締切り
済み

プロミスのウルトラ100でHDDの容量を32Gから60Gに出来ません。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.39532
  • 閲覧数65
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 72% (77/106)

マクスターのIDE60G(ATA100)が32Gになってます。これはBIOSが対応していないためだからです。しかしBIOSのアップは怖いのでプロミスのウルトラ100を使って60Gにしようとしました。プロミスのカードの取り付けは出来ました。ドライバーのインストールも。ケーブルは付属の80本で接続してます。HDDのタイプはNTFSにしてます。しかし32Gです。どうしたら60Gに出来るのでしょうか?また、このまま32Gで使い続けて将来に新しいPC(最初からATA100対応)に接続したら何ギガになるのでしょうか?
Win2000.セレロン400.マザーボードJ-7BXAN.マクスターのHDDはEドライブです。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 40% (12/30)

fdiskコマンドでもう一度領域設定をすれば うまくいきませんか? なおBIOSのアップは別に難しいことではなく、 ちゃんと手順に従えば全然問題ありませんよ。 ...続きを読む
fdiskコマンドでもう一度領域設定をすれば
うまくいきませんか?

なおBIOSのアップは別に難しいことではなく、
ちゃんと手順に従えば全然問題ありませんよ。
補足コメント
tatuya03

お礼率 72% (77/106)

fdiskコマンドでもう一度領域設定?やり方が分かりません。
投稿日時 - 2001-02-13 02:06:34


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 53% (66/123)

 Ultra100のBIOSが32GB以上に対応していないとか。Promiseのwebサイトでダウンロードできますので、アップデートしてみるのはいかがでしょう。現在の最新バージョンはVer.2.01 Build27 です。参考URLよりどうぞ。Tech Supportからいけます。 ...続きを読む
 Ultra100のBIOSが32GB以上に対応していないとか。Promiseのwebサイトでダウンロードできますので、アップデートしてみるのはいかがでしょう。現在の最新バージョンはVer.2.01 Build27 です。参考URLよりどうぞ。Tech Supportからいけます。
補足コメント
tatuya03

お礼率 72% (77/106)

BIOSのアップデートをしないでいいようにUltra100を増設したのですが。BIOSアップの手順が書かれてますが英語で・・・。質問にも書きましたがATA100対応のマザーボードにこのHDDを接続した場合は何ギガになるのでしょうか?接続するだけで60Gになりますか?
投稿日時 - 2001-02-13 12:26:33
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 41% (78/186)

[スタート]>[アクセサリー]>[システムツール]>[コンピュータの管理]で、論理ドライブの設定が出来ます。ファイルシステムをFAT32にすれば60GBが1ドライブで使用できます。NTFSの4KBクラスタでは使用できなかったと思いましたが? 記憶違いだったらゴメンナサイ。
[スタート]>[アクセサリー]>[システムツール]>[コンピュータの管理]で、論理ドライブの設定が出来ます。ファイルシステムをFAT32にすれば60GBが1ドライブで使用できます。NTFSの4KBクラスタでは使用できなかったと思いましたが?
記憶違いだったらゴメンナサイ。
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 53% (66/123)

 英語がわからないのなら、辞書をひくなりweb翻訳サービスを使ってお調べなさいな。大概のサービスはみな英語で提供されているのですから、英語が読めないと損をしますよ。  さて、気づいていない方もいらっしゃるようですが、Ultra100などのATAボードもBIOSを持っています。一部のATAボードBIOSは、大容量ディスクのジオメトリ情報を計算できないので、BIOSのアップグレードを行う必要があるものもある ...続きを読む
 英語がわからないのなら、辞書をひくなりweb翻訳サービスを使ってお調べなさいな。大概のサービスはみな英語で提供されているのですから、英語が読めないと損をしますよ。
 さて、気づいていない方もいらっしゃるようですが、Ultra100などのATAボードもBIOSを持っています。一部のATAボードBIOSは、大容量ディスクのジオメトリ情報を計算できないので、BIOSのアップグレードを行う必要があるものもあるのです。
 UATA100対応のマザーボードとありますが、今現在UATA100に対応したチップセットって出ていましたっけ。ほとんどがUATA66チップセットにPromiseやAMIのUATA100インターフェースを搭載しているものであったはずですが。で、それらにつけた場合、オンボードATA100インターフェースのポートでは前述したとおり同時搭載されているUATA100インターフェース用のBIOSに左右されます。チップセットがUATA100をサポートしている場合、マザーボードのBIOSに最大容量を左右されます。
 で、一般的に32GBの壁のあるBIOSはAWARD BIOS4.5xのものであり、これらでもBIOSを最新版にアップグレードすることでこれを超えることができますが、どうしてもやりたくないというのであればAWARD BIOS6.xx以上を搭載したものや、他社でこの壁を持たないとショップやメーカのサイトなどで謳われているマザーボードをお買いになるがよいでしょう。
 現在32GB使用中のものを60GB対応のM/Bにつけると、今まで使われていなかった領域28GB分が未使用の領域として現れると思われます。自分が10GBのディスクを8.4GBとして使っていたときも、対応のM/Bに変更したら残りの1.6GB分が現れましたので。
>>uricさん
 それはFAT32の場合です。WinNT/2000で採用されるNTFSは64bitクラスタ管理により、理論値16EB(16,777,216TB)、現状最大値2TB(2,048GB)まで初期化できるファイルシステムです。Win2000のFAT32は、フォーマッタの制限により32GBまでのフォーマットしかできません。利用は2TBまでできます。Win98では、2TBまでのボリュームをフォーマットし、利用できます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ