-PR-
解決
済み

腎臓結石の治療について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9338
  • 閲覧数5787
  • ありがとう数31
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 76% (68/89)

私は現在腎臓結石と診断され治療中です。 自覚症状は運動後に血尿が見た目で解るほど出ること、腹部の鈍い痛みが続いていることです。診断の結果は、2センチX1センチの石が右腎臓の中央にあり、それが動くことで出血しているのだろうと言われています。お聞きしたいのは、これぐらいの大きさの石を砕くにはどれほどの破壊力を持った衝撃波の設備を選ぶべきかです。その病院によって破壊力が弱く一泊で退院できるところもあれば、3泊4日で麻酔までして破壊する病院もあるそうです。それぞれの長所短所が解れば正しい病院選びができると思い相談させて頂いた次第です。どうぞよろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 37% (54/145)

mizushiと申します。
腎臓結石の場合は小さい場合は放置することがほとんどですが、このくらいの大きさになると破壊したほうがいいですね。
2センチ角位では3回ほどの治療が必要になると思いますので、日帰りは難しいと思ってください。
麻酔が必要というのは、背中から腎臓に直接穴を明けて、直径約1cmほどの内視鏡を腎臓に入れて、結石を破砕摘出する経皮的腎尿管結石摘出術(PNL)だと思います。
痛みはほとんどありませんが数日間の入院が必要になります。
出来るだけ大きな病院で泌尿器(URO)に関して専門的に扱っている病院をおすすめいたします。

泌尿器系の結石は再発が心配されますが、多くはカルシウムの摂取過多といわれがちですが実はその逆で、良質のカルシウムを多く摂取することが予防の最善索です。
カルシウム不足による骨からの脱解が原因ですので、良質のカルシウムサプリメントなどの摂取について検討してみてください。
お礼コメント
redneck

お礼率 76% (68/89)

ご回答ありがとうございます。御礼が遅れて大変申し訳ありませんでした。一月ほど出張が入りご返事ができませんでした。その為診断もESWLもまだ受けておりません。明日にでも受診しようと思っております。仕事の都合でまた出張が入りますが、その前にできれば来週にでもゆっくり入院して、完治させたいと願っています。3泊4日の治療を施してくれる専門病院にします。一度の入院で何度もESWLを受けて腎臓に負担が大きくないか心配ですが。。。とにかく先生によく相談してみます。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 29% (16/55)

専門ではありませんが、衝撃波による破砕はどの病院でも大差ないと思います。ただ、破砕装置が新しければ、破砕力がやや向上している程度ではないでしょうか。破砕装置による治療は、保険点数が決まっており、後はそれぞれの病院の治療方針の差が、入院日数の差になっているのではないかと思います。 実際に体験した人の話では、個人差が大きく、同じ病院で治療を受けても、「かなり痛んできつかった」と言われる方と、「鈍痛はあったが ...続きを読む
専門ではありませんが、衝撃波による破砕はどの病院でも大差ないと思います。ただ、破砕装置が新しければ、破砕力がやや向上している程度ではないでしょうか。破砕装置による治療は、保険点数が決まっており、後はそれぞれの病院の治療方針の差が、入院日数の差になっているのではないかと思います。
実際に体験した人の話では、個人差が大きく、同じ病院で治療を受けても、「かなり痛んできつかった」と言われる方と、「鈍痛はあったが比較的楽だった」と言われる方があります。その病院で、破砕治療を受けた人の話を聞くか、病院での説明を良く聞いて納得できたところで治療させるのが良いと思います。
お礼コメント
redneck

お礼率 76% (68/89)

ご回答ありがとうございます。御礼が遅れて大変申し訳ありませんでした。一月ほど出張が入りご返事ができませんでした。その為診断もESWLもまだ受けておりません。明日にでも受信しようと思っております。仕事の都合でまた出張が入りますが、その前にできれば来週にでもゆっくり入院して、完治させたいと願っています。3泊4日の治療を施してくれる専門病院にします。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2

私は尿管結石を患い、一回目は自然排石をしましたが、2回目はESWL(衝撃波による医師の破壊です)をうけました。 私は外来扱いで日帰りでしたんです。 処置中は鎮静剤と鎮痛剤で、ぼーっとしてました。 背中に受ける衝撃も、物差しで、ぱんぱん叩かれるかんじで、楽ちんでしたが、麻酔が切れると腰からしたが重くてだるくて結構つらかったです。 やっぱり1泊位した方が良かったと思いました。 次の日まで、いたいし、 ...続きを読む
私は尿管結石を患い、一回目は自然排石をしましたが、2回目はESWL(衝撃波による医師の破壊です)をうけました。
私は外来扱いで日帰りでしたんです。
処置中は鎮静剤と鎮痛剤で、ぼーっとしてました。
背中に受ける衝撃も、物差しで、ぱんぱん叩かれるかんじで、楽ちんでしたが、麻酔が切れると腰からしたが重くてだるくて結構つらかったです。
やっぱり1泊位した方が良かったと思いました。
次の日まで、いたいし、血尿は出るしで、大変でしたが、石は排出できたのでやれやれです。

入院したくない気持ちはわかりますが、1泊ぐらいはした方が良さそうです。

あと、このESWLは手術なので生命保険にもよりますが、手術の保険がおりますよ。

ただ、麻酔や、入院期間は主治医の先生と話し合った方がいいと思います。結構融通がきくと思いますよ。
ではお大事にしてください。
お礼コメント
redneck

お礼率 76% (68/89)

ご回答ありがとうございます。御礼が遅れて大変申し訳ありませんでした。一月ほど出張が入りご返事ができませんでした。その為診断もESWLもまだ受けておりません。明日にでも受診しようと思っております。仕事の都合でまた出張が入りますが、その前にできれば来週にでもゆっくり入院して、完治させたいと願っています。3泊4日の治療を施してくれる専門病院にします。主治医の先生に色々相談してみます。 本当にありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 21% (4/19)

痛みが軽いのは、よかったですねぇ 私の昔の同僚は、あまりの痛さに救急車で病院に行ったそうです 結論から先に言えば、患者さんの好みなんです 自然排石は、無理とは言いませんが大きいので難しいと思います 痛いのは全く嫌だ、というのであれば麻酔前提でしょうし これを機会に少しゆっくりと静養したいのであれば短期入院された方がいいですし あまりゆっくりしてると、もっと石が悪さをしてくるでしょうから、軽いう ...続きを読む
痛みが軽いのは、よかったですねぇ
私の昔の同僚は、あまりの痛さに救急車で病院に行ったそうです
結論から先に言えば、患者さんの好みなんです
自然排石は、無理とは言いませんが大きいので難しいと思います
痛いのは全く嫌だ、というのであれば麻酔前提でしょうし
これを機会に少しゆっくりと静養したいのであれば短期入院された方がいいですし
あまりゆっくりしてると、もっと石が悪さをしてくるでしょうから、軽いうちに方法を決めましょう
ちなみに私なら、後が一番楽な方法を患者や医者に聞いて選びます 
まったくの日帰りはキツイと思いますよ
大事を取って一泊なさっては?
もう一回言いますが、病名がなんであれどうするかを選択できるのは、実は患者さんです
Drは提示して、選んだ方法を施す人です
何でもお願いしてみましょう!
*ただ、一度石が出来たということは、今後も出来る可能性があります 食生活などを見直してみるだけでもかなり違ってくると思います お大事に
お礼コメント
redneck

お礼率 76% (68/89)

ご回答ありがとうございます。御礼が遅れて大変申し訳ありませんでした。一月ほど出張が入りご返事ができませんでした。その為診断もESWLもまだ受けておりません。明日にでも受診しようと思っております。仕事の都合でまた出張が入りますが、その前にできれば来週にでもゆっくり入院して、完治させたいと願っています。3泊4日の治療を施してくれる専門病院にします。ESWLを受けるようにいわれてから何だかんだで三ヶ月以上経ってしまいました。気を引き締めて直してきます。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ