OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

ミックスボイス

  • 困ってます
  • 質問No.119111
  • 閲覧数914
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 48% (56/116)

私は男声合唱団に所属してバスをやってる者なのですが、
高音を出す方法にミックスボイスというのがあると聞きました。
それは地声と裏声をミックスさせたボイスらしいですが、
そのトレーニング方法を教えて頂けませんか?
何でバスなのに高音を出したいのかは考えないで下さい(笑)。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 59% (121/203)

同じ音程で共鳴ポイントを変えないようにファルセットと地声を繰り返しなんども発声します。 だんだん地声での声帯接点を薄くしていきファルセットと地声の境目がなくなるまで(境目が分らない)近付けていきます。 ファルセットと地声のちょうど中間あたりがミックスボイスですが中間にも幅があり、鍛練する事によりどちら寄りなのかコントロールできるようになりますよ。 ちなみにいきなり高音部でやると難しいので中音域( ...続きを読む
同じ音程で共鳴ポイントを変えないようにファルセットと地声を繰り返しなんども発声します。
だんだん地声での声帯接点を薄くしていきファルセットと地声の境目がなくなるまで(境目が分らない)近付けていきます。
ファルセットと地声のちょうど中間あたりがミックスボイスですが中間にも幅があり、鍛練する事によりどちら寄りなのかコントロールできるようになりますよ。

ちなみにいきなり高音部でやると難しいので中音域(ギリギリファルセットが出せるあたり)でコツを修得したほうが良いと思います。
合唱をやってる人ならすぐできるでしょう。
お礼コメント
cecfca

お礼率 48% (56/116)

ご回答ありがとうございます。
私はコツコツやるっていうのは物凄く苦手ですが、
さすがに喉を痛めるわけにはいかないんで少しずつ頑張ってみたいと思います。

あと、質問の補足になってしまうのですが、
ミックスボイスによって裏声のかなり高音でも音量が出るようになるのでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-15 22:47:32


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 59% (121/203)

裏声のかなり高音ってどのあたりでしょうか? 男でもト音5線内の上のCはファルセットで出せると思いますが、そこをミックスで・・というのは無理じゃないでしょうか? ミックスは通常、地声で出せるけど高いので張らないと出ない場所を張らずに抜いた感じで歌う時によく使うので、地声では出せないような高い所はミックスではなく完全なファルセットだと思います。 ただ先に書いたように境目を無くすことができれば ...続きを読む
裏声のかなり高音ってどのあたりでしょうか?

男でもト音5線内の上のCはファルセットで出せると思いますが、そこをミックスで・・というのは無理じゃないでしょうか?

ミックスは通常、地声で出せるけど高いので張らないと出ない場所を張らずに抜いた感じで歌う時によく使うので、地声では出せないような高い所はミックスではなく完全なファルセットだと思います。

ただ先に書いたように境目を無くすことができれば地声~ミックス~ファルセットの間を自然に行ったり来たりできるので、高音部をファルセットで歌ってもそれほどわざとらしい感じにはならず「知らないうちに切り替わってる」ように聴かせられると思います。

よかったら、のちにやってみた結果など教えてくれると嬉しいです。
お礼コメント
cecfca

お礼率 48% (56/116)

再度ご返答ありがとうございます。
どうやら私のミックスボイスについての知識が間違っていたようですね。
失礼しました。
私は本当に高い方は苦手なんで、ミックスやファルセットを使って
自信を持って、安定して出せるようになりたいと思っています。
知識があっても実践しないことには始まらないので
とりあえず練習頑張ってみたいと思います。
投稿日時 - 2001-08-16 00:00:57
  • 回答No.3
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/2)

ミックスボイス、というのは先に答えられてるとおり、「実声」と「ファルセット」の間に存在する「中声」と呼ばれる声域のことです。ミックスボイスの訓練は、ファルセットの音域から実声の音域にゆっくり下降し、実声とファルセットのチェンジをなるべく目立たないように「注意深く」歌うといいトレーニングになります。 サニーサイド出版からでている「Singing Technique/Carl Hogset著」がとてもいい資 ...続きを読む
ミックスボイス、というのは先に答えられてるとおり、「実声」と「ファルセット」の間に存在する「中声」と呼ばれる声域のことです。ミックスボイスの訓練は、ファルセットの音域から実声の音域にゆっくり下降し、実声とファルセットのチェンジをなるべく目立たないように「注意深く」歌うといいトレーニングになります。
サニーサイド出版からでている「Singing Technique/Carl Hogset著」がとてもいい資料です。CDもついていますのでどういう声か、著者が実際に歌っています。氏はノルウェーの人で指揮者、声楽家で、自身バリトン、及びカウンターテノールとして活躍されています。一度みてはいかがでしょうか?
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ