OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

相対性理論についてもう1つ!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.110620
  • 閲覧数41
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 11% (1/9)

この前にも相対性理論に関する質問をしましたが、もう1つ分からないことがあったので投稿します。

宇宙飛行士が、自分の瞬間静止座標から見て、9.8m/sの加速度で等加速度運動をしているとき、地球を出発して地球時間tの後には彼はどこまで進んでいて、また、早さが光速の50%に達するまでの時間はどれくらいか。

この質問は、大学の物理の授業の課題で出されたものなのですが、全然分かりません。
どなたか、教えてくださる人がいればよろしくお願いします。

参照URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=110619
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 57% (1014/1775)

ひょっとすると、引っ掛けの冗談問題じゃないですか? 瞬間静止座標とは、この場合自由落下する座標系です。地上で上向きに9.8m/sの等加速度運動をするということは、重力に抗して丁度浮き上がった状態で静止しています。 従って、いつまでたってもそこにふわふわしているだけ。どこにも行かず、永久に速度は0のままです。
ひょっとすると、引っ掛けの冗談問題じゃないですか?

瞬間静止座標とは、この場合自由落下する座標系です。地上で上向きに9.8m/sの等加速度運動をするということは、重力に抗して丁度浮き上がった状態で静止しています。
従って、いつまでたってもそこにふわふわしているだけ。どこにも行かず、永久に速度は0のままです。


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ