OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

分子量について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.101382
  • 閲覧数323
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 22% (2/9)

植物の組織培養でアデニンとBA(ベンジルアデニン)を使うのですが
この2つの分子量がよくわからないのでぜひ教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

 
自分が使う試薬の構造や簡単な物性は知っておいた方が良いと思います。構造が判れば分子量は計算できます。

アデニンの構造は生化学の教科書にのっていると思います。ag-azeolite さんがお書きの通りで,分子式 C5H5N5 で分子量は 135 です。

ベンジルアデニンの構造は,どのN原子がベンジル化されているかで,いくつか考えられます。が,アデニン → ベンジルアデニンでは,-NH → -N-CH2C6H5 の変化が起こっています。ですので,分子式は C12H11N5 で分子量は 225 です(つまり ag-azeolite さんがお書きの通り)。

 
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/1)

化学大辞典に載っていたものをそのまま書きますと、 アデニンはC5H5N5で分子量は135.13。 核酸、アデノシン3リン酸、等の構成塩基として存在する。 水に溶けにくい。融点360~365℃。 ベンジルアデニンは載っていなかったのですが、 ベンジル基がベンゼン環とCH2なので、 アデニンの1つのHのかわりにベンジル基を入れれば分子量は求まるでしょう。 たぶん225かな?
化学大辞典に載っていたものをそのまま書きますと、
アデニンはC5H5N5で分子量は135.13。
核酸、アデノシン3リン酸、等の構成塩基として存在する。
水に溶けにくい。融点360~365℃。

ベンジルアデニンは載っていなかったのですが、
ベンジル基がベンゼン環とCH2なので、
アデニンの1つのHのかわりにベンジル基を入れれば分子量は求まるでしょう。
たぶん225かな?


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ