OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

BGP(Border Gateway Protocol)アトリビュート

  • 暇なときにでも
  • 質問No.103377
  • 閲覧数125
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

BGPのアトリビュートの種類とその機能を教えてください
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 62% (37/59)

abiriさん、こんにちは!
BGPのアトリビュートは7種類あります。

(1) AS_PATHアトリビュート
 アップデートがASを通過するたびにBGPは常にそのアップデートに対してAS番号を付加します。
AS_PATHアトリビュートは宛先に到達するためにアップデートが通過したAS番号のリストです。

(2) ORIGINアトリビュート
 ルートのorigin(発生源)に関する情報を提供するために使用します。

(3) Next Hopアトリビュート
 宛先に到達するために使用すべき次ホップのIPアドレスを指定するために使用されます。

(4) Weightアトリビュート(Cisco製品の特有)
 同じ宛先に2つ以上のルートがある場合のパス選択プロセスに使用されます。

(5) Local Preferenceアトリビュート
 同じ宛先に対して複数のパスがあるときにパス優先度をつけるのに使用されます。

(6) MEDアトリビュート
 ASへの複数のエントリ・ポイントがある場合、外部neighborにとってそのASへのパスの優先度のヒントを指定するために使用されます。

(7) Communityアトリビュート
 宛先をグルーピングして、そのグループに対してルーティングの制御(受信、優先度、再配信など)を適用することが出来ます。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ