OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

いつになったら許してくれるのでしょう?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.112789
  • 閲覧数444
  • ありがとう数87
  • 気になる数1
  • 回答数48
  • コメント数0

お礼率 96% (769/800)

こんにちは!
小泉首相の靖国神社参拝問題や、歴史教科書問題、そしてそれに対抗すべく民間交流の相次ぐ中止など、今、韓国及び中国と日本の関係が悪化しつつあります。
個人的には、第2時大戦は、悪意ある軍部が善良な日本国民を動かして行なった侵略だったと思っています。そう一言で片付けてしまうのは安直かもしれませんし、また、勉強不足だとも思っていますが、それにしても、第2次大戦で日本が行なった行為を、韓国や中国の方々は、いつになったら許して下さるのでしょうか?
ご家族を日本軍に殺された方々のお気持ちを考えると、愚問かとも思えますが、例えば日本の首相が靖国神社を参拝するか否かは、毎年、この時期になると大きな話題になります。こういう「こだわり」がいつになったらなくなるのかという質問でもあります。
戦争問題に関しては、知らない事もたくさんあり、ご教示という意味も含めてのご回答及びアドバイスをお願い致します。
通報する
  • 回答数48
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.43
レベル7

ベストアンサー率 80% (4/5)

>非常に精神力と体力がいる問題ですね。
>決して、弱音を吐いている訳ではなく、単なる実感です!
adelaideさんは、ひとつひとつの回答に誠実に真剣に考え返答を返していらっしゃるので体力・精神力の消耗が激しいと思います。その分こちらは書き甲斐がありますが・・・。

>そのA級戦犯に関連する件をご教示頂けますか?
「A級戦犯」とはこういうものだ、と言いたいのではなく、何故「A級戦犯」という言葉を使うのか?と聞きたかったのです。A級戦犯と呼ばれる人達を「A級戦犯」たらしめるのは東京裁判の判決だけです。私は東京裁判はでたらめもいいとこな日本を悪として貶めるための政治ショーだと思っているので「A級戦犯」と言う言葉に大きく憤慨します。日本国民に対する責任はあったと私も思います。日本人が、国民に対する指導者としての責任を追及した結果として言うのなら誠に結構ですが、戦勝国によるでたらめな裁判の判決の結果としての「A級戦犯」という言葉を使う事に、日本人の自主性の無さを感じます。戦犯と言ったら犯罪の犯人ですよ。
井上成美中将のお話は、敵に対して戦力的に劣っているのは兵隊さんの責任ではなく国力の不足が原因であり、不足なら不足なりの作戦をたてるべきであったのに、不足しているという状況を把握した作戦をたてずに兵を出したのはミスであり指揮官の責任である、と言ってるように私には思えます。指揮官としての自分の責任を感じているからの大将昇進の辞退と、その自分を大将に昇進させようとする上層部も状況判断の誤まりに気づいていない、との皮肉・批難をこめたのでは?。この場合の「開戦」は個々の戦闘の開始のことではないでしょうか?

>結局はオウムの例えと同じで、焦点がずれる元となってしまうので
うわぁちっちっちっち、オウムの例えといっしょにされてしまったか・・・。
私が言いたかったのは、中国と戦争になったら、という話じゃないですよ。
小泉首相を責任のない立場から非難する事と、過去の指導者を責任のない立場から非難する事はどう違うのか?という事です。
adelaideさんは小泉首相の決断を支持しておられますが、小泉首相の決断が外国からA級戦犯と断ぜられる結果となり、60年後の日本人が小泉首相をA級戦犯呼ばわりしていたらadelaideさんはどう思いますか?という話です。小泉首相の決断を「姑息」と言った石原都知事を「責任のない立場から」と批難していますが、では過去の「A級戦犯」を批難する今の日本人は「責任のある立場から」批難しているのでしょうか?という話です。過去の指導者の決断は、日本の将来がまったく予測のつかない暗雲の時代に戦争するか否かの決断であり、今の私達の生きる時代は日本が戦争する理由も必要もない時代です。今の私達は戦争するか否かの切羽詰った状況にないのに、切羽詰った状況だった当時の日本人の決断をああだこうだと言ってる訳です。
日本を、あるいは日本人を「加害者」呼ばわりする日本人もいますが、自分は加害者としての責任がない、という前提の言葉でしょ。日本は、あるいは日本人は「加害者」だが、自分は日本を(日本人を)加害者として責めているから、自分は日本人は日本人でも特別な日本人だ、と言ってる訳でしょ。

>現在とは情報量の異なるかつての日本人達のその決断が正しかったか?
当時の情報量を、今の情報量と比べても意味がないと思います。今の決断は今の情報量の中でするのだし、当時は当時の情報量の中で決断したでしょう。60年後の日本人は、
「60年前の日本人は情報量が今と異なっていたから小泉首相を支持するという間違った判断をしたんだ」と言うかもしれません。
当時の決断が正しかったか間違っていたか、なんて・・・。
当時の日本人は当時の情報のなかで正しいと思う決断をしたんだと思いますよ。
日本が占領下から独立を得たすぐ翌年の4000万人の署名と改正遺族援護法の可決です。

adelaideさんのA級戦犯と呼ばれる人達が戦犯である理由は
>戦争を行なう事を決定し、その戦争で指揮をとり、多くの人々の命を失わせ、また各国
>の国土に甚大な被害をもたらしたから
だそうですが、では日露戦争はどうですか?日本の存亡をかけた戦いでした。勝ったからロシアの支配を受ける事無く国が生き残りました。しかし多くの人々の命が失われました。ちょんまげを切ってまだ38年の日本が大国ロシアと戦争するなんてとても無謀な事だと今からなら思えますが、日露戦争を行なう事を決定し指揮をとった人達をadelaideさんはA級戦犯と呼びますか?日露戦争の決断は正しく、大東亜戦争の決断が間違っていた、というのならそれは単に勝ったから負けたからにすぎませんね当時も今も未来の事はわかりません。結果が前もってわかれば苦労しません。
今になって、当時の決断の結果がわかってから正誤を断じる事に何の意味がありますか?
各国の国土に・・・、とはどこの国でしょう?当時はアジアに国はありません。タイ以外はすべて白人国家の植民地です。
ちなみに、タイは日本がABCD包囲網など禁輸措置で苦しむなか、資源の提供を申し出てくれた事や、日本の開戦後タイも英米に対して宣戦布告したのをご存知ですか?

>はたして今の日本人に戦犯を戦犯と呼ぶ権利・資格があって責めることができるのか?
当時の日本人が戦犯と断じた人達を今の日本人が戦犯として責める事ができるか?という話じゃありませんからね。当時の日本人も指導者達を戦犯と断じてないでしょう?
「A級戦犯」として東京裁判で有罪判決を受けながら、講和を結んで独立後、賀屋興宣は法相に、重光葵は外相になったという事実があります。「東條英機は戦犯だがこの二人は戦犯じゃない」ともしおっしゃるならその根拠は? それはそうと中国は何故この二人の政界入りに文句をつけなかったんでしょうね?

>はい、ぜひ調べてみます!認識が180度変わってしまうかもしれませんね。
ついでに、東京裁判で東條英機がした主張も調べてみてください。自己弁護があるかないか、というより守ろうとしたのが己か日本か、という事も。廣田弘毅は弁明する事を潔しとせず被告にたった一度与えられた弁明の機会も放棄しましたが、国民に対する指導者としての責任という事を考えると、戦闘は終わったが外交としての戦争はまだ続いている、との認識を持ち、日本の為に最後まで戦った東條英機に私は感銘を受けましたが・・・。

>タイの報道機関のコメントで、
報道機関のコメントなら他国にも同じようなものはありますよ。日本でも朝日と産経は
180度違います。他国にも「朝日」と「産経」が当然あるでしょう。

youtarouさんのご回答は単に中国・韓国を評したものではなく、平和な大国である日本と相対化しているから見事なんですよ。日本人は国民に言論の自由を保障する国家を創りました。その結果日本人は日本を「加害者」呼ばわりする事ができます。法的にも制度的にも雰囲気・空気からも中国・韓国では日本を擁護する発言ができるのでしょうか?
補足コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

9033さん、幾度にも渡るご回答をどうもありがとうございました。

気がつけば、質問をさせて頂いてから丁度2ヶ月になります。
幸運な事に、知識溢れる皆様にたくさんのご回答を頂き、目の前に現れた難攻不落の山に向かって、どう登り、山頂を目指そうか思案している状態です。
特に9033さんには、何度もご回答を頂き、感謝の念は言葉に表せません。
9033さんのおっしゃる通り、何が事実で、何が事実ではないのかを基に、勉強をすすめたいと思っています。

今年は秋の訪れが早いようですが、この夏は、皆様のご回答のお蔭で、熱い良い夏を過ごせたように思えます。

今年の春に亡くなった、わたしの愛する人が、子供の頃、出征する訳でもないのに「麦と兵隊」という歌を歌い、ひとりでに涙が出てきてめそめそと泣いていたら、彼のお母さんが「貴方は、ませた子ね」と笑っていたそうです。もちろん戦争は終わった後です。
わたしの父が、いわゆる軍歌が好きで、わたしの幼い頃からレコードで聴かされ、「麦と兵隊」や「九段の母」や、その他多くの曲が歌えるわたしとしては、その歌詞を思い浮かべると、戦争は、終わってもなお人々に不幸をもたらすものだと思えます。

今回の皆様のご回答は、わたしの財産だと思えます。
また、難問にぶつかったら、どうぞご教示、宜しくお願い致します。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-02 16:06:21
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

こんにちは、9033さん、詳細なアドバイスをありがとうございます。
また、夏休みをとっていた為、お礼が遅くなりました。申し訳ありません。

頂いたアドバイスの文面を拝見し、どれも「そうだな」と「もっともだな」と深く(素直に)納得してしまって居ります。

>日本を、あるいは日本人を「加害者」呼ばわりする日本人もいますが、自分は加害者としての責任がない、という前提の言葉でしょ。日本は、あるいは日本人は「加害者」だが、自分は日本を(日本人を)加害者として責めているから、自分は日本人は日本人でも特別な日本人だ、と言ってる訳でしょ。

そうなのでしょうかね?反省を元に、自分が戦後56年の現代を生きる日本人である事を前提に、謙虚な気持ちで考えていらっしゃるのではないのでしょうか?
特別な日本人ですか・・・。「そんなもの」存在しませんよね?

>当時の情報量を、今の情報量と比べても意味がないと思います。今の決断は今の情報量の中でするのだし、当時は当時の情報量の中で決断したでしょう。

>当時の決断が正しかったか間違っていたか、なんて・・・。
当時の日本人は当時の情報のなかで正しいと思う決断をしたんだと思いますよ。

確かにおっしゃる通りなのですが、例えば、情報量が膨大になった現在は、昔のような、天上人的存在もしくは伝説的な存在の人物がいなくなって来ていますよね。
だから、かつてはそれが通ってしまっていた「天皇は神である」なんていう話は、現在は通じないですよね。そういう観点での発言です。

先日、NHKで、確か「歴史教科書はこうして決まった」というタイトルの番組をやっていました。東京の杉並区と中野区で歴史教科書を決定するまでの過程を追った番組です。
その中で、わたしは、「恐いな」と思ったことがあります。
それは、新しい教科書を作る会が編纂した扶桑社の歴史教科書の採用に反対する杉並区の住民が署名活動を起こし、かなりの数の(すみません、確かな人数は忘れました)署名が集まり、それが、あたかも住民達の確かな反対意見として、反対を訴える声となってしまっている事です。はたして、あの数の住民(確か・・・9,000人位でしたでしょうか?間違っていたらお詫び致します)全てが、事実の歴史を、どの程度認識していらっしゃるのかという事です。例えば、9033さんのように、ただただ真実を求め、勉強をなさって来た方々の判断の元での署名なら、それはそれで納得が行きますし、扶桑社の新しい歴史教科書を反対しても、何ら「恐怖」は感じなかった事でしょう。わたしが恐怖を感じたのは、こういう風にして、情報操作をされ、偏った思想にされてしまう可能性です。
「数」で訴え、勝利を得るのが真の民主主義だとも思えません。
まだ、第2次世界大戦を中心とする歴史を勉強し始めたばかりのわたしですが、何故か、歴史教科書を決定した杉並区の5人の委員の方々の中で、一番、ご意見として心に残ったのは、保育園を経営する年配の男性の委員の方のものでした。もちろん戦争体験者の世代の方ですから、尚更です。
扶桑社の新しい歴史教科書を、熟読してみようと思って居ります。
その教科書のもつ印象のみではなく、史実に基づいた歴史教科書を作る事が、日本人としての誇りを持つことにも繋がるように思えるのですが・・・。
投稿日時 - 2001-08-29 13:53:15
-PR-
-PR-

その他の回答 (全47件)

  • 回答No.16
レベル7

ベストアンサー率 80% (4/5)

>事実のみの歴史を勉強するにはどうしたらよいものかと 当時の韓国の人達は併合のプラス面マイナス面を考慮して条約にサインした、 が事実です。 韓国にも近代化を目指そうという人達がいた、も事実です。 当時の韓国の人達の考え判断を無視して、今の人達が「あれは脅されて結んだ条約だ」 というのが、政治です。「だいたいが失礼だ」は私の意見です。 「併合に賛成の人も反対の人もいた」が事実で、更に当たり前 ...続きを読む
>事実のみの歴史を勉強するにはどうしたらよいものかと

当時の韓国の人達は併合のプラス面マイナス面を考慮して条約にサインした、
が事実です。
韓国にも近代化を目指そうという人達がいた、も事実です。
当時の韓国の人達の考え判断を無視して、今の人達が「あれは脅されて結んだ条約だ」
というのが、政治です。「だいたいが失礼だ」は私の意見です。
「併合に賛成の人も反対の人もいた」が事実で、更に当たり前、です。
「いたかもしれない」は単なる憶測です。
近代化を目指し併合に賛成だった人達を今の都合で否定する事が政治です。
日本人が否定するなら、これは失礼です。
賛成だった人達を無視して反対だった人達のみを取り上げるのが政治です。

文盲率がほぼ90パーセントからゼロに近くなった、が「現実」です。「名目」ってなんだ?
日本と韓国が別の国なら公用語を日本語にする必要もありません。
併合したら文字がない。日本語を公用語にした。ハングル文字も学べた。
「併合した以上これは国民のため」が「名目」か?
公用語を決めて教育はしなかったオランダの植民地支配、愚民化政策とは違います。
「外国に出て安心して商売、仕事ができるようになったことをうらむ人がいるだろうか?」
「うらむぐらいなら最初から外国へ行って商売、仕事をしないのではないか?」
は私の疑問。

「国内でいくつも言語を使っていた」と「読み書きができない」は別です。
オランダ統治時代のインドネシアをみましょう。
「日本人の価値観でよそを測るってなんだ?」は私の疑問です。
「今の価値観で昔を測る、と同じことか?」も私の疑問。

「国事のために命を落としたか否か」は靖国に奉られる基準です。
「白虎隊が国のために戦ったか、それとも家族や故郷のために戦ったか」
は私は知りません。

「戦争は軍部が勝手にやったことで、昭和天皇は平和主義者だから反対だった」
これは事実ではありません。誰がそんなこと言ったんだろ?
事実は、当時の国民は戦争を支持した、です。
自身の賛成反対に拘らず政府の開戦決定を昭和天皇は認めた、が事実です。
「指導者には自国民に対して政策失敗の責任がある」は私の意見です。
「日韓併合が失敗だったなら韓国の指導者は韓国民に責任があったのでは?」
は私の疑問です

「当時の人達のぎりぎり苦渋の末の決断を、今の人が「間違っていた」と言うのは
 思い上がりである」というのは私の意見です。
「私達は神ではない」は事実でしょ。

「戦没者をお参りすることで二度と戦争をくりかえさないという誓いをあらたにする」
これは、小泉首相が言っている参拝する理由です。

「友人と見てもらう必要はない」は私の意見です。
「国家と国家のつき合いは友情ではない」も私の意見です。
「現に友情と関係なくつき合っている国家はある」は現実です。
「韓国人と日本人との友人はたくさんいる」も現実です。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

9033さん、早朝からのアドバイスをどうもありがとうございます。

ここ数日、小泉首相の靖国神社参拝問題が世間の注目を浴び、ご本人も、本当に苦しんでいらっしゃるのではないかと思えます。

>「国事のために命を落としたか否か」は靖国に奉られる基準です。

突然ですが、例えば、首相在任中に暗殺された浜口雄幸氏の死は「国事のために命を落とした」と思えるのですが、靖国神社に祀られているのでしょうか?
今後、もし自衛隊員が日常の自衛隊活動や平和維持軍活動などで命を落とせば、靖国神社に祀られるのでしょうか?
わたしが挙げた例は「国事」ではないのでしょうか?
素朴な疑問です。
神社は信仰の場ですから、人間の純粋な気持ちから存在せねばならない訳で、また「不公平」があってはならないと思った為です。

>「戦争は軍部が勝手にやったことで、昭和天皇は平和主義者だから反対だった」
これは事実ではありません。誰がそんなこと言ったんだろ?
事実は、当時の国民は戦争を支持した、です。

当事の国民は、現在の北○鮮のように、一種の洗脳教育だった訳ですよね?
だとしたら、「事実は、当事の国民は戦争を支持させられた」ではないでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-08 12:47:11
  • 回答No.15
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

>しかし、小泉首相は、「まちがっていない」という認識の下に靖国参拝をしたいと思っているのでしょうか? 9033さんのように、「まちがいだ」と思っていない人は多いですから、小泉首相もそういう声を支持しているのだと思います。 「まちがっていない」と思っている者が謝罪するはずがないから、被害者側が許すも許さないもないですね。 個々のことでいえば、 「条約」は、「これをみとめないとただじゃすまん ...続きを読む
>しかし、小泉首相は、「まちがっていない」という認識の下に靖国参拝をしたいと思っているのでしょうか?

9033さんのように、「まちがいだ」と思っていない人は多いですから、小泉首相もそういう声を支持しているのだと思います。
「まちがっていない」と思っている者が謝罪するはずがないから、被害者側が許すも許さないもないですね。

個々のことでいえば、
「条約」は、「これをみとめないとただじゃすまんぞ」と脅して調印させたものですから、「子供の権利条約」などの条約とは意味が違います。

 日本語を公用語として教育したのは、日本のためであって、韓国の国民のためではないですね。沖縄戦では、「日本人」であっても、「琉球語」を使ったものはスパイ扱いされたりしましたから、「名目」でどうあっても、「現実」のこととは別です。
「喜ぶ人たちがたくさんいた」というのも、日本人の見えるところではたくさんいたかもしれないけれど、うらむ人たちは弾圧されてオモテにでないから、実際のところあやしいですね。コロンブスが来て喜んだインディオも「たくさん」いたかもしれない。
ヨーロッパなど、多民族国家では、国内でもいくつも言語をつかっていますから、(「最後の授業」の話でフランスとドイツの取引材料にされたアルザスには「アルザス語」があった)日本の価値観でよそを測ってもしかたないです。

だいたい、昭和天皇の戦争責任が問題になった(本島市長銃撃事件など)ころ、「戦争は軍部が勝手にやったことで、昭和天皇は平和主義者だから反対だった。」ということでした。「大元帥」である、昭和天皇に逆らってやった戦争で戦死した人たちが靖国神社に祀られていること自体が靖国の理念に反することです。幕末の「白虎隊」の戦死者は「反天皇」軍だから、いくら家族や故郷のために戦っても靖国の対象外。(靖国神社は、昭和天皇が戦争に反対だったと思っていないのかもしれないけど)

 まあ、いろいろな意見を持つ人は多いですが、「悪意ある軍部による侵略」と「近代化」のくいちがいがあるかぎり、いつまでも日本を「友人」とは見てもらえないでしょう。
「ストーカー」と「恋人」ぐらいの違いですからね。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

nozomi500さん、再度のご回答をどうもありがとうございます。

>「まちがいだ」と思っていない人は多いですから、小泉首相もそういう声を支持しているのだと思います。
「まちがっていない」と思っている者が謝罪するはずがないから、被害者側が許すも許さないもないですね。

「まちがいだ」と思っていない人が、どういう世代の方で、どういう事情でそう思っていらっしゃるのかは、興味のあるところです。
しかし、先にも述べましたように、罪無き戦犯という存在もある訳で、もしわたしがそういう方のご遺族でしたら、「あの戦争はまちがいだったし、日本人として謝罪はしたいけれど、国民の代表として、総理大臣には参拝をしていただきたい」と思うことでしょう。
小泉首相は、「まちがいだ」と思っていない人々の声を指示して参拝を希望している訳ではなく、もしかしたらわたしと似たようなお考えをお持ちなのではないでしょうか?

「まちがっていない」と思っている方々が謝罪をする訳がない・・・というご意見には、わたしなりに、少し考えてみます。
・・・というのは、極右といわれるいわゆる国粋主義者でしたら、謝罪する気持ちなどさらさら無いでしょうが、人それぞれの立場によって、発想要因が異なるからです。

しかし、それにしても、昭和天皇が亡くなった際、殉死する人が誰一人いませんでしたが(一般の人が知る限りで、実際はわかりませんが)、今の日本に真の極右なんているんでしょうかね?
投稿日時 - 2001-08-08 12:16:48
  • 回答No.14
レベル7

ベストアンサー率 80% (4/5)

丁重なお礼をいただき恐縮しています。 確かに皆さんそれぞれのご意見をお持ちです。 たとえば、 「日韓併合は条約に基づいて行なわれた」 これが事実です。 「日韓併合前の朝鮮半島では、文盲率がほぼ90パーセントだった」 これも事実です。 「日本は併合したのだから日本語を公用語とし、教育普及させた」 これも事実です。 「だが、学校教育においてハングル文字を週に1時間学べるようにした」 ...続きを読む
丁重なお礼をいただき恐縮しています。

確かに皆さんそれぞれのご意見をお持ちです。

たとえば、
「日韓併合は条約に基づいて行なわれた」
これが事実です。
「日韓併合前の朝鮮半島では、文盲率がほぼ90パーセントだった」
これも事実です。
「日本は併合したのだから日本語を公用語とし、教育普及させた」
これも事実です。
「だが、学校教育においてハングル文字を週に1時間学べるようにした」
これも事実です。
「その結果、文盲率はほぼゼロに近くなった」
これも事実です。

これらの事実を知った結果、
「日本は朝鮮半島で近代化を行なった」というのが私の意見です。
でも、
「日本は朝鮮人から言葉を取り上げた」という意見もあります。
日本語は公用語となったのですから、これが使えなければ何もできません。
友達同士がおしゃべりする言葉を規制できると思いますか?
adelaideさんに知っていただきたいのは、人の意見・思想ではなく事実です。
その上でご自分の意見を創りましょう。

インドネシアを350年間植民地支配したオランダは、オランダ語を公用語と
しましたが、現地人への教育は行ないませんでした。それどころか愚民化政策の為
現地人は250をこえる言語をばらばらに使っていました。

朝鮮半島にもどって。文字の読み書きができれば学問を学べます。
白人による有色人種差別の国際社会で、日本国籍の取得と創氏改名によって
外国に出て安心して商売、仕事ができるようになったことを喜ぶ人達がたくさん
いました。
大きなお世話だ、と当時の人達が言うのなら話はわかります。
が、この「当時は喜ぶ人達がたくさんいた」という事実を隠して、
日本語強要、創氏改名、と今の人達が言うのは歴史ではなく、政治です。

日本は台湾でも日本語を公用語として教育し、文盲率をほぼゼロにしました。
今の台湾人が「台湾の近代化は日本のおかげ」と言うのは政治でしょうか?
今の韓国人が「言葉を取り上げた」と言うのは政治でしょうか?

>子供達が歴史を学ぶ土台となる教科書でさえ、そこには書き手の主観が入ります
書き手の主観を排すために、中国や韓国のように教科書を国定ではなく検定制度に
しています。
adelaideさんが主観が入っていると思う部分はどの教科書のどの部分でしょうか?

>事実のみの歴史を勉強するにはどうしたらよいものかと
先入観をもたずにいくつかの本を読み比べれば事実か思想かはわかると思います。

>自分なりの正誤の判断をすればよいのでしょうね。
私達がどんなに「これが事実だ」と思いたくても、私達の思いとは別に事実は存在します。
日本は悪かった、と思いたい人の意見や思想に気をつけて事実を学びましょう。
日本は悪くない、と思いたい人の意見や思想に気をつけて事実を学びましょう。
なんて、偉そうな事を言えず私も気をつけて勉強しています。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

9033さん、再度のアドバイス、どうもありがとうございます。

そうですね、9033さんのおっしゃるように、常に一方の立場からの観点ではなく、いろいろな角度から歴史を見て、事実=真実を認識して行きたいと思います。

文盲率の件ですが、(今、Office2000のWordでmonmouとタイプしても文盲は入っていなくて、bunnmouで出て来る事に愕然としています)今、生きていれば115歳くらいになる祖母は文盲で、かなり昔、駅で電車に乗るときに行き先が読めず、そばに居た女性に聞いたところ、「見ればわかるでしょ!」と言われ、情けなさと悔しさが混じった怒りをもっていたそうです。何故かその話を急に思い出してしまいました。
理由はどうあれ、韓国の方々の文盲率が低下した事に日本が影響していたという事実そのものには、少なからず救われる思いがあります。
その事実イコール文盲でなくなった方々の100%が良かったと思っていらっしゃるかどうかは、また別の問題ですが。

しかしながら、例えば帚木遥蓬生さんの「三たびの海峡」等を読むと、ただただ日本人として申し訳ない、という悲しみでいっぱいになります。

>adelaideさんが主観が入っていると思う部分はどの教科書のどの部分でしょうか?

ごめんなさい、歴史教科書は読み比べてはいません。
ただ、「文は意を尽くさず」と言いますよね?
文章にはどうしても、書き手の主観が入り、また読み手にも主観が入る為、今回の教科書問題でも、賛否両論という状況になっている事も少なからずあるのではないかと思っているのです。

以前、もう廃刊になってしまいましたが、確か読売新聞大阪社会部が著した「戦犯」というノンフィクションの文庫本を読み、涙が止まりませんでした。取材にあたって戦犯とされる方々のご遺族を訪ね回った記者の方は、あまりの辛さに、最後は神経性の胃潰瘍になってしまったとありました。

戦犯にもいろいろとあり、中には罪無き戦犯の方々もいらした訳で、さぞや無念であったろうと推測されます。
そういう観点からも、わたしは小泉首相には靖国参拝をしていただきたいと思っている次第です。

来年の今頃には、勉強を重ねた結果、成長した意見をもっている自分になっていたいと思っています。
投稿日時 - 2001-08-08 10:32:06
  • 回答No.13
レベル7

ベストアンサー率 80% (4/5)

絶対に許す事はないでしょう。 けど、許しを乞う必要もありません。 韓国では大統領が変わるだびに日本に来て、謝罪を求め謝罪させ、 それを自国民にアピールし自分への支持に利用します。 何回謝罪してもまた謝罪を求める、というのは歴史の事実です。 お互いの友好の為に謝罪を要求しているのではなく、自国民へのアピールの為の 謝罪要求ですから、いつまでも続きます。 中国共産党は、共産主義による荒廃 ...続きを読む
絶対に許す事はないでしょう。
けど、許しを乞う必要もありません。

韓国では大統領が変わるだびに日本に来て、謝罪を求め謝罪させ、
それを自国民にアピールし自分への支持に利用します。
何回謝罪してもまた謝罪を求める、というのは歴史の事実です。
お互いの友好の為に謝罪を要求しているのではなく、自国民へのアピールの為の
謝罪要求ですから、いつまでも続きます。

中国共産党は、共産主義による荒廃をごますかす為、自分達が日本を負かして
国の独立を守った、と13億人もいる国民に思い込ませねばなりません。
ですからいつまでも謝罪させたがります。

>悪意ある軍部が善良な日本国民を動かして行なった侵略だったと思っています
ドイツ国民がすべてをナチスのせいにしているように
私達も「悪いのは軍部だ」と思えれば簡単で楽でしょうがそれは間違っています
事実を知りましょう。

>勉強不足だとも思っていますが
勉強するなら、歴史を学びましょう。思想ではなく歴史を学びましょう。
まずはとにかく事実を知りましょう。その上でご自分の考えを創りましょう。
事実を知り歴史を学ばずに思想を学ぶと、
国際社会のうえでヘンテコな事をするはめになります。
たとえば、いつまでも謝罪を要求するとか・・・。
あるいは、いつまでも謝罪し続けるとか・・・。

>ご家族を日本軍に殺された方々のお気持ちを考えると
日本軍は(日本軍に限らず)戦争をしてたのですから、当然殺し殺されという事が
おこります。戦争と犯罪をいっしょにしてはいけません。
朝鮮人と日本人は一緒に力をあわせて立派に戦いました。
韓国はそういった朝鮮人祖先を否定します。
私達はそういった日本人祖先を否定するような愚を犯さないようにしましょう。
つまり、思想ではなく事実です。歴史です。

「悪意ある軍部」に騙された訳ではなく、
日本のために、日本に住む家族のために、いずれ生まれてくる私達のために、
「靖国で会おう」と言って戦死した方達がたくさんいます。
日本はこの方達を靖国に奉っています。
家族を守る為に戦ったのではなく侵略の為に戦ったんだ、という思想を広める為に
は中国と韓国は靖国を認める訳にはいきません。
アジア諸国からならタイ、インドネシア、スリランカ、インドなど、
政府関係者が靖国を参拝してくれています。

「悪意ある軍部に騙されて侵略してしまった」と日本人に思ってもらわなければ
先に書いたように中国と韓国は困ってしまいます。
思想ではなく歴史を学ばれたら中国と韓国は困ってしまいます。
だから、当然教科書には口出しします。
他に口出ししてくる国はありません。

>こういう「こだわり」がいつになったらなくなるのかという質問でもあります
私達日本人が思想ではなく歴史を学び、事実を知ればなくなると思います。
私達日本人が中国と韓国だけではなく、他国にも目を向けるようになればなくなる
と思います。
何故許してくれないのか、と中国や韓国に対して思うより、
何故許しを乞うのか、と私達日本人の問題として考えましょう。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

9033さん、アドバイスをありがとうございました。

おっしゃる通り、わたしは事実を知りたいと思っています。
微々たる数ですが、戦争に関する本を読んだりもしています。
しかし、子供達が歴史を学ぶ土台となる教科書でさえ、そこには書き手の主観が入ります。
事実のみの歴史を勉強するにはどうしたらよいものかと、路頭に迷っているような状況です。

わたしの質問に対し、お答え下さったみなさんそれぞれのご意見があり、豊富な知識があり、しかしながら正反対ともとれるご意見もあります。自分の中で、どう咀嚼すればよいものか、とても困惑しています。

けれど、自分なりの勉強をして、その中で疑問にぶつかる度に、自分なりの正誤の判断をすればよいのでしょうね。
時間をかけて歴史上の事実を知っていこうと思っています。
投稿日時 - 2001-08-07 17:35:50
  • 回答No.17
レベル9

ベストアンサー率 21% (25/116)

ちょっと気になる文章があったもんで.....。 nozomi500さんの >だいたい、昭和天皇の戦争責任が問題になった(本島市長>銃撃事件など)ころ、「戦争 >は軍部が勝手にやったことで、昭和天皇は平和主義者だか>ら反対だった。」ということ >でした。「大元帥」である、昭和天皇に逆らってやった戦>争で...... 昭和天皇が平和主義者だったなんて戦後、戦争責任 ...続きを読む
ちょっと気になる文章があったもんで.....。
nozomi500さんの
>だいたい、昭和天皇の戦争責任が問題になった(本島市長>銃撃事件など)ころ、「戦争
>は軍部が勝手にやったことで、昭和天皇は平和主義者だか>ら反対だった。」ということ
>でした。「大元帥」である、昭和天皇に逆らってやった戦>争で......
昭和天皇が平和主義者だったなんて戦後、戦争責任や東京裁判から逃れる為に、政府や宮内庁が作り上げた偶像です
幾多の作戦において、天皇が軍に指図していたのは、事実です。有名なのは敗戦が濃厚になった戦争末期、もう大和を出撃させても無駄と海軍上層部はわかっていましたが、天皇が「大和はまだか」と言ったために、大和を出撃させないと無条件降伏を決断されないと判断し、大和乗組員を犬死にさせたわけです。もう21世紀です。(笑)そろそろ日本人は戦争でのこういう事実を直視せねば.....。
(もうすぐこの昭和天皇の戦争責任を膨大な資料から研究した本が講談社から出ます。なかなか日本人がやらないから、外国の学者さんが書いてくれたそうな)

 9033さん
勝てば官軍です。9033さんがおっしゃっているような日本の功績も履いて棄てる程あるのも知っています。中国人が諦めていた荒れ地を農地に変えたのも日本人の功績です。
しかし敗戦した国がいくらご託を並べても自ずから天皇の
戦争責任を問わない国には、中国人や韓国人に付け入られるスキがあるということか.....。
補足コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

masahumi-1さん、幾度にも渡るご回答をありがとうございました。

質問をさせて頂いた日から丁度2ヶ月経ち、質問を締切らせていただく事と致しました。
お蔭様で、未知の世界を知る事も出来、大変勉強になって居ります。
また、何か困った時がありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-02 22:25:41
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

masahumi-1さん、再度のご回答をありがとうございます。

>昭和天皇が平和主義者だったなんて戦後、戦争責任や東京裁判から逃れる為に、政府や宮内庁が作り上げた偶像です
幾多の作戦において、天皇が軍に指図していたのは、事実です。

これは、戦争に行ったわたしの父も常々言っています。だから、彼は個人的に昭和天皇を許していなかったし、現存する皇族全てを認めていません。

>有名なのは敗戦が濃厚になった戦争末期、もう大和を出撃させても無駄と海軍上層部はわかっていましたが、天皇が「大和はまだか」と言ったために、大和を出撃させないと無条件降伏を決断されないと判断し、大和乗組員を犬死にさせたわけです。

これは初めて知った事です。
わたしの父は、宮内庁の存在も許していません。

>(もうすぐこの昭和天皇の戦争責任を膨大な資料から研究した本が講談社から出ます。なかなか日本人がやらないから、外国の学者さんが書いてくれたそうな)

出版されたら、ぜひ買って読んでみたいと思います!
でも、出版されたら、講談社の前には、極右ではない右翼もどきの喧伝カーが、いくらかの「立退き料」をせびろうとして、がなるのでしょうね。
それにしても、自称・他称含めてジャーナリストと名乗るお歴々は山ほどいらっしゃいますが、何でやらなかったの?と言いたいですね。
夏のこの時期にテレビに出演して、責任を問われないコメンテーターをしていた方が楽だからでしょうか?
(ちょっと厳しすぎますか?)

>敗戦した国がいくらご託を並べても自ずから天皇の
戦争責任を問わない国には、中国人や韓国人に付け入られるスキがあるということか.....。

おっしゃる通りですね。
日本人の曖昧さが、悪い形で出て、今日を招いているのですね。
投稿日時 - 2001-08-08 13:24:19
  • 回答No.18

 9033さんのご意見ですと、 「文化レベルの低い国なら侵略しても良い」という事になりませんか?  喜んだ人もいたというのは、あくまで結果論です。  それと、「併合」という言葉は、「侵略」では具合が悪いので 穏やかな表現に言い換えただけですので、使わない方が良くないでしょうか。 ...続きを読む
 9033さんのご意見ですと、
「文化レベルの低い国なら侵略しても良い」という事になりませんか?
 喜んだ人もいたというのは、あくまで結果論です。

 それと、「併合」という言葉は、「侵略」では具合が悪いので
穏やかな表現に言い換えただけですので、使わない方が良くないでしょうか。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

ice001さん、補足要求をありがとうございます。

恥ずかしながら、わたしでは力不足ですので、9033さんのご回答をお待ち致します。
「韓国や中国はいつになったら許してくれるのか」というわたしの素朴な疑問に対し、大変有益な勉強をさせて頂いている最中です。
投稿日時 - 2001-08-09 09:31:30
  • 回答No.22
レベル7

ベストアンサー率 80% (4/5)

う~む、adelaideさん、ごめんなさい。 私がつい、日韓併合をたとえに出したものだから併合の善悪の議論になってしまいました。 何故、どっちが悪いか正しいか、という裁判官のような姿勢で歴史を学ぶのでしょう? 何故「日韓併合」という事実を、ではそれは良い事をしたか悪い事をしたかと審判をくだ さなければ気がすまないのでしょう? 日本が悪い事をしたという目で私の文章を読めば、書いても無い「近代化をし ...続きを読む
う~む、adelaideさん、ごめんなさい。
私がつい、日韓併合をたとえに出したものだから併合の善悪の議論になってしまいました。
何故、どっちが悪いか正しいか、という裁判官のような姿勢で歴史を学ぶのでしょう?
何故「日韓併合」という事実を、ではそれは良い事をしたか悪い事をしたかと審判をくだ
さなければ気がすまないのでしょう?
日本が悪い事をしたという目で私の文章を読めば、書いても無い「近代化をしてあげたの
だから、良い事をしたのだ」という文字が見えるのでしょう。
日本にも併合を望む人と望まない人がいました。当たり前です。
韓国にも併合を望む人と望まない人がいました。当たり前です。そう書きました。
両国が望まないのに併合条約が結べるわけがありません。
「当時は文化レベルが低いと侵略されてしまう時代だった」から「韓国にも近代化を目指
そう」と考える人達がいたのですよ。やはり、近代化へむかって努力した韓国人が抹消さ
れている、これは歴史ではなく思想ですね。
「日本が強引に併合を押し進めた」理由はなんですか? 清国、ロシアに勝っています。
何故朝鮮に軍隊を送らなかったのですか? 併合についてどう思うか欧米に聞いて廻ったのは何故ですか? 事実を調べてみてください。

adelaideさん、本当にごめんなさい。実は以前にも私は回答に対してつっこまれて議論に
なってしまったことがあります。私の文章がへたなせいかもしれません。
私はつっこまれると返事を書いてしまいます。が、私が返事の中でしたつっこみはたいてい答えてもらえません。だから、質問者をさしおいて私が一人で騒いでいるような状態になってしまいます。
ここは議論の場ではない、と充分承知しているのですが・・・。
不愉快だったら補足欄に書いてください。
それから私の言いたい事がadelaideさんに伝わっているか心配です。
補足欄に書いてくれるとありがたいです。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

9033さん、何だかタイミングが、わたしがNo.19の9033さんのご回答へのお礼を書いた時と、このアドバイスを頂いた時が殆ど同時のようでした。

「日韓併合」問題に関しては、No.19のお礼にも記しましたように、全く未知の分野ですので、よろしければご教示お願い致します。根本的な問題からひとつひとつ知って行きたいと思っています。

>adelaideさん、本当にごめんなさい。実は以前にも私は回答に対してつっこまれて議論に なってしまったことがあります。私の文章がへたなせいかもしれません。私はつっこまれると返事を書いてしまいます。が、私が返事の中でしたつっこみはたいてい答えてもらえません。だから、質問者をさしおいて私が一人で騒いでいるような状態になってしまいます。 ここは議論の場ではない、と充分承知しているのですが・・・。

いえいえ、そんな、謝っていただくようなことは全くありません。わたしにとっては、ご回答下さるみなさんの議論すらも充分ご回答になっています。むしろ、知らなかった事がどんどん発展して行って、これから勉強しなければならない事がどんどん山積みになって行って、少々冷汗をかきながらも、意欲に燃えています。ですから「不愉快」だなんて100%ありません。
むしろ、わたしという人間にとって、知っておかなければいけないと自覚していた事を知るべき時期に来たのだと受け止めています。
わたしの理解力に対しては、ご回答者のみなさんも心もとない印象をお持ちかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2001-08-09 17:11:08
  • 回答No.21

 9033殿が「文化レベルの低い国なら侵略しても良い」 などと考えておられないのであれば、それは喜ばしい事ですが。  「近代化をしてあげたのだから、良い事をしたのだ」 などという考え方は、侵略した側の「おごり」だと思います。  あなたは、あくまで両国が望んだ上で「併合」が行われた と考えておられるようですが、私はそうは思いません。 >当時は文化レベルの低い国は侵略されてしまうという ...続きを読む
 9033殿が「文化レベルの低い国なら侵略しても良い」
などと考えておられないのであれば、それは喜ばしい事ですが。

 「近代化をしてあげたのだから、良い事をしたのだ」
などという考え方は、侵略した側の「おごり」だと思います。

 あなたは、あくまで両国が望んだ上で「併合」が行われた
と考えておられるようですが、私はそうは思いません。

>当時は文化レベルの低い国は侵略されてしまうという時代だった
のなら
>1910年、日韓併合条約が結ばれた
という事実も、日本が強引に押し進めたという事になると思うからです。


adelaideさん、人の質問の中でバトルになってしまい申し訳ありません。
補足コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

ice001さん、幾度にも渡るご回答をありがとうございました。

回答を締切るにあたり、本来ならポイントを差し上げるべく内容の回答をして下さったice001さんにポイントを差し上げられず、申し訳無く思って居ります。
皆様の深い知識からの数々のご回答を基に、今後更に勉強を進めたいと思って居ります。
また、困った時は、どうぞ宜しくお願い致します。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-02 22:16:05
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

>adelaideさん、人の質問の中でバトルになってしまい申し訳ありません。

ice001さん、そんなことはありません。わたしはバトルだとも思っていません。
これまで、日本人は議論が(討論ではありません)が下手でした。
でも、みなさんのご回答のひとつひとつが、わたしには(実に情けないのですが・・・)、「ヘ~」とか「ほ~」とか「なるほど」とか未知の部分ばかりで大変勉強になって居ります。
質問者のわたしにとって勉強になる=良き回答・・・なのですから、これ以上の幸運はありません。
もしよろしければ、もっとご意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2001-08-09 15:39:41
  • 回答No.20
レベル6

ベストアンサー率 33% (3/9)

adelaidさん、一つ一つの回答への誠実な対応、敬意を表したいと思います。 >参考URLは時間をかけて、読み進めたいと思います。 ありがとうございます。このリンクのtop「アジア太平洋戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む会」は、毎年、各地の犠牲者を日本へ招待し、彼らの体験したことを直接証言していただき、その苦しみを少しでも直に共感する会を開催してきました。今年も8/5、大阪で開催されました。し ...続きを読む
adelaidさん、一つ一つの回答への誠実な対応、敬意を表したいと思います。

>参考URLは時間をかけて、読み進めたいと思います。

ありがとうございます。このリンクのtop「アジア太平洋戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む会」は、毎年、各地の犠牲者を日本へ招待し、彼らの体験したことを直接証言していただき、その苦しみを少しでも直に共感する会を開催してきました。今年も8/5、大阪で開催されました。しかし、今年初めてその証言者が、会場に姿をあらわすことができませんでした。来日直前に、日本政府が「入国拒否」を決定したためです!!!しかも、理由は「靖国参拝に反対する集会をするかもしれないから」とのこと。。。

怒りで涙がとまりませんでした。手っ取り早くいってしまえば、「靖国参拝賛成」「つくる会歴史教科書推進」は政財界の後ろ盾ばっちりなのです。
(参考:自民党歴史検討委員会が戦後50周年に出した『大東亜戦争の総括』という本があります。その内容は(1)先の戦争は、自尊自衛の戦争であり、アジア解放戦争である。(2)従軍慰安婦、南京大虐殺は事実に反する。(3)ありもしないことを載せている教科書を排除するために戦う必要がある。(4)戦争認識、国家認識を国民共通のものとするために、国民運動にする必要がある。というものです。自民党と「つくる会」の歴史認識が極似していることは一目瞭然です。)

わかりますか?こうして、権力は情報操作をしているのです。こうして、国際社会では広く知られている情報を、日本国民は知らないままに過ぎ、国際社会と、日本国内の認識のギャップがどんどん生じていくのです。長い目で見ると、もっともこの被害を受けるのは、ほかならぬ日本国民です。それに鈍感になるように、無知で扱いやすくなるように、権力によって国民が飼いならされてしまっていること、もどかしく、強い危機感を持っています。

>ような経験はありませんが、「何と言う事をしたのだろ>う」と恥ずかしさや悔しさ、申し訳なさ等が入り混じっ>た複雑な気持ちから涙した事は何度もあります。
>しかしながら、軍人ではなく、召集令状一枚で強制的に>戦地に連れて行かれ、例えば神風特攻隊や人間魚雷回天>などで失われた若い命を思うと、彼らもまた犠牲者であ>り、戦死者の大多数は同様であり、にもかかわらず、彼>等の魂やご遺族は、韓国や中国の人々のように「あなた>方の事は許さない」と言える相手がいない訳です。
>そう考えると、戦後生まれのわたしがこのような事を言>うのは大それたことなのでしょうが、「もう、許して下>さい。許してあげて下さい」と思うのです。

これはもっともだと思います。現代の私たちにまず何より求められているのは、諸外国への謝罪というよりは、すべての戦争被害者に対し、過去の行為を認め、その痛みを共感し、将来*2度と繰り返さないために最善を尽くす*ことだと感じています。謝るというよりは、事実を歪めず、それに対して心ある人間として、共に行動するということです。前回書いた「平和」についての信念はそのような気持ちでもあります。

前述の入国拒否問題は、某国際機関に既に訴えました。もしかしたら、そのうちちょっとした話題になるかもしれません。

賛否両論があり、戸惑われるというようなことを書かれていましたね。沖縄の米軍基地問題を思い出してください。良心としてあるべき姿は、おそらくひとつです。しかし、そこに損得勘定(利権)が絡むと、何かともっともらしい理屈をつけ、賛否真っぷたつに分かれます。今回の問題は国レベルでの話なので、沖縄の比較にならない利権が絡んでいます。マスコミも。。。こんな情報操作の塊の世の中で信じられるのは、もっともらしい理屈ではなく、良心だと思います。

時間がなく、今後もしばらく時間をとれる見込み中がなかったため,乱文ですが、お許しください。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

bewiseさん、再度のアドバイスを、どうもありがとうございます。

証言者の入国拒否については、bewiseさんが書いて下さった文面を拝見し、愕然としました。
まあ「入国拒否」という陰謀に関わった人達のような頭脳の持ち主がこの世から消滅しない限り、真の平和は有り得ないでしょうね。全くもって言葉もありません。
小泉内閣の「聖域なき構造改革」は、こういう部分も大いに含んで欲しいと痛切に感じます。

>入国拒否問題は、某国際機関に既に訴えました。もしかしたら、そのうちちょっとした話題になるかもしれません。

ちょっとではなく、大いに問題になって欲しいものです!(怒りでかなり興奮しています!!!)そういう「うじ虫」を退治してから「膿」を出さないと、この国は良くならないですね。

沖縄の問題に関しては、日本は沖縄の方々に「我慢」とか「臭い物」を押し付けすぎているように思えます。わたしは東京に住んでいますが、極端に言えば、臨海副都心に米軍基地を持って来てもいい訳ですよね?それが国民として背負うべき平等ではないでしょうか?
それにしても、米兵も、誰かの陰謀で、わざとアメリカ側に不利になるような条件を揃えろと買収されているのではないかと思えるような安易さというか愚かさで、次から次へと事件を起こしますよね。

ところで、教えてくださったURLの中では「三光」問題が見つかりませんでしたが、何か詳しく記述されたURLはご存知ありませんか?
ご多忙かとは存じますが、もしよろしければ、お時間のおありの際にでもどうぞ宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2001-08-09 19:23:46
  • 回答No.19
レベル7

ベストアンサー率 80% (4/5)

>文盲でなくなった方々の100%が良かったと思っていらっしゃるかどうかは、また別 >の問題ですが。 今の日本も文盲率はゼロに近いですが、確かに皆が喜んでいるかどうかわかりませんね。 が、教育は国策です。国民の文化レベルが低くては国は困ります。 国を創っているのは国民です。 >もし自衛隊員が日常の自衛隊活動や平和維持軍活動などで命を落とせば、靖国神社に >祀られるのでしょうか? 知りま ...続きを読む
>文盲でなくなった方々の100%が良かったと思っていらっしゃるかどうかは、また別
>の問題ですが。
今の日本も文盲率はゼロに近いですが、確かに皆が喜んでいるかどうかわかりませんね。
が、教育は国策です。国民の文化レベルが低くては国は困ります。
国を創っているのは国民です。

>もし自衛隊員が日常の自衛隊活動や平和維持軍活動などで命を落とせば、靖国神社に
>祀られるのでしょうか?
知りません。
靖国神社に問い合わせれば教えてくれると思います。

>そういう観点からも、わたしは小泉首相には靖国参拝をしていただきたいと思ってい
>る次第です
「戦没者をお参りすることで二度と戦争をくりかえさないという誓いをあらたにする」
と言うのなら、私も戦争は二度として欲しくないから参拝に賛成です。

>当事の国民は、現在の北○鮮のように、一種の洗脳教育だった訳ですよね?
今の教育だって、一種の洗脳でしょ。
国民は戦争反対と言わされているのかもしれませんよ。

◎masahumi-1さん
>もう21世紀です。(笑)そろそろ日本人は戦争でのこういう事実を直視せねば...。
おっしゃるようにもう21世紀です。
戦前戦中ならともかく、今の私にはこの大和の話はとても信用できません。
むしろこんな話をうのみにする方がどうかしている、と思えます。
ぜひ、出所を教えてください。

>天皇が軍に指図していたのは、事実です
これも根拠をぜひ教えてください。私は事実が知りたい。

>しかし敗戦した国がいくらご託を並べても
戦争に勝つか負けるかがものが言えるか言えないかの弱肉強食の時代でなかったら
日本も戦争などしなかったかもしれませんね。
つまり負けたから何もいえないという時代でなかったら、という事ですが・・・。

>自ずから天皇の戦争責任を問わない国には、中国人や韓国人に付け入られるスキが
>あるということか.....。
誰も天皇の責任を問おうと思わなかったんじゃないですか?東京裁判も問わなかったし。
一部の判事(検事ではない)は問いたかったみたいですが。
占領下でGHQが天皇を東京裁判に引っぱりだすかどうか迷っている天皇絶体絶命の
時でさえ天皇の戦争責任を問おうという運動がなかったのは何故でしょう。
GHQに釈放してもらった共産主義者がうちわでちょこっとやったみたいですが・・。
その後、天皇の戦争責任を言う人はたくさんいましたが、誰ひとりとして責任を
問わなかったのは何故でしょう?
日本の皇室はお金もないし武力もないし、よってたつ基盤は国民の支持だけです。
天皇の地位は国民から与えられたものであり国民が望まなければいつでも天皇の地位を
廃止することができるのに。これほど脆弱な基盤、ある意味これほど強固な基盤の上に
たつ皇室が他にあるのかなぁ? イギリス、オランダ、デンマーク、ベルギーなど、
王室を持つ民主主義国家はたくさんあるけど・・・。
天皇よりも指導者には政策失敗の責任が自国民(他国ではなく)に対してあると思います。
これを国民が自らの手で追求しなかった、というかできなかったのはまずかったと思い
ます。

◎ice001さん
>「文化レベルの低い国なら侵略しても良い」という事になりませんか?
>喜んだ人もいたというのは、あくまで結果論です。
私の文章のどこをどう読めばそういう事になりますか?
だったら、恨む人がいたというのも結果論ですか?
併合条約を結んで併合した、教育をした、文盲率がゼロに近くなった、という事実から
「言葉を取り上げた」という人もいるが「近代化をした」というのが私の意見です、と
私は申し上げている。喜ぶ人もいたという事実を隠して、恨む人ばかりを取り上げる
のは政治だ、と申し上げている。いい悪いではなく、当時は文化レベルの低い国は侵略
されてしまうという時代だった、侵略されるという事がどういう事かインドネシアの例
で言った。日本はオランダとは違う、という事を言った。
韓国が言葉を取り上げられ若い世代が日本語一色になってしまったのなら、戦後の韓国
はいったいどうしたのか教えて欲しい。
文盲でないことを喜ぶかどうかわからないなんて、いかにも平和な大国に育った意見が
あったが、文化レベルの低い国がどういう目にあう時代だったか。
近代化しようとした韓国の人達を何故歴史から葬るのか。
日本を悪く言うためにどうして当時の韓国の人達の決断、努力を侮辱するのか。

>「併合」という言葉は、「侵略」では具合が悪いので穏やかな表現に言い換えた
>だけですので、使わない方が良くないでしょうか。
1910年、日韓併合条約が結ばれた、という歴史を「侵略」と言葉を変えて後世に
残すべきとお考えか? 併合条約に踏み切った当時の韓国の人達の意志が感じられては
都合が悪いという考えで歴史を偽造しろとおっしゃるか? 併合して近代化しようとい
う意志もなく、ただ侵略された国であったと今の視点からは見えるのですか?
どんなに日本は悪いと思いたくても、どんなに日本は悪くないと思いたくても、
歴史の偽造には反対です。
お礼コメント
adelaide

お礼率 96% (769/800)

9033さん、深夜というか早朝というか、わたしなどが爆睡しているお時間に、アドバイスをどうもありがとうございます。

>>当事の国民は、現在の北○鮮のように、一種の洗脳教育だった訳ですよね?
>今の教育だって、一種の洗脳でしょ。
>国民は戦争反対と言わされているのかもしれませんよ。

今の教育が洗脳かどうかは、その教育者次第だと思えます。偏った主観や固定観念に囚われずに教育を行なう教育者もいるのではないでしょうか?また、大多数の国民が戦争反対と唱えているのは、決して誰かもしくは何かに言わされているのではないとも思えます。
例えば、わたしの質問に対する皆さんのご回答のような内容の文章及びわたしのお礼文などがインターネット上という公の場で、自分がタイプした通りに公表されてしまう訳です。戦前・戦中などは考えられなかった事です。
戦争体験者のわたしの母は言います。
「思うことを口にしても、何も罰せられないのだから、いい時代になった」と。

戦艦大和の件に関しては、昨夜父に聞いてみました。父は戦争に関する本をたくさん読んでいますから。「確か・・・吉村昭さんの著書にあったような気がする」とのことでしたが、確かではありません。わたしも調べてみますね。

>天皇の戦争責任を言う人はたくさんいましたが、誰ひとりとして責任を問わなかったのは何故でしょう?

昨日(8月15日の玉音放送まで?)まで神様だった天皇が急に人間だと宣言されてもそれをすんなりと受け入れられる人は少なかったからではないでしょうか?昨日まで神様だった人を「悪者」扱いし、「責任をとれ」なんて言う事は、言えない・・・というよりも、むしろそんな発想をする人は殆どいなかったように思えます。どうでしょうか?

>併合条約を結んで併合した、教育をした、文盲率がゼロに近くなった、という事実から 「言葉を取り上げた」という人もいるが「近代化をした」というのが私の意見です、と 私は申し上げている。喜ぶ人もいたという事実を隠して、恨む人ばかりを取り上げる のは政治だ、と申し上げている。

>近代化しようとした韓国の人達を何故歴史から葬るのか。
日本を悪く言うためにどうして当時の韓国の人達の決断、努力を侮辱するのか。

この辺の事は、全く知らなかった事です。
もしよろしければ、どんな本もしくはどのような調べ方をすれば上記の知識が得られるのか教えて頂けますか?
どうぞ宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2001-08-09 16:39:31
47件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ