総ありがとう数 累計4,310万(2014年11月27日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
noname#133962

日本の借金は900兆円です。これは子孫に借金を押しつけることであり、極端な言い方をすれば自分たちさえいい暮らしができれば子供や孫は餓死してもよいということと同じであると思います。無茶苦茶な政策だと思いますが、なぜか政府あまり気にしていないように見えます。何か借金を返すウルトラCがあるのでしょうか。知っている方教えてください。よく政府にお金を貸しているのが日本人だから問題ないという意見を聞きますが、自国民なら借金を踏み倒してもよいということでしょうか。そんなことをする気配があれば日本の金持ちは日本国籍を捨ててアメリカ国籍を取得するのは当然だと思いますが。
  • 回答数17
  • 気になる数1

Aみんなの回答(全17件)

回答 (全17件)

  • 2009-12-22 20:29:29
  • 回答No.10
>どんなにもがいても日本は奈落の
>底に落ちていくしかない

それは違います。奈落の底に落ちるのならば、900兆円も借金がある現時点ですでに「奈落の底」に落ちていなければならない。でも、実際には大恐慌にもハイパーインフレにもなっていません。

質問者さんは、国の借金が900兆円もあるのに、どうして国債が無効にならないのか不思議に感じないのですか? 対GDP比でこれだけの財政赤字額があると、普通の国ならばとっくの昔にIMFの管理下に入ってますよ。でも日本の場合はそんな気配はないですね。

他の回答者も仰有ってますけど、とにかく国民から見れば借金など存在しないんですよ。日本は債務国どころか、他国にいっぱいお金を貸し付けている世界有数の債権保有国です。しかも預貯金額は1,400兆円もあります。日本全体で見ればめちゃくちゃ黒字ですけど。

また、いくら国の借金が900兆円だといっても、政府保有の(売却可能な)資産は400兆円とも500兆円とも言われていますけどね。いずれにしろ、心配するような赤字額だとは思いません。

「国の借金がこんなに膨らんだ。このままでは財政破綻だぁ!」などとマスコミはよく言いますが、財政赤字額がどれだけ膨らめば財政が「破綻」するのか、具体的なことは何もコメントしませんね。彼らは言いたくても言えないのですよ。なぜなら、我が国の国家財政に関する知識がゼロに等しいから。彼らはおそらく「財政破綻」の意味も知らないのでしょう。

だいたい、国の帳簿を預かっている財務省の官僚連中だって、たぶん財政赤字なんか大した問題ではないと思ってますよ。「財務省としては国家財政が赤字でないと困るのだ。なぜなら、そっちの方が国の各機関に対する予算配分のイニシアティヴを取れるからだ」というセリフを元官僚の口から聞いたこともありますしね。

百歩譲って「奈落の底に落ちる」という状況が発生するとして、それは財政赤字が膨らんだことが原因になるのではないでしょうな。財政再建原理主義が幅を利かせて、経済成長よりも財政赤字額の縮小に拘泥するあまり必要な景気対策を怠って、不況が深刻化することこそが「奈落の底に落ちる」という状態なのかも。

財政再建原理主義者はナントカの一つ覚えみたいに「孫子の代にツケを回すな!」言いますが、マクロ経済政策を実行しないで貧弱な経済状態のまま不景気を「孫子の代にツケ回す」ことの方がよっぽど問題です。

>借金を返すウルトラCがあるのでしょうか。

簡単です。政府貨幣を900兆円発行したという前提で国庫に収めればいい。または900兆円分の長期国債を発行して日銀にすべて引き受けさせ、それを国庫に振り替える。

要するに日本の場合、財政赤字なんて「帳簿の問題」に過ぎないのです。。。とはいえ、これらの方法は財政規律の面からは決して褒められたことではない。政府貨幣なんかはあくまでも「景気対策」の「裏技」として実行すべきでしょう。とにかく、景気が良くならなければ税収が増えず、財政赤字は絶対に減りません。

>日本の金持ちは日本国籍を捨ててアメリカ
>国籍を取得するのは当然

日本を見捨てる金持ちなんてのは「非国民」なので、放っておいてもいいのでは? 逆に言えば、900兆円も借金がある状態ならばすでに日本から金持ちが大挙して出て行っても良いはずですけど、そんなことはないってことは、最初から日本を脱出する勇気もないということかもしれません(笑)。
補足コメント
noname#133962

回答ありがとうございます。
>政府保有の(売却可能な)資産は400兆円とも500兆円言われていますけどね。
すべて売却したとしても借金は400兆円残ります。
>他国にいっぱいお金を貸し付けている世界有数の債権保有国です。
仮に100兆円あるとしても300兆円残ります。
>預貯金額は1,400兆円もあります。
これが理解できません。300兆円の国の借金は全国民の借金です。1,400兆円の預貯金はたぶんほとんどが一部の金持ちのものです。いざとなったら金持ちは300兆円払ってくれるのでしょうか。あるいは強制的に払わす方法があるのでしょうか。「俺は知らんよ」といって海外に移住すると考える方が普通だと思いますが。
投稿日時 - 2009-12-23 08:06:23
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-12-18 22:54:55
  • 回答No.2
>なぜか政府あまり気にしていないように見えます
 それは借金900兆円は全て日本の借金であり、政治家個人の借金ではないからです。
 よくありますよね、大企業で大赤字をだしていても、企業の責任者である社長は高給とか。
 例)日産は今期自動車業界の中でも最も深刻な赤字でしたが、経営者のゴーン社長は莫大な給料を貰ってます
 
 だから気にしないのです。ですので日本人はどの政治家いいのか本当に見極める必要性がありますね。
 じわじわ借金を多くした自民党
 自民党をはるかに超える初めて収入×2倍以上の借金をした民主党

選択肢の情けなさに歯がゆい思いです

>何か借金を返すウルトラCがあるのでしょ
 現状では手詰まりです。ただ、ぶっちゃけ何でもいいってんなら
・通貨をバンバン刷り、極度のインフレを起す
 これは資産の目減りになるので富裕層であるほど不利、逆に借金抱えてる方が有利になります。
 ただこの政策をするとジンバブエのように国家機構が崩壊します
 分かりやすく言うとこの政策を行ったことによりジンバブエの平均寿命は現在34歳です。(前は60歳以上でした)

他に・・・
・IMFに頼る
・不履行宣言を行う

 などの手がありますが、どっちにしても日本に餓死者がでるような惨状になるでしょう 
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-12-18 22:41:49
  • 回答No.1
noname#103093

ウルトラCがあります。
これは、ここだけの秘密ですが、貴方にだけ、お教えします。
その手は、インフレを起こすことです。インフレで貨幣価値が十分の一になったとしなさい。
900兆円は、一晩で90兆円に減ってしまいます。政府は万々歳です。
こんなうまい手があるので、政府は借金を気にしていません。
インフレでこまるのは、下々の庶民だけです。
資産家も預金の目減りで困るので、戦後のような強烈なインフレは望んでおりません。
でも、良性のインフレ(そんなものがあってたまるか)ならと、政府は望んでいます。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-12-24 03:08:46
  • 回答No.12
 私も最近まで、そのように思っていました。・・・・・
しかし、そうではないようです。・・・・・・定かではありませんが、私は次のように考え始めました。
現在、国債は、大部分民間銀行が買っています。・・・・・
何故かと言うと、民間銀行は、預金を集めています、これに金利を払わなければなりません。・・・・
民間銀行は、企業にお金を貸し出しようにも、この不景気ではリスクが大きすぎて、怖いのです、景気の二番底が来ると思われるのです。
米の銀行、大企業への公的資金の注入が大きく、米国債の発行量が増え、米ドル安が、続いているのです。
欧州も、不景気です。更に悪くなりそうです。
この様に、次の不景気を前にして、民間銀行は、企業にお金を貸し出しするのを恐れて、銀行は国債を買うのです。国債の金利は、1.3%で、預金金利は0.4%です。それに、国債は預金準備率に左右されませんから、無制限に国債を買えるのです。
最悪の場合、国が破綻して、新円切り替えになっても、先の例のとおり、銀行の経営破たんは、公的資金を注入して守ってくれます。
また、銀行は、日本銀行や財務省の管理にあります。買わないでいれば、経営が破綻した時、どんな不利な条件を強いるか恐ろしいのです。
で、国債を買います、日本銀行や財務省が、買うなと言われるまで買います。
ご理解頂けましたか。
そう言う訳で、政府の財政破綻はありません。

『日本の金持ちは日本国籍を捨ててアメリカ国籍を取得するのは当然だと思いますが。』
日本国籍を捨てる人は少ないと思います。捨てる人は、とっくに捨てています。
日本人は、国際性が無いから、日本から抜け出せないのです。
心配は杞憂なのです。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-12-22 00:08:12
  • 回答No.9
>なぜか政府あまり気にしていないように見えます。


http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009110109051037/
鳩山内閣が怯えたことの一つに長期金利上昇があります。
上のサイトにありますが、11月初旬のことです。
国債を発行し続けると、長期金利が上がる危険性があり、金利が上がると赤字幅がさらに膨らむことになります。
従って日本政府としてこれ以上、財政赤字を国債発行で逃れることはできないことは承知しています。
ただ、総理に指導力・見識が弱く、今はどうしようもないのが実情です。
なお、巨額の国の借金(国債)を買える日本人の貯蓄額がこれを支えているのであり、国債が暴落したり、国が踏み倒したりした場合は、確実に暴動が起きます。
政権は持ちません。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
17件中 1~5件目を表示
  • 回答数17
  • 気になる数1
  • ありがとう数26
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ