締切り済みの質問

質問No.2462579
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数2
閲覧数41106
G-I療法について。
ただ今実習中の看護学生です。実習現場でGI療法という言葉をよく聞きますが肝不全の患者さんに行うGI療法と高カリウム血症の患者さんに行うGI療法の違いがよくわかりません。正直指導者さんの言っていることも曖昧で・・・。この違いについて詳しく教えてください。特に肝不全の患者さんへの治療法についてよくわかる文献があれば紹介していただきたいです。
投稿日時 - 2006-10-10 00:27:35

回答 (2)

回答No.2
看護学生とはいえインスリンの作用は非常に重要な知識なので必ず覚えてください。ナゼ重要かというと高カリウム血症も肝不全も致死的な疾患であり、これに対する治療は正確でなければ患者さんの即死につながりかねないからです

インスリンの作用は血中から(肝臓や筋などの)細胞内へグルコースとカリウムを取り込むことです。高カリウム血症に対してインスリンだけ投与すると当然低血糖になるので糖(グルコース)を補うのです。
高カリウム血症がナゼ致死的かどんな心電図所見が見られるかも押さえておいてください。(グルカゴンによる血糖上昇は機序としてワンクッション置きますから時間的にも量的にもコントロールしにくい。他にもいろんな作用があるが高カリの補正には必要ない。そこで直接コントロールしやすいグルコースを用います 低血糖には糖を補う方が考え方としてもシンプルです シンプル=安全です)

肝不全の場合は肝細胞が減っているのでグルカゴンとインスリンを投与します。両方とも肝細胞増殖を促す作用があるのです。また、血糖値に関してはグルカゴンが上昇 インスリンが下降と丁度拮抗するので影響が少ないのです。

異なる治療に同じ略称を用いるのは医療安全管理上非常に好ましくありません。一般論でいうとグルコースの方がいろんな科で見られるのに対しグルカゴンは肝臓科でしか使わないと思います。

分からないうちは単に「GI」言われたらどちらか確認する必要がありますが、患者の病態を理解していたらどちらか言われなくても分かるはずです。間違えるとキケンなので恥ずかしくても聞きましょう。
投稿日時 - 2006-10-12 02:08:44
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
回答ありがとうございました。他の資料も見て再度勉強していきたいと思います。
投稿日時 - 2006-10-13 15:43:53
回答No.1
他のサイトで同じ質問・回答がされています。
どちらもGI療法です。
投稿日時 - 2006-10-11 01:11:08
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
補足
GI療法のなかでもグルコース・インスリン療法とグルカゴン・インスリン療法と呼ばれるものがありますが療法とも全く同じと考えてよいのですか??目的が若干違うと思いますが・・・。
投稿日時 - 2006-10-11 23:46:13
この質問は役に立ちましたか?
113人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

  • question

    看護実習12月から看護実習が3週間あります。 実習初日、朝のミーティングのとき看護師さん方に ご挨拶...

  • question

    GI療法GI療法について資料を探しているのですが、なかなか分かりやすいものがありません。分かりやすく教...

  • question

    実習看護学生です。 私は、実習で患者さんを受け持たせていただくとき、患者さんのできないところばか...

  • question

    看護実習中です。看護実習中です。 手術をするために気管切開した80歳代の女性患者さんとコミュニケーションをとり...

  • question

    看護実習.......辛い現在看護学校の1年で、今実習中です。 基礎2なので 実習の目的は受け持ち患者の 病理的状態の理...

  • question

    看護師の勤務状況と患者さんの不安について私はこの春入学した看護科に属する学生です。 今回講義の中でコミュニケーションに関するレポート作...

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

関連するガイド記事

    回答募集中

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    医療
    -PR-

    OKWaveのおすすめ情報

    特集

    このQ&Aの関連キーワード

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    医療
    -PR-

    ピックアップ

    おすすめリンク

    -PR-
    -PR-