:
(ネットワークのサブネットマスク:1事例-クラスにより異なる)
default-lease-time 6000:
(IPを貸し出すディフォルトの有効期間:単位は秒)
max-lease-time 72000:
(IPを貸し出す最大有効期間を設定:単位は秒)

subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
(対象となるネットワークのネットワークアドレスと、ネットマスクを
     設定)
range 192.168.1.17 192.168.1.24:
  (IPを貸し出す範囲の設定)
option broadcast-address 192.168.1.255:
(ブロードキャストアドレス、アドレスは、ホストアドレスが全て
      1のアドレス、すなわち、255)
option routers 192.168.1.1
(ルータのアドレス)
}
}


2./etc/dhcpd.leases
dhcpdが使用するので、空のテキストファイルとする。
# touch /etc/dhcpd.leases
以上で設定は終わり。

3.dhcpdの起動と停止
# /etc/rc.d/init.d/dhcpd { start | stop }

4.ネットワークアダプターの設定
1枚目のネットワークアダプターは、RedHat導入時(eth0として)に
     設定できるが、2枚目は、
# netcfg(RedHatの場合、コンソールからコマンドを用いて、
     メニューから設定する。)
“Interfaces”タブを選択して、”Add”で”eth1として”
     ネットワークを構成する。

# ifconfig(このコマンド、lo、eth0、eth1の構成ほ表示できる。)

5./etc/rc.d/init.d/dhcpd startの自動スタート
ヒントだけ与えておきます。すなわち、
  起動スクリプトに記述すれば自動スタート可能。


では、では、頑張ってください。
ojin
お礼コメント
say_no

お礼率 59% (55/92)

server-identifier nerimaserver;

#shared-network nerimaserver {
#option subnet-mask 255.255.255.0;
#default-lease-time 21600;
#max-lease-time 43200;
#subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
#range 192.168.1.16 192.168.1.240;
#option broadcast-address 192.168.1.255;
#option routers 192.168.1.1;
#}
#}

家ではeth0がLanです。

こんな感じで設定、無事startし[ok]は出ます。

interface ip proto atboot active
eht0 192.168.1.1 dhcp no inactive

となっており、気になるのは自動起動にしているせいかinactiveに
なってしまうことです。

いったいどうしてなのかさっぱり解りません(泣
投稿日時 - 2001-09-10 17:11:40
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 36% (86/235)

私も、Redhat7Jで、同じように使っていますが、以下に設定を記述しますので参考にしてください。 /etc/dhcpd.conf # DHCP Configuration File # Generated by TurboDHCPCfg v1.0 # Generated on Sun Dec 3 17:20:23 2000 # subnet 192.168.10.0 netmask ...続きを読む
私も、Redhat7Jで、同じように使っていますが、以下に設定を記述しますので参考にしてください。
/etc/dhcpd.conf
# DHCP Configuration File
# Generated by TurboDHCPCfg v1.0
# Generated on Sun Dec 3 17:20:23 2000
#


subnet 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.10.110 192.168.10.150;
default-lease-time 21600;
max-lease-time 43200;
option subnet-mask 255.255.255.0;
option broadcast-address 192.168.10.255;
option routers 192.168.10.1;
option domain-name-servers 192.168.10.1;
option domain-name "kondo.local.net";
option time-offset 0;
option ip-forwarding on;
}
それから、うまくいかなくて起動スクリプトを変更した覚えがあります。
/etc/init.d/dhcpd
#!/bin/sh
#
# dhcpd This shell script takes care of starting and stopping
# dhcpd.
#
# chkconfig: - 65 35
# description: dhcpd provide access to Dynamic Host Control Protocol.

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network

# Check that networking is up.
[ ${NETWORKING} = "no" ] && exit 0

[ -f /usr/sbin/dhcpd ] || exit 0
[ -f /etc/dhcpd.conf ] || exit 0
[ -f /var/lib/dhcp/dhcpd.leases ] || exit 0

RETVAL=0

start() {
# Start daemons.
echo -n "Starting dhcpd: "
daemon /usr/sbin/dhcpd eth1(ここのところだったと思う)
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL -eq 0 ] && touch /var/lock/subsys/dhcpd
return $RETVAL
}

stop() {
# Stop daemons.
echo -n "Shutting down dhcpd: "
killproc dhcpd
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/dhcpd
return $RETVAL
}

# See how we were called.
case "$1" in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
restart|reload)
stop
start
RETVAL=$?
;;
condrestart)
if [ -f /var/lock/subsys/dhcpd ]; then
stop
start
RETVAL=$?
fi
;;
status)
status dhcpd
RETVAL=$?
;;
*)
echo "Usage: dhcpd {start|stop|restart|condrestart|status}"
exit 1
esac

exit $RETVAL
お礼コメント
say_no

お礼率 59% (55/92)

subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.1.16 192.168.1.240;
default-lease-time 21600;
max-lease-time 43200;
option subnet-mask 255.255.255.0;
option broadcast-address 192.168.1.255;
option routers 192.168.1.1;
option domain-name-servers 192.168.1.1;
option domain-name "nerimaserver";
option time-offset 0;
option ip-forwarding on;
}
の通りで実行しました。
dhcpd startで[ok]と出て設定は間違いない模様ですが。。

daemon /usr/sbin/dhcpd eth1(ここのところだったと思う)
家ではeth0がLanですのでeth0としていますが、これだとエラーが出るようです。
くじけずいろいろ試したのですが、ちょっと限界を感じてます。
投稿日時 - 2001-09-10 16:58:13
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 43% (280/638)

ojinのサンプルでは、#行はコメント行です。 いかの'#'は、rootユーザプロンプトです。 # etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 # etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 これらは、コマンドラインから、# netcfgで構成した、内容が反映されます。 ifcfg-eth0(st ...続きを読む
ojinのサンプルでは、#行はコメント行です。

いかの'#'は、rootユーザプロンプトです。
# etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
# etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
これらは、コマンドラインから、# netcfgで構成した、内容が反映されます。
ifcfg-eth0(static設定)の内容は、

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.1.255
IPADDR=192.168.1.13
NETWORK=192.168.1.0
ONBOOT=yes

ifcfg-eth1(dhcp設定)の内容
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROT=dhcp
BROADCAST=192.168.1.255
NETWORK=192.168.1.0
NETMASK=255.255.255.0
IPADDR=192.168.1.17
USERCTL=yes

WAN側のISPのDNSを使用するのであれば、
# /eyc/resolv.conに
nameserver XXX.XXX.XXX.XXX
と記述すべきです。


ネットワークの環境が正しく設定されていれば、
# ifconfigで

lo
eth0
eth1
の各詳細情報が表示されます。

dhcpデーモンの起動、停止は、
# /etc/rc.d/init.d/dhcpd [start | stop]
です。
一度、'active'になったものが、'inactive'になるのは、ネットワークが正しく動作していないためと思います。

現在のテスト環境は、

CATV <-> CATV Modem <SW HUB> 無線LANルータ <SW HUB>
Linux(eth0: Static IP - WAN側)
(eth1: DHCP - LAN側) <Cross Cable> DHCP Client PC

めげずに頑張りましょう。
お礼コメント
say_no

お礼率 59% (55/92)

ところが…


ifcfg-eth0(dhcp設定)の内容を
上記の通り設定してみましたが、逆に
Determine IP Infomation
と出て、起動時にエラーを出すようになってしまいました。改定前はyes両部分がnoになってました。

家ではADSL回線を使用していますが、eth0、eth1両方とも接続できます。これはネットワークボードを認識して、ケーブルも正しいことを示唆すると思います。

クライアントのほうでもフレッツで接続できますので問題なさそうです。

純粋なソフト上の問題なのだと思いますが…
さて、もうどうしようもないですね。

残念ですが、めげそうです。
フォーマットして、悔しいですけれど高いお金出して2000サーバでも入れようかな、と頭をよぎったり(笑

本当、めげそうです。
初心者を「タコ」と呼び馬鹿にする風潮も好きになれません(笑
投稿日時 - 2001-09-20 00:10:34
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ