-PR-
ro-toru

先日大腸の内視鏡検査をした際に、ポリープが一個見つかって、先生が大きさは取り頃だという事で取って頂きました。
その検体の検査結果は”提出された切除材料では、tubular adenoma,high grede adenoma(tubular adenoma with severe atypia)がみられます。尚、水平、垂直断端には腫瘍組織は見られません”とありました。
先生は良性の腺腫で、襞の奥の小さなポリープの見落としがあったかもしれないので、一年後に再検査しましょうと言われました。
しかし、この英文の中のsevere atypiaの部分は辞書を引いても意味が分からず大変気になります。
何方かお教え願えませんでしょうか?
  • 回答数1
  • 気になる数1
  • Aみんなの回答(全1件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2007-07-01 21:42:28
    • 回答No.1
    和訳しますと
    管状腺腫、高(異型)度腺腫(管状腺腫に高度の異型をともなう)
    といったところでしょうか。
    略説しますと、
    大腸の良性腫瘍である「腺腫」のなかで、「管状」(組織の見た目が管のようになっている)ものである。
    しかしながら、細胞の見た目の悪さ(正常からどれだけ癌に近づいているか)が高か低かといえば「高度」である。
    すなわち、「悪性に極めて近い良性腫瘍」となります。
    多くの場合は、悪性腫瘍とのオーバーラップのある領域で、診断する病理医によっては高分化型腺癌、早期の癌とつける人もいるかもしれない領域です。
    幸い、断端陰性(取り残しなし)とのことですから、カメラをしてくれた先生の「取り頃」の判断は適切であったということですね。いい先生にめぐり合われたようで、何よりです。
    お礼コメント
    深夜にもかかわらず私の投書を読んでくださって、早速の適切なご回答を頂き誠に有難うございました。
    これで気になっていたことが氷解いたしました。
    特に”幸い、断端陰性(取り残しなし)とのことですから、カメラをしてくれた先生の「取り頃」の判断は適切であったということですね。いい先生にめぐり合われたようで、何よりです。”とのお言葉は、もう大変に嬉しかったです。
    先生は1年後にチェックしてもしポリープがなかったら、後5年は大丈夫保証すると言われたのに、severe・・・などと書かれているのと矛盾するのではないかといささか悶々としていました。
    本当に有難うございました。これからも宜しくお願い申し上げます。
    投稿日時 - 2007-07-02 11:07:51
    • ありがとう数2
    -PR-
    -PR-
    • 回答数1
    • 気になる数1
    • ありがとう数19
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ