-PR-

解決済みの質問

質問No.5800092
暇なときにでも
暇なときにでも
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数3
閲覧数3325
CPRM解除について
CPRM解除について

デジタル放送で採用されているCPRMですが、これを解除するのは非合法とされていますが、アクセス制限機能も兼ねているようで、視聴する際にも解除が必要となるそうです(再生にはCPRM対応機材が必要なのがその証拠)。
ということは、この理論でいけば私的複製どころか、再生することさえ非合法となってしまいます。CPRM解除が違法なら、再生もCPRM解除にあたるため、違法行為をしたことになってしまいます。

CPRMは再生程度では非合法に当たらないのでしょうか?いまひとつ分からないです。
投稿日時 - 2010-04-03 18:17:28

質問者が選んだベストアンサー

回答No.3
うーん
その理論だと、暗号化した本人が、暗号化を解除しても違法になります。
そして、解除が違法なんじゃなくて回避や暗号者の意図しない方法での解除が違法なわけです。
再生の場合、暗号化したAさんが、認めたBさんに対して暗号化したデータと暗号化を解除するツールを渡して、「これで暗号化解除してね」って言ってる感じです。

実際は「コイツつかわねーと解除できないから金払えばーか」っていってるよーなもんですが・・・。
投稿日時 - 2010-04-03 18:43:47
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ありがとうございました。
解除しただけでは違法とは言えず、不法な解除では違法というわけでしょうか…
投稿日時 - 2010-04-03 20:54:30

ベストアンサー以外の回答 (2)

回答No.2
CPRMを定義している「4C Entity」(http://www.4centity.com/)によって認定されたハード/ソフトによって解除・再生を行っていますので、違法ではありません。
投稿日時 - 2010-04-03 18:30:43
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ありがとうございました。
公的機関が認定したHW/SWなら、再生目的で解除してもOKというわけですね。
投稿日時 - 2010-04-03 20:53:36
回答No.1
技術的保護手段の回避を伴う場合は違法になりますが、再生には保護手段の回避はしていませんが? だからこそCPRMによる制約が起きる。
解除方法の問題でしょう。

東芝の従業員が逮捕された件では「技術的保護手段回避装置の譲渡」が著作権法違反という事です。
投稿日時 - 2010-04-03 18:28:05
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ありがとうございました。
再生ではコピーガード解除には該当しないのですね。
投稿日時 - 2010-04-03 20:52:46
この質問は役に立ちましたか?
10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

【期間限定】1ヶ月無料キャンペーン中!

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

ピックアップ

-PR-