OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

哺乳瓶の卒業方法

  • 困ってます
  • 質問No.102025
  • 閲覧数3170
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 100% (15/15)

1歳2ヶ月の子のママです。
今、寝かしつけをする時に、哺乳びんでフォローアップミルクを
飲ませています。
そろそろ哺乳びんを卒業させたいのですが、習慣として、
寝ながら飲むうちに、だんだんと眠くなっていくというパターン
なので、どうしたらいいものか、途方に暮れています。
無理に進めると暴れそうで・・。
(レベルとしては、コップから飲むのはまだですがストローは使えます。)
みなさんはどのように卒業されましたか?アドバイス、お願いします!!
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 35% (291/827)

1歳3ヶ月の女の子を育てています。
うちの娘は1歳できっぱり哺乳瓶とお別れしました。
娘はお風呂に入ってからお布団の中でミルクを哺乳瓶で飲んで
おしゃぶりをしながら寝るという習慣が5ヶ月のころから続いて
いたので不安でしたが、哺乳瓶をやめる準備としてフォローアップ
ミルクから牛乳に替えて牛乳はコップかストローで飲むという風に
しました。そして夜、哺乳瓶にはお茶を入れて飲ませるようにして
1週間後からは、昼間に牛乳をコップで飲む。お風呂上りはお茶を
コップで飲む。暗い部屋に行っておしゃぶりをしながら添い寝で
眠るという新しい習慣をつけることができました。
寝ながら飲むミルクは虫歯の一番の原因のようですから、まずは
中身をお茶に替えるところからスタートしてみてはいかがでしょう。
お礼コメント
guntaginte

お礼率 100% (15/15)

prumtreeさん、ありがとうございます!
ものすごく具体的なやめ方指南、とても参考になりました!
う~ん、これならうちの子にもいけそう・・。
そのまま頂いちゃって、なんとかやめていこうと思います。
頑張りますね!どうもありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-10 13:44:42
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 52% (351/671)

お子さんはミルクを飲んで満腹になって眠るというよりも、乳首を吸っている内に眠くなるのでしょうね。 私の子供は(もう大きくなってますが)、その頃、眠るときにいつも大人の手を握り、もう一方の手の小指をチュパチュパ吸いながら眠っていました。ゴム乳首を吸わせていたこともあるのですが、すぐに落ちてしまい、そのたびに起きる等面倒だったので、結局そういったスタイルになり、それを3ヶ月ほど続けた後、普通に眠ってくれ ...続きを読む
お子さんはミルクを飲んで満腹になって眠るというよりも、乳首を吸っている内に眠くなるのでしょうね。

私の子供は(もう大きくなってますが)、その頃、眠るときにいつも大人の手を握り、もう一方の手の小指をチュパチュパ吸いながら眠っていました。ゴム乳首を吸わせていたこともあるのですが、すぐに落ちてしまい、そのたびに起きる等面倒だったので、結局そういったスタイルになり、それを3ヶ月ほど続けた後、普通に眠ってくれるようになりました。

でも乳歯が生えてきた頃に、寝ながらミルクを飲んで眠るのは、虫歯になるリスクが高く、あまり推奨できません。あまりいつまでも哺乳瓶でミルクを飲ませていると、前歯が溶けたような虫歯になってしまいますし、ゴム乳首もできるなら早く卒業したいですね(まだいいかも知れませんが)。哺乳瓶を吸い続けることによってできる虫歯は、治療に時間が掛かり、大変です(知り合いに一人いますが)。

ストローやコップでミルクを飲めるようになれば、ミルクやお茶を飲むのも早くなりますし、早く慣れてくれると楽ですよね。習慣付いているようですので、しばらくは寝る前にミルクをほしがってごねるかも知れませんが、できるだけ起きている内にしっかりと食事を取らせ、満腹感を持続できるように頑張ってみるようにしてみてください。
お礼コメント
guntaginte

お礼率 100% (15/15)

sonorinさん、ありがとうございます。
確かにただ習慣になってしまっていただけなのかもしれません。
虫歯は恐いしかわいそうだし、頑張って心を鬼にしてやめてみます!
しっかり食事は取るのですが、寝る前にはまたお腹がすいてしまう
ようなんですね。恐るべき食欲。
でもそこを満足させるのがポイントとは!すごく参考になりました!
小指をチュッチュッ・・・可愛いですね~。ちょっとやらせてみたい・・。
ともかく頑張ります!どうもありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-10 13:20:57
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 26% (25/94)

断乳だと覚悟してすっぱりやめてしまってもいいと思います。哺乳瓶だから、だらだら続けられているけど、母乳オンリーの人だったら、でなくなったらやめざるを得ないわけですから。暴れても、泣き喚いても、一週間も続きません。この頃の子供は順応力が高くて、あっけないほどすぐに忘れてしまいます。 でも、年齢が高くなると、自我がはっきりしてくるのでますます取れにくくなります。私の娘もねんね儀式にタオルを使っていました ...続きを読む
断乳だと覚悟してすっぱりやめてしまってもいいと思います。哺乳瓶だから、だらだら続けられているけど、母乳オンリーの人だったら、でなくなったらやめざるを得ないわけですから。暴れても、泣き喚いても、一週間も続きません。この頃の子供は順応力が高くて、あっけないほどすぐに忘れてしまいます。

でも、年齢が高くなると、自我がはっきりしてくるのでますます取れにくくなります。私の娘もねんね儀式にタオルを使っていましたが、さほど害が無いので放って置いたら、小4の現在も取れません。ですから、取るなら今のうちですよ。

徐々に、というのなら、最初は中身をお茶や水に変えて見ては? 1番の人もおっしゃっていますが、飲みながらのミルクは虫歯の大きな原因ですからね。
お礼コメント
guntaginte

お礼率 100% (15/15)

tanbokunさん、ありがとうございます。
第2の断乳、ということですね。そのお言葉で覚悟がつきました。
母乳を断った時には、割にあっさりやめてくれたんですよ。
哺乳瓶も今を逃すと執着心がめばえちゃいそうですもんね。
幸いうちの子はお茶が大好きなので、寝る前にはお茶、にまず
変えてみようと思います。
頑張ってみます。どうもありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-10 13:27:24
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 14% (20/139)

思い切ってスッパリやめる!これが一番です。・・・私は上の子にてがかかるので 下の子のことを コップで牛乳を飲まないし 簡単に寝てくれるなら,とダラダラ1才6ヶ月まで 夜寝る時の授乳(ほ乳瓶に牛乳)をしていました。結果は虫歯です(涙)今までの習慣を止めさせられて 子供はグズるでしょうが ここが我慢のしどころです!グッと心を鬼にして 欲しがって暴れても 寝たふりでもして無視しましょう。ずーっと寝ない事なんて出 ...続きを読む
思い切ってスッパリやめる!これが一番です。・・・私は上の子にてがかかるので 下の子のことを コップで牛乳を飲まないし 簡単に寝てくれるなら,とダラダラ1才6ヶ月まで 夜寝る時の授乳(ほ乳瓶に牛乳)をしていました。結果は虫歯です(涙)今までの習慣を止めさせられて 子供はグズるでしょうが ここが我慢のしどころです!グッと心を鬼にして 欲しがって暴れても 寝たふりでもして無視しましょう。ずーっと寝ない事なんて出来はしないですから。 長くても1週間でケロっと忘れてくれますよ。・・・断乳初日は 寝るまで3時間以上かかりました(汗)。それに 未だに牛乳及び乳製品嫌いですが 気にしません。体格が普通の子の1.5倍程の健康児ですよぉー!!
お礼コメント
guntaginte

お礼率 100% (15/15)

hikoroku7さん、ありがとうございました!
初日3時間!だなんて、なんてお疲れさま!です。
でも、大きく健康になるのですよね。
それを聞いて気持ちがらく~になりました。
うちの子は確かに女の子なハズなんですが、ものすごい暴れんぼうで
いつも寝かし付けにはひと苦労なんです。
(どうも寝るのが惜しいらしく・・)
その上哺乳瓶を取り上げたら・・なんて、怯えたふりして
楽しようと考えていたのかもしれません。
でも、ともかく取り上げてみます。3時間・・かかるかもしれないけど
頑張ります!心の励みになりました!
どうもありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-10 13:38:34
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ