-PR-
解決
済み

銀行からの借り入れについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.73539
  • 閲覧数40
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 69% (29/42)

現在住宅ローンの借り換えを薦められていて、(公務員は色々な面で得だとか云われて)公庫(3.3)位であまりそう高い方でも無いのですが、少しでも
安い方が良いかと思いまして今銀行さんの薦めている変動の1.9か固定5年の
2.55)を検討していろいろ問い合わせ中です。気持ちとしては固定を考えてまして現在より2年早く返済終了予定ですが、お聞きしたいのは、例えば、借り換えた先の銀行が経営不振でもし破綻した場合、どうなるのでしょうか。
うちの主人はこんな安い金利で誘うくらいだから、危ないのではないかなどと手続きの面倒さを嫌がってかあまり乗り気ではありません。
実際仮に破綻したとき、この借金の金利は上昇するのでしょうか。
どなたか教えて下さい。ちなみに検討中の銀行は某有名銀行です。(以前、
宝くじを一手に引き受けて居たところです。)
諸費用が25万かかるそうです。今のまま公庫を地道に返していって、ゆとりが出たときに繰り上げ返済すべきでしょうか。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 借りることによって、平均金利が1%下がれば、どのような返済方法をとっても、残高3000万円について、年間で確実に30万円の金利の削減になります。問題は、借り替えた後、その金利が借りかえる前の金利を上回ること(5年後)がないのでしたら、絶対に有利です。それと、現在は不動産の価格が下がっていますので、現在の不動産に新規のローンが設定できるだけの担保能力が必要です(銀行が勧めているようなので問題はないと思いますが)。
お礼コメント
haruyokoi

お礼率 69% (29/42)

優しくて分かりやすいご回答有り難う御座いました。
これで自信を持って借り換え出来ます。
貴方のお陰です。助かりました。心より感謝申し上げます。
投稿日時 - 2001-05-11 09:38:58
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 18% (2/11)

借り換え後の繰上げ返済時の手数料についても検討する必要があります.銀行により違いますので... ...続きを読む
借り換え後の繰上げ返済時の手数料についても検討する必要があります.銀行により違いますので...
お礼コメント
haruyokoi

お礼率 69% (29/42)

有難うございます。手数料の件は問い合わせてあります。
御回答感謝致します。
投稿日時 - 2001-05-10 23:43:02


  • 回答No.1

現在のローンの残高にもよります。 要は金利の安くなる金額で、借り換えの諸費用25万円が賄えるかという点と、5年後の金利状況で変わってきます。 それから、現在銀行預金などが有るのでしたら、低利の預金に置いておくよりも、返済に充てて、返済後の金額で新規のローンを組むのも良いと思います。 某銀行で、返済予定表を作成してもらい、現在の公庫の返済予定表と、支払う利息金額を比較するのが、一番確実な方法で ...続きを読む
現在のローンの残高にもよります。
要は金利の安くなる金額で、借り換えの諸費用25万円が賄えるかという点と、5年後の金利状況で変わってきます。

それから、現在銀行預金などが有るのでしたら、低利の預金に置いておくよりも、返済に充てて、返済後の金額で新規のローンを組むのも良いと思います。

某銀行で、返済予定表を作成してもらい、現在の公庫の返済予定表と、支払う利息金額を比較するのが、一番確実な方法です。

銀行が破綻しても、金利の変更は無いと思います。
補足コメント
haruyokoi

お礼率 69% (29/42)

有り難うございます。お金の件については全くの素人で一応、銀行さんに
シュミレーションを作ってはもらったのですが。
諸費用というのは例えば5年の固定が終わって、又借り入れの契約をした
場合、再び必要なのでしょうか。
今公庫は金利が一般3.35特別3.75で月々約75000,ボーナス40万(計475,000)
払っています。今の金額を払うという設定で借り換えすると月72,000ボーナス時32万になって約2年期間が短縮されるというのですが。
どうなのでしょうね。もし、借り換えの際に100万の繰り上げ返済をしたいとも考えています。あまり頭が回らないので分かりません。
どう思われますか。
投稿日時 - 2001-05-09 16:17:20
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 金銭消費貸借契約においては、貸主たる相手が、破産その他会社更生手続きの場合であっても、当初の契約自体は、当事者双方の合意がない以上、債権者を害するために相場より低く金利を設定したような場合を除き、変るものではありません。  諸費用として考えられるものは、契約書印紙代、登記費用があります。5年後に契約を書きかえるとなりますと、また登記費用が発生しますが、現在の契約を基本として結ばれるのでしたら、今回だけ ...続きを読む
 金銭消費貸借契約においては、貸主たる相手が、破産その他会社更生手続きの場合であっても、当初の契約自体は、当事者双方の合意がない以上、債権者を害するために相場より低く金利を設定したような場合を除き、変るものではありません。
 諸費用として考えられるものは、契約書印紙代、登記費用があります。5年後に契約を書きかえるとなりますと、また登記費用が発生しますが、現在の契約を基本として結ばれるのでしたら、今回だけとなりますので、金融機関に確認してください。一般に残高1000万円について、約1%以上金利が違いますので、最初の年で金利だけで10万円以上の差が生じます。これから判断しますと、残高1000万円で3年以内で完済しないのであれば、借りかえられた方が有利かと思います。
補足コメント
haruyokoi

お礼率 69% (29/42)

とても分かりやすい回答有難うございます。諸費用の件につきましては
早速問い合わせてみます。破綻しても大丈夫だと分かり安心しています。
残高は後大抵3千万程残っていますので断然借り換えの方がお得なのですね。
(確認)済みません。誰かに其の方が絶対得しますよと言われると自信がついて消極的な主人を動かせそうなので。お返事よろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-05-10 21:02:21
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ