-PR-
解決
済み

米中冷戦時代の幕開け

  • 困ってます
  • 質問No.9279862
  • 閲覧数138
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 86% (279/323)

トランプ新大統領の米国は極端な中国敵視戦略をとると予想されます。半ば本気で中国と戦争をやらんばかりの勢い。
米軍の大軍拡が始まります。任命される政府高官の多くが軍人or軍人出身者or対中国超強硬派です。

米国対中国の冷戦が始まりそうです。トランプは、冷戦時代にレーガンが当時のソ連と大軍拡競争に持ち込んでソ連を崩壊させた例に倣ってるのかもしれません。

ということで、米国奴隷犬ポチ、売国奴安倍晋三の支配する日本の行方はどうなりますかね。
オバマ政権中はオバマ大統領の勅命に全て従って信念をもった売国政治を貫き通した売国奴安倍晋三ですが、トランプ新大統領になってもその米国奴隷犬ブリに変化ないはずで、トランプ路線にそのまま乗っかって従うと思われます。
日本の運命はいかに・・・ といったところですが、どう思いますか。

1、 それで良いと思う。
2、 売国奴安倍晋三の思い付き政治よりはナンボもまし。
3、 日本の国富国益は大いに吸い取られるであろう。トランプにプレゼントのカジノ解禁が手始め。
4、 早く売国奴安倍晋三を処分しなければ日本は危うい。
5、 アベノミクスはアベノミス化しているので、黙ってても日本は自滅する。
6、 分からない。
7、 その他。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 23% (30/130)

冷戦にはならないであろうと思います。

米ソ冷戦の根本的な理由は、ソ連が共産主義体制を世界に輸出しようとしたことにあります。つまりソ連の言い分としては、共産主義と言うのは良い政治制度だから世界各国はそれを採用しなさいと、世界各国の政府を転覆させて拡大しようとしました。アメリカがそれに待ったをかけて、軍事的に対立したのが米ソ冷戦です。
今でもロシアは国民を助けるためと言って南オセチアやウクライナに侵攻して、そのために経済制裁を受けていますが、それと同じ構図であるとは指摘されると思います。

一方、中国は既存の独裁政権を守ろうとする傾向はありますが、民主主義国家、その多くはアメリカとの友好国ですが、そのような国々の国家体制を変革させるような試みをしているわけでもなく、単に既存の独裁国家を残しながらそれらの国との同盟構築とインフラ開発をおこなっているだけです。ですので概ね多くの国々では中国と単純に張り合うのではなく、中国との平和的関係構築のための対話の糸口を探っている状況と言うことができるでしょう。
お礼コメント
jupan

お礼率 86% (279/323)

ありがとうございます。
投稿日時 - 2017-01-18 18:34:34
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ