-PR-
解決
済み

模倣犯

  • 暇なときにでも
  • 質問No.97060
  • 閲覧数2409
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 3% (1/32)

模倣犯の感想とあらすじを教えてください。
読むのに時間がないので内容だけ知りたいです。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

いま下巻に入ったところです。
ゆっくり読んでいるので
途中経過と第一印象を報告いたします。

物語は3部構成です。

一家惨殺事件の唯一の生き残りとして
知人に引き取られPTSDに悩む少年が
犬の散歩中に公園のゴミ箱で「人間の腕」を発見してしまいます。
この事件の発生から一応犯人発覚の瞬間までを
さまざまな登場人物を中心にして
あたかもワイドショーや週刊誌のように
追っかけていくのが第1部です。
ここは、ちょっと「理由」のトーン&マナーに近い。

上巻の前半1/3ぐらいで一応犯人が割れてしまい
このあとどうなるのかな?と思うと
第1部の話を、今度は犯人を中心にして語り治すのが第2部です。

で、第一部で断定された犯人
及び第2部で物語ってきた犯人が真犯人ではなく
共犯者こそが真犯人であり
彼がこの事件にどう決着をつけようとしているのか?
その計画がどう狂ってくるのか?が
おそらく第3部です。

今のところ、大変面白いです。
何よりも、このジャンルはミステリーのフレームで
例えば高村薫が純文学に接近しようとしたり
桐野夏生がハードボイルドに接近しようとしたり
しているのに対して
宮部みゆきは現代社会への警鐘を鳴らすようなフリをしながら
それさえもエンターテインメントの材料に
しているような感じがあって
結末が楽しみです。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 58% (41/70)

下記のサイトで、ご自分で面白そうな所に行ってごらんになってはいかがですか。 ...続きを読む
下記のサイトで、ご自分で面白そうな所に行ってごらんになってはいかがですか。


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 20% (25/122)

模倣犯ってなんの本なのでしょう。おもしろいのですか? とても気になったので私も調べてみます。 それからkurororusiというHNは団長からとったのですか? もし違っていたらわけのわからないことを言ってしまったことになりますね。 そのときはご容赦下さい。
模倣犯ってなんの本なのでしょう。おもしろいのですか?
とても気になったので私も調べてみます。

それからkurororusiというHNは団長からとったのですか?
もし違っていたらわけのわからないことを言ってしまったことになりますね。
そのときはご容赦下さい。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (103/453)

こんばんは。 模倣犯、5日間かけて読みました。 私の感想としては、作品中は色々な人物の視点からの描写があり自分の頭を切り替えるのに結構苦労しました。 途中、飽き飽きする部分もありましたが、犯人と被害者遺族や他の登場人物との駆け引きなど吸い寄せられる部分があったのも事実です。 あらすじは簡単に書くと、前半は小学生時代の自称天才の悪友2人が次々に若い女性を殺害し、同時に遺族やマスコミに対し挑戦的な ...続きを読む
こんばんは。
模倣犯、5日間かけて読みました。
私の感想としては、作品中は色々な人物の視点からの描写があり自分の頭を切り替えるのに結構苦労しました。
途中、飽き飽きする部分もありましたが、犯人と被害者遺族や他の登場人物との駆け引きなど吸い寄せられる部分があったのも事実です。

あらすじは簡単に書くと、前半は小学生時代の自称天才の悪友2人が次々に若い女性を殺害し、同時に遺族やマスコミに対し挑戦的な接触を図るというものです。
昨今聞きなれている劇場型犯罪というものです。
後半は、2人組の幼馴染の昔から馬鹿にされている青年が、2人組の格下の方と共に不慮の事故死を遂げてしまい、マスコミや警察はその2人の犯行と決めてしまうような扱いをします。
そして、格上の方が自分が計画した犯行に絶対に己が主犯だという事がバレるはずがないとタカをくくり、幼馴染の青年の無実を信じるその妹と共にマスコミに対し彼の無実を訴える展開になります。
そうやって格上の方は犯罪や世間や遺族の心を、何の罪悪感も持たずに弄んでいくのです。
彼にとっては全て自分の思い通りになるゲームなのです。
彼は一躍ヒーローになります。
しかしひょんな事から彼のゲームは破綻します。
そして最終的にはマスコミに出演中に取り乱してしまい、自らの犯行を認める?形になるのです。

大まかなところでは以上で良いかと思います。
作者の訴えたい事は私も良く分からなかったのですが、たぶん犯罪は被害者だけではなく、その遺族にまでも癒し難い心の傷を与えてしまうという事だったのでしょうか?
はたまたマスコミや世間は、遺族の心に無神経に入り込みその方々を更に精神的に追い詰めるという事への警鐘だったのでしょうか?
たぶんこのどちらかだと思います。

最後に、題名の「模倣犯」というのはこの物語の内容と照らし合わせた時果たして、最も適切な題名であったかどうか、疑問に思っているのは私だけでしょうか?

以上
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 50% (10/20)

感想:宮部のものにしては、ちょっと暗いな。    混沌としつつある今の日本の空気を感じる、読んだ後。 あらすじ:下記サイトで。      ここから下は、「模倣犯」を読む可能性のある方は読まないように。      ともかく、何が「模倣犯」なんだろうと思うでしょう。      自分の犯罪が独創的だというプライドで犯行を重ねてきたAに、      海外で全く同じ内容の小説があるとカマをかけて、 ...続きを読む
感想:宮部のものにしては、ちょっと暗いな。
   混沌としつつある今の日本の空気を感じる、読んだ後。

あらすじ:下記サイトで。
     ここから下は、「模倣犯」を読む可能性のある方は読まないように。
     ともかく、何が「模倣犯」なんだろうと思うでしょう。
     自分の犯罪が独創的だというプライドで犯行を重ねてきたAに、
     海外で全く同じ内容の小説があるとカマをかけて、
     激怒による自供をさせた。
     即ち、おまえは「模倣犯!」だと。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ