総ありがとう数 累計4,331万(2014年12月22日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
boki7

報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書と不動産の使用料等の支払調書を、仕事で作成したのですが、これらを作る意味が解っていません。
なぜこの様なものを作成しなければならないのでしょうか?
また、不動産の使用料等の支払調書では、敷金まで報告すべきだったのでしょうか?家賃だけでいいのでしょうか?そして、法人に支払った家賃は提出の義務が必要ないようですが、どうして、個人と法人でこの様な差が有るのでしょうか?

報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書では、税理士などに顧問料を払った場合に必要なようですが、もし、税理士への顧問料が未払いになっている場合には、その未払いの分も含めて報告すべきなのでしょうか?それとも、未払いは含めず、本当に支払った分だけを報告すべきなのでしょうか?

このことについて悩んでいますので、どうかご回答の程宜しくお願いいたします。
  • 回答数1
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全1件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2009-01-23 22:10:43
  • 回答No.1
1.所得税は、申告納税方式ですから納税者全員が正直にかつ正確な申告を行う保証があれば支払調書など不要でしょう。しかし、納税者の中には不心得な人もいるし、間違った申告をする人もあり得ます。
そこで、支払調書を提出することで課税当局は所得者および所得の内容を把握でき、課税もれやミスを防ぎ、税収の確保及び課税の公平を実現できる訳です。

2.不動産の使用料等の支払調書では、敷金は原則として報告不要です。しかし、敷金の中で返還を要しないものなどは報告が必要です。(法定調書の作成と提出の手引15頁)

3.個人と法人でこの様な差が有る理由ですが、
「法人は、営利を追求し、合理的経済人として行動する経済主体であり、その行為はすべて会計原則に則った確定決算として集約され、株主の総意として株主総会において確定される」-鷹野保雄著 プロの税務手法より
にあるようなことから、法人については税務当局から見て一定の信頼感があるのに対して個人にはそれがないのが理由だと思います。

4.未払いの分も含めて報告すべきです。(同手引12頁)
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • ありがとう数1
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ