-PR-

解決済みの質問

質問No.7755671
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (1人が追加しました)
回答数1
閲覧数16243
隅肉溶接部の強度計算
  隅肉溶接部の強度計算について教えてください。SS400の壁面にSS400の幅70mm、長さ100mm、板厚6mmのピースを全周隅肉溶接しています。脚長は4mmです。曲げモーメントによって生ずる応力度は、 σ=M/Z とある本に記載されています。Zは展開のど厚断面での断面係数とありますが、のど厚の断面は溶接部の上下 140mmののど厚断面と考えて、断面係数を2倍にして
計算してもいいのですか?どなたか教えてください。よろしくお願いします。
投稿日時 - 2012-10-19 10:01:56

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
四角い板を全周溶接して、その断面係数を求める場合は、溶接した部分だけを考えて、四角い周囲だけの断面で求めます。
つまり、次のページの5番目の角パイプの公式で計算します。
http://www.geocities.jp/iamvocu/Technology/kousiki/kousikidanmen.htm

のど厚は脚長の0.7倍とみるのが普通なので、前の公式で、b1,h1を70,100mm 、b,hを75.6,105.6mmとすればよいです。
なお、すみ肉溶接の場合は許容応力度を、せん断強度(=ft/√3)とすることも忘れないでください。

それから、ピースの6mm板自体の強度も、これとは別に計算することを忘れずに。
投稿日時 - 2012-10-19 11:34:22
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
 早速の回答ありがとうございました。昼から計算してみます。
投稿日時 - 2012-10-19 12:01:12
この質問は役に立ちましたか?
6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
物理学
-PR-

-PR-

特集

正しい方法で健康的な綺麗を手に入れよう!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

患者さんやご家族、それぞれに合ったゴールと道筋を。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
物理学
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-