-PR-
  • 暇なときにでも
  • 2004-02-17 22:44:35
  • 質問No.782477
解決
済み

Q Excel数式(複数セルの足し算)について

  • 閲覧数7653
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
vertex

既出での検索に断念しました(涙)

ExcelでのSUBまたはSUBTOTAL等の関数で、
計算範囲を指定する際、
多少の連続していないセルの複数指定はできるのですが、
計算範囲のセルが大量にある場合(50セル程)、
セルの場所が隣接していないので、
複数範囲指定をすると、数式エラーになります。

原因はわからないのですが、
セル内の字数制限にひっかかったのかもしれないです。

大量(50セル程)の離れているセルを範囲指定して計算したい場合の解決策をご存知の方よろしくお願いいたします。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2004-02-17 23:17:07
    • 回答No.2
    1. 離れたセルを、Ctrlキーを押したまますべて選択します。
    2. セル選択状態で、メニュー「挿入」-「名前」-「定義」を開く。
    3. 選択範囲に名前をつける(例えば「TotalRange」)
    4. 合計値を表示したいセルに、「=SUM(TotalRange)」と数式を設定する。

    こんなので、どうでしょう?
    • ありがとう数1
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2004-02-17 22:59:49
    • 回答No.1
    SUM関数のカッコの中の引数(,で区切る数)は30が限度だったと思います(エラーが出ました)。ですから=SUM(29個)+SUM(29個)でうまく行きませんか。
    SUM関数のカッコの中の引数(,で区切る数)は30が限度だったと思います(エラーが出ました)。ですから=SUM(29個)+SUM(29個)でうまく行きませんか。
    • ありがとう数0
    • 2004-02-17 23:33:15
    • 回答No.3
    noname#9284

    セル範囲を何ブロックかに分けて関数を2回使って計算されてはいかがでしょうか。 30個くらいずつに分けます。 Ctrlキーを押しながらセルをどんどんクリックして行き、 画面左上にある名前ボックスに「範囲1」と入力し、Enterを押します。 同じようにして「範囲2」も作ります。 数式は =SUM(範囲1)+SUM(範囲)のようにします。 上記の名前の定義ですが、挿入メニュー→名前→定 ...続きを読む
    セル範囲を何ブロックかに分けて関数を2回使って計算されてはいかがでしょうか。
    30個くらいずつに分けます。

    Ctrlキーを押しながらセルをどんどんクリックして行き、
    画面左上にある名前ボックスに「範囲1」と入力し、Enterを押します。
    同じようにして「範囲2」も作ります。

    数式は
    =SUM(範囲1)+SUM(範囲)のようにします。

    上記の名前の定義ですが、挿入メニュー→名前→定義で
    「範囲1」をクリックして下の「参照範囲」を確認してください。
    セル番地がシート名付きで入力されていると思います。
    この「参照範囲」ボックスに入力できる文字数は255文字まで、と制限があります。
    (Excel2000)実際には多少少なくなったりします。
    ですからSheet1のようなシート名ですと参照範囲に指定できるセルの数は40個位となります。

    #書いている間に2番目の方と内容がかぶってしまいました。
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数4
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ