-PR-
解決
済み

編入試験について   **その2**

  • 困ってます
  • 質問No.24779
  • 閲覧数270
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 23% (5/21)

私の行きたい大学の中に、英語の科目で”辞書持ち込み可”というのがいくつかあったのですが、それは辞書を使わないといけないぐらい難しいものなんですか。(まだ過去問を見たことがなくてわからないので)あと面接は口頭試問と書いていない場合は普通の面接だけなのですか?よくわからないので教えてください。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

お金と日程さえ可能ならば何校受験しようが、かまわないと思います。ちなみに、私は5校受けましたが平均3~5校が一番多かったと思います。ただ、アドバイスとしてなるべく同じ分野から出題する大学を受けることを薦めます。たとえば、法学部ならば法学概論、憲法、民法、刑法などが出題されますが、憲法のみ出題する大学を受けるなどです。(ただ、募集要項には出題科目が『法学概論』となっていても、憲法や民法を出題する大学もけっこうあった)また、大学入試の偏差値は編入試験には関係ないので、偏差値でレベルを判断しないよう気をつけて下さい。
お礼コメント
satokonbu

お礼率 23% (5/21)

いろいろと丁寧に質問に答えてくださってありがとうございました。本当に感謝しています。また、質問することがあったらここにしますので、そのときはまたよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-01-15 16:48:46
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 50% (14/28)

なんともいえませんが、もしかしたら英文和訳が試験内容になっているのではないでしょうか。つまり、一段落ないし二段落ぐらいの長い英文を訳しなさいというような。 面接に関しては、志望動機や編入してどのようなことがしたいのかなどの普通のものだとおもいます。
なんともいえませんが、もしかしたら英文和訳が試験内容になっているのではないでしょうか。つまり、一段落ないし二段落ぐらいの長い英文を訳しなさいというような。
面接に関しては、志望動機や編入してどのようなことがしたいのかなどの普通のものだとおもいます。


  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

私の経験では「辞書持ち込み可」という大学は専門分野の英文を出題するのが多かったと思います。(情報関係の学部なら、情報技術について書かれた英文や時事英文など) しかし、実際に辞書を引いている時間はほとんどないので専門用語の単語などは覚えていないと厳しいと思います。 また、面接は大学によって違いますが、ほとんどの大学は一般の面接と考えていいと思います。なかには、専門で出された問題について聞いてくる大学もあ ...続きを読む
私の経験では「辞書持ち込み可」という大学は専門分野の英文を出題するのが多かったと思います。(情報関係の学部なら、情報技術について書かれた英文や時事英文など)
しかし、実際に辞書を引いている時間はほとんどないので専門用語の単語などは覚えていないと厳しいと思います。
また、面接は大学によって違いますが、ほとんどの大学は一般の面接と考えていいと思います。なかには、専門で出された問題について聞いてくる大学もありますが。やはり、受験する大学の傾向を調べるのが重要ですので、編入学の予備校で聞くのがいいと思います。(分らなければ教えますよ)
補足コメント
satokonbu

お礼率 23% (5/21)

私は今のところ、滋賀大学経済学部情報管理学科と和歌山大学経済学部ビジネスマネジメント学科の2つを考えています。
投稿日時 - 2001-01-06 16:37:06
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 27% (98/357)

私は辞書持ち込み可の入試は受けませんでしたが、友人からその話は聞いたことがあります。 それらの話を総合するとgenterさんのおっしゃるように「実際に引いている時間はない」ようです。 この持ち込み可の理由は1個のマイナーな単語が判らないだけでその問題が読めない&和訳が出来ないのを防ぐためだと思います。単語の丸暗記能力よりも読解力を見るための試験だと思ってください。 どうせゼミ&研究室でも社会に出 ...続きを読む
私は辞書持ち込み可の入試は受けませんでしたが、友人からその話は聞いたことがあります。
それらの話を総合するとgenterさんのおっしゃるように「実際に引いている時間はない」ようです。

この持ち込み可の理由は1個のマイナーな単語が判らないだけでその問題が読めない&和訳が出来ないのを防ぐためだと思います。単語の丸暗記能力よりも読解力を見るための試験だと思ってください。
どうせゼミ&研究室でも社会に出てからも判らない単語は辞書を引けは済む事で、専門分野の単語さえおさえておけば単語をたくさん知っていることは別に偉いことでもなんでもないのです。

あと、面接は口頭試問と書かれていなくても問題を出すことはあります。しかし面接官も受験生が緊張していることは百も承知ですので、複雑な問題は出さないでしょう。基礎中の基礎の問題だと思いますよ。化学なら○○と△△の反応式を言えとか、文系なら直近の新聞の話題になった(専門分野関連の)事件・社会現象について自分の考えを述べよとか。(でもこれは国語対策で新聞は読んでますよね?)

#どうせ難しい問題を出されても誰も答えれなければ一緒。
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

滋賀大学情報管理学科は専門の試験がなく、英語と面接だけなんですね?とすると、専門はあまり勉強してなくても英語なら自信があるという人が受けているかも知れません(あくまでも私の推測です) 過去問は大学によってはコピーを送ってくれたり、閲覧OKのところがありますので、大学に問い合わせて下さい(もうすでに問い合わせているかな?)  ※参考までに過去の受験者数と合格者数を載せておきます  滋賀大学経済学部  平 ...続きを読む
滋賀大学情報管理学科は専門の試験がなく、英語と面接だけなんですね?とすると、専門はあまり勉強してなくても英語なら自信があるという人が受けているかも知れません(あくまでも私の推測です) 過去問は大学によってはコピーを送ってくれたり、閲覧OKのところがありますので、大学に問い合わせて下さい(もうすでに問い合わせているかな?) 
※参考までに過去の受験者数と合格者数を載せておきます
 滋賀大学経済学部  平成9年:57→23
             平成10年:78→28
 和歌山大学経済学部 平成9年:25→9
             平成10年:22→10
補足コメント
satokonbu

お礼率 23% (5/21)

レベル的には難しいのでしょうか。編入についての本でいろいろ調べたりするのですが、編入の中身についてはどの本にも書いてありますが、レベル的な事が書かれた本というのはないですよね。レベル的なことまで調べたいなあと考えているのですが。学校で編入する人は先輩の中にもいるけど、国公立はあまりいないので。これからは学校の先生をうまく活用していくつもりです。
投稿日時 - 2001-01-07 16:05:22
  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

志望大学がどの程度のレベルなのかは分かりませんが、編入試験を扱っている予備校で知ることができます。今の時期なら春季講習や説明会等に一度、出てみたらどうでしょうか?そうすれば、担当の人に志望大学のレベルや過去問、対策方法などをアドバイスしてもらえると思います。また、予備校のパンフレットを送付してもらうだけでも、色々な資料を一緒に送ってくれる予備校もあるので利用されてみてはどうでしょうか(首都圏なら、中央ゼミ ...続きを読む
志望大学がどの程度のレベルなのかは分かりませんが、編入試験を扱っている予備校で知ることができます。今の時期なら春季講習や説明会等に一度、出てみたらどうでしょうか?そうすれば、担当の人に志望大学のレベルや過去問、対策方法などをアドバイスしてもらえると思います。また、予備校のパンフレットを送付してもらうだけでも、色々な資料を一緒に送ってくれる予備校もあるので利用されてみてはどうでしょうか(首都圏なら、中央ゼミナールや日本編入学院などがあります)
補足コメント
satokonbu

お礼率 23% (5/21)

あともう一つ教えていただきたいことがあるのですが、私は受験するのは国公立だけなのですが、どのくらい受ければいいのですか。私は一応3校ぐらいで良いのかなと考えています。
投稿日時 - 2001-01-11 10:05:08
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ